« 本棚:「日本のいちばん長い日」と「時刻表昭和史」~戦後71年の日 | トップページ | 豪雨の爪痕 »

2016/08/21

2009年世界の旅【53】シアトル(4) ようやくの航空博物館

これまでの経過は ⇒こちら。



Pa193364 Pa193373
 航空博物館(Museum of Flight)の敷地は、バス通りを挟んで両側に広がっている。市街地方向に向かって右側にガラス張りの近代的な建物が建っており、左側には4機ほど航空機が屋外展示されていて、道路をまたぐ跨線橋で結ばれている。
 博物館の入口は建物の裏側。横には数機の戦闘機が展示されている。その奥にはボーイング社の滑走路が広がっていて、小型飛行機による飛行体験も行っている。そのさらに向こうには、明日利用する予定のボーイング・フィールド(Boeing Field)空港もあるはずである。


Pa193368 Pa193370
 14ドル(現在は21ドル)の入場料を払って館内に入ると、野球のグラウンドほどのフロアの中に、ライト兄弟の飛ばした史上初の飛行機から戦闘機小型旅客機などが、20機ほどもところ狭しと展示されている。一部の飛行機は操縦席に腰を下ろすことができるようになっていて、記念撮影の来場客が絶えない。その中に大阪から来たという初老の夫婦を見つけて、代わりばんこにシャッター係とモデルを務める。


Pa193377 Pa193378
 2階フロアは、世界の戦闘機を集めた展示室になっており、諸国の代表的な戦闘機が10数種展示されている。その中に、中島飛行機製の一式戦闘機、通称「」の姿もあった。太平洋戦争期、海軍の「零戦」と並び、陸軍の主力機であった。ゆえに大勢の若い兵士たちの命を奪ったわけで、眺める身としては複雑な気分だが、一方では当時の日本の高い技術力の象徴でもある。だからこそここに展示されているのだろう。ちなみにこの機体はレストアされて、飛行可能だというから驚く。


 道路の反対側の屋外展示場で圧倒的な存在感を示しているのはボーイング747型機だが、興味深いのは、伝説の超音速旅客機コンコルド(Concorde)と、大統領専用機として実際に使用されていたボーイング707型機「エア・フォース・ワン(Air Force One)」である。この2機は機内の見学もできる。


Pa193380 Pa193381
 コンコルドの機内へと入る。スピード優先で極限まで絞り込まれた機体は外から見ても非常にシャープだが、中に入ると予想どおり窮屈な感じである。左右4列の革張り座席は高級感があるが、天井はどうかすると頭がつかえるほど低く、特に窓側の席はかなり居住性が悪かったと察する。


Pa193385 Pa193383
 一方、「UNITED STATES OF AMERICA」と機体に大書きされた大統領専用機は完全に別世界である。ゆったりとした座席が並び、機体の中央付近には電話や交信機を備えたビジネススペースやソファが並んでいる。日本の政府専用機がどのようになっているかは知らないが、政府要人というのは雲の上の人だと改めて感じる。



 まあ、要人であろうが凡人であろうが、飛行機で飛ぶのは雲の上なのだけど。



 延々と、続く。


【追記】
 エア・フォース・ワンやコンコルドが屋外展示されていたスペースは、現在、新たに上屋が整備され、これらのほかにボーイング787やB29など、新たな展示も増えている模様。宇宙関係の展示も充実し、ミュージアムはまだまだ発展途上のようである。

 
Museum of Flight 公式ホームページ(英語)


ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 鉄道コム

|

« 本棚:「日本のいちばん長い日」と「時刻表昭和史」~戦後71年の日 | トップページ | 豪雨の爪痕 »

世界の旅人」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

大統領専用機の機内、こうなってるんですね!
初めて見ました。
また、飛行可能な戦闘機があるというのにも驚き。
歴史深いものについては、いろいろな想いも出てきますが、
空を飛ぶことが大好きなわたしとしては、かなり好奇心を刺激される博物館で、
いつか行ける機会があればいいなぁ…と思いながら、
記事を楽しく読ませていただきました☆

投稿: アケ | 2016/08/22 01:11

こんばんは!
隼の塗装がデタラメでガッカリです。
博物館を名乗るのであれば、当時の塗装も忠実に再現して欲しいものです。
日本に返してくれると良いのになぁ・・・。

投稿: FUJIKAZE | 2016/08/23 22:19

 アケさん、お返事が遅くなりまして申し訳ありません。
 コメントありがとうございます。
 大柄な飛行機を大量に保存、展示するのはかなりのスペースが必要ですし、ましてレストアして飛べる状態にするなど大変なことだと思いますが、ボーイングのおひざ元という場所柄、実現できたことでもありそうですね。新たな展示も増えているようですし、いつか再訪する機会があればな、と思っています。

投稿: いかさま | 2016/08/28 23:05

 FUJIKAZEさん、お返事が遅くなりまして申し訳ありません。
 コメントありがとうございます。
 いろいろと調べてみましたが、一式戦闘機も製造年次や所属部隊によってかなり塗装やマークに違いがあるようですね。私はあまり深い知識は持ち合わせていないのでよくわかりませんが、せっかくならば正確に復元してほしいですね。
 日本の陸軍を代表する航空機が、日本に一機も残っていないというのも残念です。

投稿: いかさま | 2016/08/28 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年世界の旅【53】シアトル(4) ようやくの航空博物館:

« 本棚:「日本のいちばん長い日」と「時刻表昭和史」~戦後71年の日 | トップページ | 豪雨の爪痕 »