« 2009年世界の旅【49】ロサンゼルス(4)サンタモニカの午後とマンハッタン・ビーチの夕陽 | トップページ | 新幹線札幌駅考【その2】 »

2016/07/11

新幹線札幌駅考【その1】

 北海道新幹線の開業から3か月以上が過ぎ、乗車率に関する話題は下火になってきたが、今度は2030年度とされる札幌延伸開業の話題が目に付きはじめた。
 この中で今、最も熱いのが、新幹線札幌駅の位置をめぐる話題である。


 現在の札幌駅の高架化が完成したのは1988年。高架ホームは既存の地平ホームを避けるようにして全体的に北側に設けられた。地平ホーム跡は空きスペースとして残され、駅舎と新ホーム下のコンコースは動く歩道で結ばれていた。私が北海道へ来た当時、不自然に空いたこのスペースは、将来新幹線駅を設置するための用地であると噂されていた。

 ところが、新幹線計画の具体性が全く見えないなか、その空き地にJRタワーが建設され、2003年開業した。旧駅舎も解体されて駅前広場が整備され、新幹線予定地は消滅した。
 2012年、ようやく認可された北海道新幹線の建設計画では、在来線1・2番ホームを転用し、不足する在来線ホームは北口側に増設することになった。

 本来ならこの時点ですでに在来線ホームの利用計画が具体的に検討されていてしかるべきなのだが、そうした動きは少なくとも表立ってみられなかった。現駅の北側にこれ以上ホームを増設する余地はなく、新幹線が現駅に乗り入れれば在来線ホームが大幅に不足するという見解をJR北海道が示したのは、ようやく2015年になってからのことである。


 Googleなどの地図を見るとわかるが、現在の札幌駅は、先述の高架化の際の事情から、東西を貫通する函館本線の線路に対し、南北均等ではなく北側に大きく膨らんで立地している。ここへさらに北側にホームを増設するのは、周辺に林立する商業施設などの状況から考えても相当の困難が伴う。

 こうした状況から、JR北海道は、現状で在来線の運行本数を確保するため、現駅の西側(西6丁目〜西8丁目付近か)、現駅の東側(西1丁目〜東1丁目付近か)に新幹線ホームを新設する案を示した。
 いずれも在来線や地下鉄などとの乗り換えには5〜10分程度を要する。東京駅での京葉線とその他路線、あるいは渋谷駅での埼京線・湘南新宿ラインと山手線などの乗り換えを彷彿とさせる。決して利便性が高いとは言い難い。


 これまでに散々検討するための時間がありながら、何を今さら、という意見もあるだろう。また、せっかく確保していた(と噂される)用地を目先の収益のために放棄した、という謗りもあるかもしれない。それはそれでそのとおりなのだが、同時に忘れてはならないこともある。

 北海道新幹線の整備計画が決定したのが1973年であるが、整備新幹線の歴史は計画凍結と解除の繰り返しであった。
 その理由はさまざまだが、1982年に当時の国鉄の経営悪化を理由に計画凍結が閣議決定されたのを別にすれば、国家予算の緊縮要請や景気回復のための公共投資増加など、多分に政策的な側面が強い。政党間の政権交代のみならず、与党(自民党)内の権力抗争や利権争いの具とされたこともある。

 整備新幹線内での着工優先順位も一段低い位置に置かれた北海道新幹線の、新青森-新函館北斗間の着工決定は2004年。新函館北斗-札幌間については2008年にいったん工事認可の方向性が決まったものの、政権交代に伴う「事業仕分け」の一環でいったん白紙に戻され、2012年にようやく認可されている。

 つまり札幌駅の高架化から駅周辺の整備に至る期間は、北海道新幹線札幌延伸の可能性を残しつつもその実現性についてはほとんどの人が懐疑的だった時期に相当する。
 先見の明がないと言うのは簡単だが、実現するかどうかも定かでないもののために駅中一等地を遊ばせておくだけの余裕や必要性が本当にあったのかは疑問である。北海道にはそうして政争の具にされて、未成のまま捨て置かれた鉄道遺構がそこかしこに残っている。政治の責任は重い。

続く。


ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 2009年世界の旅【49】ロサンゼルス(4)サンタモニカの午後とマンハッタン・ビーチの夕陽 | トップページ | 新幹線札幌駅考【その2】 »

JR北海道経営問題」カテゴリの記事

コメント

こんばんはいかさま。
北海道の鉄道事情、いろいろ大変ですね。
それはさておき、おいたらいかんばってん、(*^m^)
熊本の地震は終息方向で発表されましたが、雨が・・・・(。>0<。)
なかなか安定しまっせん。
そちらの地域は夏みたいな気圧配置ですけどね。
来週からは九州地方も夏が来るかもしれませんね。

元気にお暮しくださいね。(*^m^)

投稿: mitakeya | 2016/07/12 20:09

 mitakeyaさん、いつもありがとうございます。
 地震から3か月が経過しましたが、つい昨日も震度3でしたか、ひところと比べると落ち着いていることとは思いますが、まだまだ余震は続いていますね。
 梅雨明けしたとはいえ、豪雨のニュースも大変心配ですが、mitakeyaさんもさしあたり落ち着いた生活をされているようで安心しています。
 夏本番はこれからですが、体を壊したりなさらず、またお酒もほどほどに(笑)元気でお過ごしくださいね。

投稿: いかさま | 2016/07/18 22:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線札幌駅考【その1】:

« 2009年世界の旅【49】ロサンゼルス(4)サンタモニカの午後とマンハッタン・ビーチの夕陽 | トップページ | 新幹線札幌駅考【その2】 »