« 2009年世界の旅【54】シアトル(5) 海岸と市街地を歩く | トップページ | 2009年世界の旅【55】コミュータ航空でポート・アンジェルスヘ »

2016/09/19

秋の三連休~棒に振った乗り鉄と坊主の襲来

 台風10号のもたらす豪雨により、南富良野町や清水町、芽室町などが大規模な災害に襲われてから約3週間。それ以前の台風7、9、11号による被害と合わせ、一括して「激甚災害」に指定された。特に南富良野町は「局地激甚災害」に指定され、復旧費用の補助率の引き上げや企業に対する融資保証など措置が取られることになった。


 南富良野町の基幹産業は農業である。町の中心部では圃場自体が冠水被害を受けて収穫できなくなってしまった畑もあるが、無事だった畑では人参や馬鈴薯などの収穫が始まっている。収穫された作物は、農産物の選別施設や加工施設へ持ち込まれて、生鮮野菜として全国へ出荷されたり、ポテトチップスに加工されたりする。今回の災害では、こうした共同利用施設も浸水被害を受け、泥をかぶった機械が故障したり電気設備が寸断されたりした。

 私の会社もこうした施設の復旧作業のお手伝いをしており、部下たちが入れ代わり立ち代わり現地での対応に入っている。私もときどき現地の様子を見に行くが、いまだ土埃が立ち込める中、復旧工事にあたる人々のご苦労には本当に頭が下がる思いである。


 実は私は、この時期若干仕事に余裕ができることを想定し、遅めの夏休みを取って2年ぶりの本格的な「乗り鉄」に出掛けようと画策していた。これはかなり早い段階から綿密な計画を立てており、普段なかなか行くことができないところへの見学会参加を軸に、5日間みっちり乗り歩きを楽しむ予定であった。

 けれども、突発的な災害への対応で部下たちが一生懸命頑張っている中、のんきに旅行に出かけることにはためらいもあった。「気にしないで出掛けてきてください」とか「キャンセルするにしてもギリギリまで待ちましょうよ」とか声をかけてくれる部下も中にはいたが、旅先でも仕事のことが気になるようでは真に楽しめるはずがない。そうなればせっかくの心の洗濯も単なるムダ遣いに終わる可能性がある。


 仕事をめぐる諸々の問題もあって、結局私は出発の1週間ほど前にすべてのチケットを払い戻した。これはこれで悶々とする事態を招き、しかもこういう時に限って私が乗ろうとしていた鉄道の特集がテレビで放送されたりするものだから余計に腹が立ったりしたのだが、誰が悪いわけでもないから仕方がない。


 そのかわり、といってはなんだが、中学1年生になる上の坊主が、半日の仕事を終えた土曜の昼過ぎ、初めてひとりで旭川に来た。勉強で分からないところを教えてもらえ、ということで無理やり送り込まれたというのが実態だったようだが、それはどちらでもいい。
 勉強ももちろんしたが、私の手製のカレーライスや旭川名物のラーメンを食い、レンタカーで市内から旭川空港へとドライブし、私の行きつけの理髪店で髪を切ってもらい、一緒に大型銭湯の露天風呂に浸かった。家に帰った坊主はとても楽しかったと嫁に報告したようである。


 この3日間は、私にとってもすこぶる楽しい時間だった。このところ仕事の関係で正直、心身ともに参っていた。こういうとき家の中に誰かがいるというのは、とても心強い。しかもそれが、多感な時期に差し掛かりつつある長男坊である。彼がわざわざ父親に会いに来てくれた、そのことがとても有り難かった。
 この先何回ふたりでそういう時間を過ごせるだろうか。そんなことを考えつつ、私はことあるごとに坊主の横顔を眺めながら、鼻の奥をツンとさせていた。今日の昼過ぎ、坊主の乗った高速バスが出発するのを見送った後、私は取り乱しそうになるのを必死で抑えた。


 次は下の坊主の番である。兄ちゃんの話を聞いて旭川へ行く気満々になっていることは容易に想像できるが、チキンハートの彼がひとりで高速バスに乗れるかどうか。さしあたってのハードルは高そうである。



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 鉄道コム

|

« 2009年世界の旅【54】シアトル(5) 海岸と市街地を歩く | トップページ | 2009年世界の旅【55】コミュータ航空でポート・アンジェルスヘ »

日常の旅人」カテゴリの記事

コメント

9月に入って台風や、秋雨前線の影響で雨続きです。
私の行っている会社の北海道工場(清水町)も水害で
稼働が一日おきなそうです。
私の楽しみ山歩きも、週末はことごとく雨で、
9月は一度も行ってません

