« 2009年世界の旅【53】シアトル(4) ようやくの航空博物館 | トップページ | 豪雨の爪痕【その2】 »

2016/08/28

豪雨の爪痕

 お盆以降、北海道では台風と前線の影響を受けた豪雨に見舞われた。
 

 1号台風の発生が遅かった今年だが、8月に入ってからの発生個数は例年を上回るペースで、全国的にも複数の台風がほぼ同時期に接近して大きな話題になった。
 北海道へは8月15日に台風6号が道東地方に接近した後、17日に7号、21日に11号、23日に9号と、立て続けに3つの台風が上陸した。基本的に台風とは縁遠い北海道にあって、1年間に3個の台風が上陸するのは観測史上初だという。

 この台風に前線の影響も加わり、北海道ではお盆以降、地域によって猛烈な雨に見舞われた。全国ニュースにもなったが、収穫を間近に控えた玉ねぎが川の氾濫により流された北見市では、15日から昨日までの2週間で313mmの降水量を観測している。これは8月1か月の平年値の3倍弱に相当する。

 私の住む旭川市を含む上川地方も同様に豪雨に見舞われた。同じ期間の雨量は350mmと北見市より多い。こちらも8月平年値の2.6倍に当たる。前半の豪雨による直接的な被害と合わせ、増水した川の水が、23日の台風による豪雨で氾濫するなどして、農地を中心に大きな被害を出した。

Img_2330 Img_2333
 写真は旭川市郊外である。豪雨によって氾濫した水が押し寄せた影響と思われるが、ビニールハウスが無残に押し潰され、栽培されていたトマトが完全に泥の下に埋まっている。収穫まで1か月足らず、穂先を垂れ始めた水稲も押し倒され、傾いたままの状態である。
 水稲や豆などの穀類は、最近では乾燥施設の整備や選別技術の進歩もあり、収穫さえできれば救われるものも多そうだが、野菜類は影響が出そうである。富良野の玉ねぎ、名寄のスイートコーンなども痛めつけられている。玉ねぎはすでに平年の2倍近い価格に高騰しているという。


 こうした天候の下、私は23日、どうしても外せない打ち合わせがあって札幌へ出張した。前夜の時点で、すでに翌日のJRは岩見沢-旭川間の運休が発表されており、札幌-旭川間の特急「スーパーカムイ」も午前中全便アウト。一方で高速バスは始発から順調に動いており、高速道路の通行止もなく、ほぼ定刻どおりの運行だった。
 聞くところによると、その3日前、20日もJRが運休する一方で、高速バスは通常運行。続行便も駆使しながらフル回転し、最大で1時間4~5台が運行されたようであるが、JR運休でバスに回った客も多く、2時間以上並んだ友人もいた。

 このことは大量輸送機関としての鉄道の実力を示しているが、一方で本来天候や環境に強いとされた鉄道が、神経質なまでに安全にこだわた結果、バス以上に不安定な乗り物になったことを露呈してもいる。
 もちろん、この背景には、運行会社が線路の維持・管理と、そこから派生するリスクへの責任を全面的に追わなければならない鉄道と、あくまで車両の運行にだけ責任を負えばいいバスの差もある。担うべき役割にも経営状況にも大きな違いはない状況で、「公共」交通機関とはそもそも何なのだろう、と考えさせられる。


 こんなことを考えている現在、迷走を続けていた台風10号が北寄りに進路を変え、明日から水曜日にかけて日本列島に襲いかかろうとしている。これ以上大きな被害を生まないように、と、祈らずにはいられない。



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 2009年世界の旅【53】シアトル(4) ようやくの航空博物館 | トップページ | 豪雨の爪痕【その2】 »

北海道の旅人」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
 
昔の話ですけど、北海道に来る頃には 台風も温帯低気圧となることがほとんどでした。
やはり、海水温が高くなっていることが、勢力の強い台風を生む要因なのだと思います。
 
北見の玉ねぎの話は 友人がみな、話していました。
神居の川が濁流になって激しく流れる様は
テレビの画面でも恐ろしさを感じる程でした。
 
明日10号が上陸すると言う関東ですが
嵐の前の静けさなのか、涼やかな風の吹く晴れの日となっています。
 
進路に当たる地域に被害がありませんようにと祈るばかりです。

投稿: 花mame | 2016/08/29 17:06

北海道産のお野菜たちが被害を受けると家計を直撃します
( ノД`)シクシク…
そして、それは作り手さん達にとっては大打撃ですよね
今回の台風もすごく勢力が強いので心配です
いかさまさんもどうぞお気をつけてね

投稿: と~まの夢 | 2016/08/30 21:49

いかさまさん
このコメントを書いている時には、既に北海道でかなりの被害が出ており、心を痛めています。いかさまさんは大丈夫でしたでしょうか?
また、農産物もかなりの被害が既に出ている上に、これからさらに被害が広がるのではと心配しています。
JR北海道だけではなく、JR貨物も北海道ではかなり少なくなり、こういう緊急事態の対応と保守管理、さらには費用分担の話など、難問が山積ですが、一つ一つ知恵を出し合うしかないんですね。

投稿: Khaaw | 2016/08/31 17:14

 花mameさん、いつもありがとうございます。
 台風といえば12年前の18号台風が私の中ではまだ記憶に新しいのですが、あの時は風台風でビニールハウスがいたるところでつぶれ、屋根トタンが舞いました。今回は雨ですね。これほどの豪雨災害は私が北海道に来てから記憶がありません。
 残念ながら先日の10号台風でもまた大きな被害が出てしまいましたが、これ以上の台風襲来がないことを祈りたいと思います。

投稿: いかさま | 2016/09/01 22:23

 と~まの夢さん、いつもありがとうございます。
 栽培中の農作物が今回のような被害に遭った時のための共済があるにはあるのですが、すべての農家さんが加入するわけではなく、本来期待される収入100%が補てんされるわけでもありません。それだけでも打撃ですが、皆さんにおいしい農産物をお届けすることを夢見て毎日仕事をしてきた農家さんの気持ちを思うと胸が痛みます。

投稿: いかさま | 2016/09/01 22:27

 Khaawさん、いつもありがとうございます。
 残念ながら今回の台風10号では、これまでを上回る大きな被害となってしまいました。北海道の中でも指折りの穀倉地帯である十勝地方は大きな被害を受けています。全容はまだつかめていませんが、農産物の需給への影響は避けられないと思います。
 JR北海道も線路が痛めつけられていたるところで運休となっていますが、JR貨物の運転にも大きな影響が出ます。特にこれから秋にかけての農産物輸送では大きな役割を果たしますので、本当に気がかりです。2社協力しての対処ももちろんですが、行政にも最大限の配慮を望みたいものです。

投稿: いかさま | 2016/09/01 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪雨の爪痕:

« 2009年世界の旅【53】シアトル(4) ようやくの航空博物館 | トップページ | 豪雨の爪痕【その2】 »