« 2017年3月ダイヤ改正と北海道の鉄道 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

2016/12/25

61cmとのリターン・マッチ

 私が単身赴任先の旭川から札幌の自宅へ帰るのは、おおむね2週間に1回くらいの頻度である。先々週の帰宅の際、札幌は12月としては破格の大雪に見舞われ、私は泣きながら週末の2日間を除雪のために費やした。

 ⇒「64cmとの格闘」


 それから2週間、札幌を再び大雪が見舞った
 22日の木曜日、私は友人と酒を飲む予定があり、夕方の列車で札幌に向かったのだが、札幌駅からすすきのまで歩く道中はすでにしんしんと雪。居酒屋から2軒目へと移動する頃には、ザクザクの雪で足を取られる。この辺りで危機を察すればよかったのだが、気持ちよく酔っている私にそれほどの判断力はない。


 忘年会集中日で拾えないタクシーを千鳥足で探し続け、ようやく家へ帰ると、玄関前の階段は段だか坂だかわからない状態になっており、ふくらはぎのあたりまでずっぽりと足が埋まる。しかし午前1時を過ぎて、もはや私にそれをどうこうする気分も気力も全く残っていない。


 翌朝目を覚ましておそるおそるカーテンを開けると、2週間前に見たのと同じような光景が広がっている。カーポートの下の車はバンパーまで雪に埋もれ、強い風で飛んだのであろう雪がボンネットの上にもこんもりと鎮座している。


 今回は上の坊主のスキー教室が控えており、車と物置の前だけを取り急ぎ除雪して出口を確保し、真横に雪が降る吹雪模様の中を藻岩山スキー場へ。バス通りを中心に通り一遍の除雪はされているようだが、除雪は文字どおり雪を「よける」だけであり、路肩には除けた雪がうずたかく積み上がっている。道路幅は狭まり、小路からひょいと車の鼻先が飛び出してくる。スキー場へ通じる片道1車線の道路は、車のすれ違いも困難な状況で、ところどころの空間を利用しながらすれ違うから余計に時間がかかる。


 家に帰って除雪、昼になって食事、また除雪、14時半頃、テストを受けに行く下の坊主を乗せて近くの学校へ。家に戻る間もなく上の坊主から電話が入り、スキー場へ迎えに行く。そして1時間半ほどののちに家へ帰ると、除雪したはずの車の出入口には、また新しく雪。この時間帯が降り方としては一番ひどかったように感じた。吹雪の中、除雪作業は続く


 夕食の後、上の坊主を連れてスーパーへ買い物に出掛ける。その帰り、駐車場の出口で「あずって」いた車を助けるべく、押したり引いたり、私の車で引っ張ったりするが、腹をでこぼこの雪路面にひっかけた車はびくともしない。最後は除雪に向かうブルドーザーに停まってもらい、助けを乞う。


 翌日の朝、起きると、昨夜からまた10cmほど増えている。玄関ポーチの上から落ちかかっている深さ60cm近い雪を落とし、また除雪。ようやく天気が良くなり、今度は除雪した雪を庭へ捨てる作業に移るが、何しろ積み上げた雪の量が半端でなく、すべて終わったのは日曜日の昼前であった。
 私はこの週末、札幌の自宅の書斎の大掃除と、自宅と嫁の実家、2軒分の年賀状作成のために帰って来たようなものだが、結局、除雪だけで日中は明け暮れ、年賀状作成は深夜に明石家サンタを見ながらの作業となり、書斎は小汚いまま掃除は大晦日に持ち越された。


 12月22日の降り始めから24日までの札幌市中心部の降雪量は61cm。2週間前ほどではないが、こちらも12月としては破格の降雪量であり、23日深夜の最大積雪深96cmは、12月としては1966年以来50年ぶりの記録である。


 新千歳空港発着の航空便は22日から欠航が目立ち始め、24日までの3日間で600便以上が欠航し、空港で3泊を余儀なくされた人もいると新聞が報じた。JRも24日午前中札幌発着の列車が全面運休となるなど大幅に乱れ、22日に復旧したばかりの石勝線特急も運休が相次いだ。
 前回は吹雪で札幌入りできなかったモーニング娘。のコンサートが中止になったが、今回はEXILEのメンバーが吹雪の中で交通事故に遭って負傷、三代目J Soul Brothersのコンサートが中止になるアクシデントもあった。