息子さんとの休暇は、慰めになりましたね

投稿: 姉さん | 2016/09/20 05:53

良いお父さんなんですね!!!。
羨ましいです。
多感な年頃の息子さんが、
帰宅して「楽しかった!!!。」なんて。
いかさま家には親子の葛藤なんて無縁ですね。

投稿: マーチャン | 2016/09/20 12:29

いい息子さんですね。
お互いいい思い出になったと思います。

投稿: OKCHAN | 2016/09/20 14:18

こんばんはいかさま。
(* ̄ー ̄*)なかなか人生のドキュメントを見る場面ですね。
この一大事に仕事と自分の趣味とを計るとき息子が尋ねてきた!
さらに一皮むけそうな息子の姿に感動するいかさま。
(* ̄ー ̄*)よかばーい!
(*゚▽゚)ノいろいろ頑張り時ですね。

投稿: mitakeya | 2016/09/20 20:00

いやー、計画立てていた鉄旅が無くなる・・・経験ありますが、悔しいですよね!
大人のいかさまさんが、親のいかさまさん喜びを実感されて、これから ますます多面的な人生(大げさですが^.^;;)を送る基盤になった週末でしたね。うんうん^.^/

投稿: キハ58 | 2016/09/20 23:34

北海道の災害復興が早く進むことを祈っています。
部下の奮闘振りを見て、休暇を取り消すかどうかのぎりぎりの判断は辛かったと想像しますが、その分、息子さんとの水入らずの時は何ものにも変えがたい素敵な時間になりましたね。
私も、銭湯の湯船につかりながらの何気ない会話に子供の成長を感じることができるので、時々日帰り温泉に行きます。
すぐに次男坊さんも、壁を乗り越えてこられると思いますよ。

投稿: Khaaw | 2016/09/22 09:25

 姉さんさん、いつもありがとうございます。
 全国的にも豪雨被害が続いていて心配です。今週も台風の影響で本州・四国・九州は大変だったようですが、大丈夫でしたでしょうか。これ以上の被害は避けてほしいと切に思います。
 単身赴任をはじめてから2年半、これほど家族の存在がありがたいと思ったことはありませんでした。

投稿: いかさま | 2016/09/22 22:51

 マーチャンさん、いつもありがとうございます。
 お父さんが良いかどうかはともかく、子供は今のところ割合にまっすぐ育ってくれているようでほっとしています。これが何年か経つとどう変わるかはわかりませんが、意外と適度な距離感というのもいいのかもしれません。

投稿: いかさま | 2016/09/22 22:53

 OKCHANさん、いつもありがとうございます。
 この坊主とは意外と何度も二人の時間を過ごしていますが、この先そうそうこういう機会もなくなりそうですから、貴重な時間だったと思います。

投稿: いかさま | 2016/09/22 22:55

 mitakeyaさん、いつもありがとうございます。
 仕事が煮詰まった時にわかったことは、意外と自分は弱いんだということと、周囲に職場関係以外の人間関係があることの大切さですね。血のつながった息子だったからでしょうか、余計にそのことをひしひしと感じさせられました。
 熊本もまだまだ復旧途上だと思いますが、腰を据えて踏ん張らねばならないときですね。

投稿: いかさま | 2016/09/22 22:59

 キハ58さん、いつもありがとうございます。
 今回の旅はかなり早くから綿密な計画を立てて、万全の態勢で臨む予定だっただけにショックはひとしおでした。このしんどい状況で助けてくれた坊主には、どこかで借りを返さねばなりませんね(笑)

投稿: いかさま | 2016/09/22 23:00

 Khaawさん、いつもありがとうございます。
 休暇取り消しの判断のきっかけになった出来事はあまり書けませんが、その時にはむしろすっきりと払い戻しの決心がつきました。その後やっぱり悶々としましたが(笑)
 そうした中での坊主の来訪は本当にうれしかったですね。私も、いくつになっても温泉の湯船でいろいろ話せる、そんな親子でいたいと思っています。
 今回の話を聞いたら次男坊もたぶん、壁を越えてきてくれるような気がしなくもありません。甘いでしょうかね(笑)

投稿: いかさま | 2016/09/22 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の三連休~棒に振った乗り鉄と坊主の襲来:

« 2009年世界の旅【54】シアトル(5) 海岸と市街地を歩く | トップページ | 2009年世界の旅【55】コミュータ航空でポート・アンジェルスヘ »