« 2016年秋・東北乗り歩き【9】秋田美人となまはげと追分駅前の喫茶店 | トップページ | 2016年秋・東北乗り歩き【10】秋田内陸縦貫鉄道の紅葉 »

2017/01/22

最強寒波の本州出張

 先週、出張で広島県・岡山県へ出掛けた。


 おりしも全国を過去最強クラスとされる寒波が襲い、太平洋側の平地でも積雪を観測した日。14日朝の新千歳空港からの中部国際空港行JAL便は、行き先変更または引き返しの条件付き運航ながらなんとか無事に着陸したが、空港から名古屋へ向かう名鉄電車の窓の外は雪。線路端がうっすらと白くなった金山駅でJR中央線の電車を待つ間、押し付けるような寒さが体を襲う。北海道の寒さとは全く違った感覚である。


Img_2634  岐阜の実家に一泊して翌15日、予定より2時間早く自宅を出発、名古屋から下り「のぞみ」に乗車すると、関ケ原に至るまでもなく窓の外は雪。およそ1時間の遅れで福山に到着し、「こだま」に乗り継いで三原着。雪は降っていなかったが、路肩にはシャーベット状の雪が残り、朝からそれなりの量が降ったことを物語っている。


 三原からはレンタカーを借り、広島空港で上司とお客様をお迎えして岡山県の笠岡へ向かう予定になっている。けれども、よもやこのような事態になるとは全く想定していなかった私が予約した車はノーマルタイヤ。スタッドレス装着車に交換してもらおうと営業所で相談するが、コンパクトカーと軽自動車が各1台だけあるという。お客様を含む4人乗車なので、できれば小さい車は避けたい。
 営業所の係員が収集してくれた情報によると、空港周辺はこの時点では降雪しておらず、高速道路も路面凍結はないようで、道路の選択さえ間違えなければノーマルタイヤでも大丈夫でしょう、とのこと。


 万一の場合は車を交換してもらう約束を取り付け、とりあえず用意されたアテンザセダンに乗って広島空港へ向かった。空港は国道から内陸へ入った標高の高い場所にあり、道中、路肩には白い雪が数センチ積もっていたが、道路は濡れている程度。
 40分ほどで無事広島空港に到着し、空港ターミナルで時間をつぶすうちに雪が降り始めた。それもけっこうな勢いである。外の様子を気にしながら、落ち着かない時間を過ごす。


 強い雪は10分ほどでおさまり、一行を乗せた飛行機も無事到着。来た道を引き返して、岡山県方面へと向かう。規制区間がないことを確認して本郷ICから山陽自動車道に乗ると、三原久井ICから尾道ICにかけての山間部で吹雪に見舞われる。それも瞬間的に視界が100m以下になる状況。道路こそ白くはならないものの、メンバー全員で「これは北海道にいるのと変わりませんね」と嘆息をついた。


Img_2665  温暖な瀬戸内海地方へなにもよりによってこんな寒波のさなかに出掛ける必要もないのだが、早くから決まっていた日程なのでいかんともしがたい。おまけに慣れないタイプの寒さに体が異常をきたし、この週末は風邪で寝込む破目になった。
 「ツイてなかったですね」といろんな人から慰められたが、岡山から新幹線で東京へ向かう帰路、めったにお目にかかれないという「ドクターイエロー」を目の前で拝むことができた。これを「ツイている」と言わなければ激しい罰が当たる。



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム 

|

« 2016年秋・東北乗り歩き【9】秋田美人となまはげと追分駅前の喫茶店 | トップページ | 2016年秋・東北乗り歩き【10】秋田内陸縦貫鉄道の紅葉 »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

日本の旅人」カテゴリの記事

コメント

こんばんはいかさま。
風邪大丈夫ですか。今年はめちゃくちゃ寒くて、北海道は極寒低気圧で大変でしょうね。(=゚ω゚)ノしんぱ~い。 
その中での出張お疲れ様だした。
自分1月から地域のコミュニティーセンターに勤め始めまして、ちょっと忙しくなりましたが、久々ですので少々疲れ絵気味~(*^m^)
寒い日が続きますので体調気を付けてお過ごしくださいね。

投稿: mitakeya | 2017/01/23 18:15

ドクターイエローは、
ニンゲンの風邪はどうにもできないようですね(笑)
でも、遭遇したなんてうらやましい~
体調はもう回復しましたでしょうか。
寒さ厳しき折、ご自愛くださいませ。

投稿: 瑠璃 | 2017/01/23 21:39

こんにちは。
いろいろと大変でしたね。
北海道から暖かい地方に出張、少し寒さから解放されるかもと期待するのにそこでも寒波に見舞われるなんてうまくいきませんね。
雪はなにかと神経を使いますよね。
お身体、その後いかがですか?
お大事にしてください。

そうそう、慣れないタイプの寒さってどんな違いですか。
私などは年々寒さがダメになり、北国ではもう絶対生きていけないと思うのですが、北海道在住のいかさまさんが感じた寒さってどんななのか気になります。

投稿: ミミ | 2017/01/26 17:08

 mitakeyaさん、いつもありがとうございます。
 お返事が遅くなって申し訳ありません。
 体調の方は咳が残る程度でなんとか回復しています。今日は比較的お天気が良かったので、1m近く積もったカーポートと物置の雪下ろしをしました。
 mitakeyaさんも体調に気を付けてお仕事頑張ってくださいね。

投稿: いかさま | 2017/01/29 23:38

 瑠璃さん、いつもありがとうございます。
 お返事が遅れまして申し訳ありません。
 ドクターイエローは私の軽度のストレスは十分に癒してくれましたが風邪の菌だけはどうにもしてくれませんでした(笑)。
 寒さが厳しくなったり急に暖かくなったりと変化が大きいですが、瑠璃さんも体調に気を付けてお過ごしください。

投稿: いかさま | 2017/01/29 23:41

 ミミさん、いつもありがとうございます。
 お返事が遅れまして申し訳ありません。
 北海道の寒さと本州、実家のあたりで感じる寒さは明らかに性質が違うのですが、言葉で表すとなかなかいい表現がありません。しいて言うならば、北海道の寒さは締め付けるような、本州の寒さは吹き抜ける、あるいは押し付けるような寒さかな、と思いますが、どうでしょうか。
 よくわかりませんね(笑)

投稿: いかさま | 2017/01/29 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最強寒波の本州出張:

« 2016年秋・東北乗り歩き【9】秋田美人となまはげと追分駅前の喫茶店 | トップページ | 2016年秋・東北乗り歩き【10】秋田内陸縦貫鉄道の紅葉 »