« 2016年秋・東北乗り歩き【4】津軽半島の先端へ | トップページ | 2016年秋・東北乗り歩き【6】黒石・元遊郭の一夜 »

2016/11/27

2016年秋・東北乗り歩き【5】青い森鉄道とJR大湊線

これまでの経過はこちら⇒【1】 【2】 【3】 4】 


Aomori Dscn5708  
 ようやく1時間半ほどの待ち時間が経過し、11時26分ごろ、龍飛漁港の少し手前、龍の飾りがかわいらしい龍飛岬郵便局の前から三厩行き外ヶ浜町循環バスに乗った。朝のバスと車両も運転手も同じのバスは、終始私だけを乗せて走る。途中何箇所かで、運転手は「すみません」と断ってバスを止め、通り沿いの民家に広報誌を届ける。「小さな町ですから何でもやらないと、ですね」と、
柔和な表情を浮かべて運転手が言う。


 旧三厩村の中心部に近い三厩郵便局前でバスを降り、昼食場所を求めて国道を歩くが、途中見かけた唯一の寿司屋は「準備中」の札が下がっている。仕方なく国道沿いのコンビニエンスストアでおにぎりと飲み物を買って、15分ほど歩いて戻った三厩駅の待合室で食べる。


Dscn5723 Dscn5725  
 三厩12時50分発の336Dは、朝乗った327Dと同じ車両。蟹田まで1往復して戻ってきて、ここから青森までの直通列車となる。空いているのをいいことに、1ボックスを占拠し、足を伸ばして青森まで1時間半あまり、ひたすら眠る。
 青森到着直前に目が覚めると、首都圏で使用されていた211系電車が次の出番に備えて疎開留置されている姿や、北海道新幹線の開業で次の出番さえなくなった485系電車が眠っている姿が見えた。


Dscn5727  青森からは45分の待ち合わせで、青い森鉄道八戸行き576Mに乗る。これまで「北斗星」で何度も通っているが、昼間に乗車した記憶はなく、新鮮である。
 青い森鉄道703系と呼ばれる電車は、水色のフェイスがさわやかな2両編成。一部にボックスシートを配した車内は、立ち客も出る混雑。野内あたりまでは市街地が続き、まとまった乗客の出入りがある。浅虫温泉で3割ほどの客が下車し、車内がいくらか落ち着く。


Dscn5729 Dscn5730  
 15時53分着、ホームの向こうに鉄道林が広がる野辺地で下車。乗り継ぎ時間に駅前へ出てみる。1991年に私はここで下車し、当時運行されていた野辺地港から函館港へのフェリーに乗った記録が残っているが、夜だったせいもあり、まったく記憶がない。ただ、駅前すぐにある松浦食堂だけは、私の好きなテレビ番組「ローカル路線バスの旅」で二度にわたって登場したため、見覚えがある。残念ながらこの日はお休みのようであった。


Dscn5732 Dscn5737  
 16時01分発の大湊線快速「しもきた」に乗車。キハ110形2両編成のワンマン列車は、立ち客こそないもののよく混んでいる。網棚には大きな荷物がたくさん載っており、観光客が多いことを窺わせる。有戸から吹越の間で列車の最後部に立つと、海岸からほんの少し離れて、殺伐とした低木の間に線路が一直線に伸びる風景が美しい。写真右手側の海に向かって、少しずつ太陽が落ちていくのが望める。



Dscn5738_2  終点の一つ手前、下北でほとんどの客が下車。最終区間は閑散となり、景色もかろうじて見える程度に薄暗くなっている。
 16時54分、大湊着。駅舎はきれいにリニューアルされており、すぐ隣にはJR東日本系列のホテル「フォルクローロ大湊」も立つが、降車客はわずかである。
 駅前の通りも静かで、わずかに開いていたパン屋へ入る。「スタミナパン」というパンがあり、中身は何かと尋ねてみると、「バタークリームです」との返事。どのあたりがスタミナなのかという疑問は、残念ながら聞きそびれた。




 当分の間、続く。



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム 

|

« 2016年秋・東北乗り歩き【4】津軽半島の先端へ | トップページ | 2016年秋・東北乗り歩き【6】黒石・元遊郭の一夜 »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

子供のころ、よく青森へ出かけていたので、
とても懐かしい気持ちになりました。
当時は、寝台列車に乗って行き、
翌朝、野辺地で電車を乗り換えて向かったと記憶してます。
下北にも一度だけ行ったことがありますが、
たぶんわたしが乗ったのも大湊線というのだったのかな。
降車の際、自分でドアを開けなければならないと知り、
驚き焦りまくってしまった思い出なども(笑)

電車の旅は楽しいですね♬
いつも楽しませていただいてます

投稿: アケ | 2016/11/28 22:35

大湊線、5年前に乗車したきりご無沙汰しています。
終着の大湊駅隣接でとっても便利だったフォルクローロはひときわ大きく見えますね。

投稿: キハ58 | 2016/11/29 21:19

 アケさん、いつもありがとうございます。
 お返事が遅れて申し訳ありません。

 野辺地から乗り換えて、と言うと、東北本線を普通列車で先へ進んだか、大湊線に乗ったかですね。下北ならば間違いなく大湊線です。
 今もそうですが、寒冷地の列車は車内に冷気が侵入するのを防ぐため、乗客のボタン操作でドアが開閉するようになっています。さらにさかのぼると昔は手動でした。寝台列車の旅も含め、そんな時代のことを時折ふと懐かしく思うことがあります。

投稿: いかさま | 2016/12/04 23:58

 キハ58さん、いつもありがとうございます。
 お返事が遅れて申し訳ありません。

 大湊駅とその周辺の雰囲気から考えると、フォルクローロ大湊はひときわ大きいというか、明らかに異質の大きさでした(笑)
 レンタカー営業所や下北半島へのバスの拠点もお隣の下北ですし、なんだか寂しい感じでした。

投稿: いかさま | 2016/12/05 00:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年秋・東北乗り歩き【5】青い森鉄道とJR大湊線:

« 2016年秋・東北乗り歩き【4】津軽半島の先端へ | トップページ | 2016年秋・東北乗り歩き【6】黒石・元遊郭の一夜 »