 この異常気象の中、先々週に引き続いて予定外の全身運動をおこなった私の体には、すでに金曜日の分の筋肉痛が発症中であるが、それよりも全身に軽い寒気があるのが気にかかる。熱を測ると36.9度とやや高め。今のところそれ以上の症状はないが、明日からの年内最後の仕事に向けて支障が出ないかどうか、気にかかる。

ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム 

|

« 2017年3月ダイヤ改正と北海道の鉄道 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

日常の旅人」カテゴリの記事

コメント

文を読んだだけでも・・・疲れた~!!!。
そんな気分になるほどの、働きでしたね~。
雪国では雪下ろし・・・年を取ると、出来ませんね~。
年賀状は「簡単 年賀状作り」という本を買うと
女性でも簡単に出来ますよ。

風邪にならないと良いですね。
お大事に!!!。

投稿: マーチャン | 2016/12/26 10:10

お疲れ様でした。

投稿: | 2016/12/26 14:57

すみません。
無名のまま流してしまいました。

投稿: OKCHAN | 2016/12/26 14:58

今年は特に北海道に異常気象が相次いで襲いかかり
大変な一年でしたねお疲れ様です。

来る年は穏やかな一年でありますように

投稿: 姉さん | 2016/12/26 20:31

今年の北海道はすごいことになっていますね。
ホントにお疲れさまです。
事故も起こっていますよね。どうぞお気をつけて!
年明けはもう少し穏やかなお天気でありますように。

投稿: 瑠璃 | 2016/12/26 21:17

今回の大雪は雪に対しそれなりの準備をしている北海道でもなかなかに想定外であったようですね。
私も札幌や金沢に住んでいた頃の雪かきの大変さを思い出しながら読ませて頂きました。
筋肉痛に風邪は大丈夫でしょうか?今年も残り少なくなりましたが、ご自愛ください。

投稿: Khaaw | 2016/12/29 15:20

 マーチャンさん、お返事が遅れまして申し訳ありません。
 同じ雪の量でも、コンスタントに長い時間をかけてじっくり積もってくれると多少楽なのですが、一気に降ると本当に疲れます。お天気相手だから仕方がありませんね。
 年賀状については、昨今本当にいろんな本が出ていて便利そうですが、そもそも嫁には自分で年賀状を作るという概念がありませんのでどうしようもありません。こちらもお天気同様です(笑)

投稿: いかさま | 2016/12/31 17:01

 OKCHANさん、お返事が遅れまして申し訳ありません。
 今日から1月4日までまた札幌の自宅で年末年始を過ごすわけですが、日程真ん中あたりでまた天気予報は雪マークになっています。気持ちが萎えますね(笑)

投稿: いかさま | 2016/12/31 17:03

 姉さんさん、お返事が遅れまして申し訳ありません。
 8月から9月にかけての台風、いつもより早い初雪、そして2度の大雪と、本当におかしな気候です。プライベートだけでなく仕事の方でもかなり振り回された気分ですが、来年まで引きずらないことをひたすら祈り続けています(笑)

投稿: いかさま | 2016/12/31 17:05

 瑠璃さん、お返事が遅れまして申し訳ありません。
 大雪とちょっとした暖気の繰り返しで、路肩には除雪の雪が積み上がって視界が悪くなり、路面はツルツルの状態が続いています。小さいものも含めると、毎日必ずどこかで事故の場面に遭遇します。もらい事故ということもありますから、歩いていても安心できません。用心しようと思います。

投稿: いかさま | 2016/12/31 17:07

 Khaawさん、お返事が遅れまして申し訳ありません。
 雪への備えが比較的十分な北海道ですが、現実には自治体の予算減少により、特に生活道路の除排雪は年々状況が悪くなっています。それで住宅街で「あずる」車が続出したりするわけですが、それでも東京などに比べれば何ということもないですよね。
 体調の方はおかげさまで杞憂に終わり、健康で年末を迎えられました。ありがとうございました。

投稿: いかさま | 2016/12/31 17:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 61cmとのリターン・マッチ:

« 2017年3月ダイヤ改正と北海道の鉄道 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »