« 国鉄改革を復習してみた【2】なぜ「分割」だったのか | トップページ | 国鉄改革を復習してみた【3】その分割は正しかったのか »

2017/05/07

二十間道路の桜並木と日高本線の今

 今年のゴールデンウィークは、最後の2日間、雨と風で若干崩れたものの、総じて良い天気の日が続き、気温も高くなった。札幌や函館を中心に道内南部の桜の名所もほぼほぼ見ごろとなり、花見客でにぎわったところも多いと聞く。


 我が家には花や風景の美しさを愛でるタイプの者は誰ひとり存在しないのであるが、それでも「」と聞くとなぜか鑑賞せねばならん、という気持ちになるらしい。自宅近くのバス通りの桜並木も見頃で大変美しいのだが、せっかくの連休なのだし、少し足を延ばして桜を見たい。とはいえ、水泳教室に通っている子供の練習は連休中も容赦なく組まれており、あまり遠出もできない。


 そこで5月5日、次男坊の水泳練習を午前で切り上げさせて、午後から車でおよそ3時間、新ひだか町静内地区の桜の名所、通称「二十間道路」を訪ねた。
 国道235号線、静内市街地から内陸に向かって8kmほど入ると、北東の方角に向かって伸びる直線道路の両側にエゾヤマザクラを中心とした桜の木が立ち並ぶ。桜並木は約7kmにわたってまっすぐ伸び、本数はおよそ3,000本にもなるとか。名前の由来はこの桜並木の道幅(約36m=20間)である。


Dscn6241 Dscn6249  
 私は過去にも何度かこの時期に付近を素通りしたことはあるが、ちゃんと眺めに来たのは今回が初めてである。15時過ぎに到着した現地の臨時駐車場には待つほどもなくすんなりと停められた。ここへ来る途中には札幌方面へ戻る車と多くすれ違ったから、日中の人出はもっとすごかっただろうと思う。
 この日の10時に満開宣言が出された桜並木は、私ごときの拙いカメラ技術とポンコツカメラでは伝わらないほどボリュームにあふれ、圧巻である。


Dscn6256 Dscn6259  
 手前側から5kmほどのところにある「花のトンネル」。写真では少々寂しい感じだが、枝をいっぱいに広げた桜がアーチ状になって迎えてくれる。この時期、一帯では「しずない桜まつり」も開催されており、出店も並んでにぎやかである。
 二十間道路の外側には、日高軽種馬協会の種馬場をはじめ、軽種馬の生産牧場がいくつもあり、緑の牧草地が広がっている。こういう奥行きを持った桜並木は他にないのではないかと思う。札幌の円山公園などのように敷物を広げてジンギスカン、というわけにはいかないが、およそ1時間、行ったり来たりしながら満開の桜を堪能した。


 ところで、「桜まつり」の期間中、会場へは静内駅前から臨時バスが運行されているが、肝心の静内駅へやって来る列車はない。日高本線の鵡川-様似間は、2015年の高波被害と2016年の台風被害の影響で不通が続いている。復旧にかかる費用は86億円、またその後の維持のための地元負担が年間13億円に達すると試算されている。


Dscn6266 Dscn6270 
 被害の様子は、並行する国道235号線からも断片的に眺めることが出来る。清畠―厚賀間では、海岸線の近くを走っていた線路が押し流されて大きく歪み、路盤が崩れて枕木とレールが浮き上がっている。そのまま放置されたレールは錆が浮いており、このままではおそらく使い物にならないだろうと思う。


Dscn6277 Dscn6278 
 豊郷―清畠間に架かっていた慶能舞川橋梁は、押し寄せた土砂交じりの水に流されたと思われ、鉄橋が川岸でぶっつりと途切れている。流された鉄橋はひっくり返った状態で現地に置かれており、原型がどうだったかもわからない。国道から見える状況だけを見ても、復旧は困難だろうと容易に推察できる。JR北海道は昨年12月、鵡川―様似間の復旧断念を地元自治体に伝達し、バス転換に向けた協議に入った。華やかな桜の陰に隠れた、もうひとつの事実である。



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 国鉄改革を復習してみた【2】なぜ「分割」だったのか | トップページ | 国鉄改革を復習してみた【3】その分割は正しかったのか »

北海道の旅人」カテゴリの記事

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
二十間道路見に来ました。
ボリュームたっぷり伝わりましたよ。(*゚▽゚)ノ
それにしても道路空いてますね。???
一昔前に行ったときは大渋滞で
視界に入ってから何時間もかかった記憶があります。
そして桜うどん買った記憶も。笑
この風景を見た人は、きっと幸せになりますね。(*^-^)

投稿: 青空海大地 | 2017/05/08 12:23

こんばんはいかさま。
北海道にも桜の季節がやってまいりましたね。
それにしてもw(゚o゚)w奇麗な桜並木!(* ̄ー ̄*)感動~!

投稿: mitakeya | 2017/05/08 18:34

北海道の桜は今が満開の時期なのですね!
桜の向こうが青々広々としている様子も伝わってきます。
家族そろってのお花見。よかったですね♪
北海道の鉄道旅も憧れますが、
度重なる災害もあって、なかなか状況は厳しそう・・・。
今年は穏やかに日々が過ぎますように。

投稿: 瑠璃 | 2017/05/08 19:48

静内の二十間道路、何十年も前の夏に行った記憶がありますが、桜の季節には行ったことがなくて、今回、見させていただき有難うございました。
その桜の見事さに比べ、日高本線の無残さは目を覆うばかりですね。いかさまさんのJR分割・民営化の記事の重みを改めて思い知らされた感じです。

投稿: Khaaw | 2017/05/08 23:54

こんばんは。
桜並木素敵ですね~!!綺麗に咲いています。
中部地方とは一ヶ月の差があるのですね。
周りの風景が雄大なので桜もひときわ立派に見えます。
それにしても桜、見に行かなきゃ!って気分になるのは日本人のサガですかね?(笑)

投稿: ミミ | 2017/05/11 21:36

 青空海大地さん、いつもありがとうございます。
 拙い写真で申し訳ありません。いくらかでもお伝えできたのならうれしいと思います。
 時間帯が少し遅めだったせいもありますが、ピーク時に比べると観光客の入込数も減少傾向にあるようです。
 素敵な景色ですからたくさんの人に愛でに来てもらえるといいのですが。
 桜うどん。寡聞にして初耳なのですが、いったいどんな味だったのでしょう。気になります(笑)

投稿: いかさま | 2017/05/11 23:56

 mitakeyaさん、いつもありがとうございます。
 つい数週間前に強い寒気に見舞われ、雪もちらついた北海道ですが、ようやく短い春が来たようです。
 本州の鮮やかなソメイヨシノとは比べようもありませんが、機会を見つけてぜひ遊びに来てくださいね。

投稿: いかさま | 2017/05/11 23:57

 瑠璃さん、いつもありがとうございます。
 本当に天気に恵まれた連休で、ちょうど満開の桜と青い空のコントラストを楽しむことができました。
 鉄道ファンの私としては本当は列車で訪問したかったところなのですが、運休とあっては仕方がありません。もっとも家族旅行では身動きのとりにくい列車の旅は、以下に私であっても二の足を踏んでしまうのが実情です(笑)

投稿: いかさま | 2017/05/11 23:59

 Khaawさん、いつもありがとうございます。
 拙い写真ながらお伝えできてうれしいです。私も桜の時期にじっくりと眺めることができたのは初めてでしたが、やはりいい景色ですね。
 日高本線の件は新聞をしばしば賑わせていましたが、実際に状況を見ると厳しさを実感せずにはいられません。今後の展開が気になります。

投稿: いかさま | 2017/05/12 00:02

 ミミさん、いつもありがとうございます。
 品種の差もありますが、ほぼ1週間の差ですね。入学式に桜並木の下を真新しい制服で歩いたことを思い出します。こういうとき、本州の季節感っていいなあ、と思いますね。北海道ですとどうかすると桜吹雪でなく、本物の吹雪だったりしますから(笑)
 

投稿: いかさま | 2017/05/12 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584701/65247230

この記事へのトラックバック一覧です: 二十間道路の桜並木と日高本線の今:

« 国鉄改革を復習してみた【2】なぜ「分割」だったのか | トップページ | 国鉄改革を復習してみた【3】その分割は正しかったのか »