« 近日譚。 | トップページ | ちょうど5年となりました。 »

2017/02/16

2016年秋・東北乗り歩き【12】由利高原鉄道と最後の一夜

これまでの経過はこちら⇒【1】 【2】 【3】 4】 5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】 【11】



Img_2493 Dscn5943  
 余目14時31分発の特急「いなほ5号」でみたび秋田県へ入り、ちょうど1時間、15時31分着の羽後本荘で下車。由利高原鉄道鳥海山ろく線の列車に乗り換える。元は国鉄矢島線。特定地方交通線の第1次対象線として1985年に転換された。基準期間である1977年~79年の平均輸送密度は1,876人/km/日、2013年度は451人で、4分の1に減少している。秋田内陸縦貫鉄道同様、こちらも秋田県知事が県議会で今後の在り方について言及しており、予断を許さない。


Dscn5946 Dscn5960  
 15時50分発の矢島行き列車は、YR-3002形1両。赤のアクセントが印象的な外観に、社内のボックスシートにはテーブルも備え付けられたお洒落な車両。13人の客を乗せて発車。次の薬師堂までは羽越本線と並走し、そこからは農村地帯を走る。収穫の終わった水田が広がっているが、走るにしたがって少しずつ奥行きがなくなっていく。


Dscn5959 Dscn5962  
 乗客の入れ替わりは少なく、対向列車と行き違った前郷で2人が下車しただけで16時29分、終点の矢島に到着。路線規模に似合わぬ立派な駅舎の中には、地元の観光案内スペースになっている。資料や写真に混じって、秋田おばこのマネキンが出迎えてくれる。手元の提灯がハロウィンなのがなんともミスマッチではある。


Dscn5963 Dscn5971  
 これで私が今日乗るべき路線はすべて乗り終わったのだが、明日の行程のために今日のうちに山形まで移動しなければならない。その最短距離は新庄経由。矢島から羽後本荘、酒田、余目と乗り継ぎ、3時間以上かけてやってきた道のりをそっくりそのまま3時間以上かけて新庄まで引き返す。酒田から余目までは、大学生時代に乗って以来の新潟色キハ47形ディーゼルカーと対面。国鉄時代そのままの内装が残る空いた車内でつかの間の感慨にひたった。


Rikuu Img_2496  
 新庄からは土曜の夜の怠惰な空気が漂う普通電車に揺られて1時間10分、21時58分に山形に到着した。西口のビジネスホテルにチェックインして荷物を置く。北海道日本ハムファイターズの日本一の瞬間を見届けた後、旅の最後の夜にはいつもそうしているように、今回も街へ出た。


 駅の中を抜けて東口側にある繁華街、香澄町へ。しばらく徘徊し、スマホで調べてここなら安心できそうだという一軒のスナックのドアを開けた。あと1時間ほどで閉店だとのことだったが、明日の朝も早いのでちょうどよい。大口の客が帰った後らしく空いたその店で、私と同年配の素敵なママさんとの会話を楽しみながら、薄いウィスキーの水割りの杯を重ねた。



 もう少し、続く。



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム 

|

« 近日譚。 | トップページ | ちょうど5年となりました。 »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

旅の終わりはいつも満足感?達成感?・・・・

ちなみにうちの息子家族は香澄町のマンション住まいです。

投稿: 姉さん | 2017/02/17 06:37

 姉さんさん、いつもありがとうございます。
 そうですか、息子さんご一家が山形にいらっしゃるのですね。ご挨拶をするのを失念しておりました(笑)。
 旅の終わりにはどちらかというと達成感の方が強いですね。行程通りにうまく動けたときには満足感もあります。ただ、明日から現実かあ、という、ある種の不快感の方が強いかもしれません(笑)。

投稿: いかさま | 2017/02/19 22:27

こんにちは♪
 
遅ればせながら 東北乗り歩きの旅を 通しで読ませて頂きました。
あいだあいだに、既読の記事もありましたが
続けて読ませて頂きますと、つながりも見えて より楽しめました。
 
東北の旅は、帰省旅でしか出来ないでいますので
こんなふうに色んな線に乗って あちこちに行けるのは
羨ましい限りです。
いつか、いかさまさんの乗られた線を
なぞって旅してみたい気持ちが盛り上がって来ましたよ
 
ここしばらく鉄路に乗っていないせいか
ちと旅心が うずうずしておりましたから (o^-^o)
 
今日から新しいダイヤでの運行が始まりましたね。
民間の会社ですから 営利を求めるのは仕方のないことかもしれませんが
こと、人の足なのですから 乗る者にとって出来るだけ便利であって欲しいものだと思います。
あるだけいいだろ、と言う経営に進んでいきませんように、と願います。

投稿: 花mame | 2017/03/04 15:26

 花mameさん、いつもありがとうございます。
 東北の旅、楽しんでいただけたようで幸甚です。私の場合、こうして身構えて出掛けることしかありませんので気軽に楽しむというわけにはいきませんが、機会を見つけてまた来てみたい、と思う風景の連続でした。

 JR北海道の新ダイヤもスタートしましたね。スピードダウンに系統分断と、遠方の方には厳しいダイヤ改正が続いていますが、限られた資源の中で最大限旅客の利益や快適さを追求する姿勢だけは忘れないでほしい、と、私も切に願っています。近々この件も再度検証してみたいと思います。

投稿: いかさま | 2017/03/06 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年秋・東北乗り歩き【12】由利高原鉄道と最後の一夜:

« 近日譚。 | トップページ | ちょうど5年となりました。 »