« 2009年世界の旅【68】イタリア・フィレンツェへの旅(3) | トップページ | 2009年世界の旅【70】ドイツ・デュッセルドルフの「ニッポン」(1) »

2017/07/13

2009年世界の旅【69】イタリア・フィレンツェへの旅(4)

これまでの経過は ⇒こちら。


Pa253654  市街地に戻り、ミケランジェロをはじめとする多くの芸術家が祀られるサンタ・クローチェ教会(Santa Croce)に近いチョンピ広場(Piazza dei Ciompi)で、月末の日曜だけ開かれるフリーマーケットを眺める。雑多に並ぶ古本やアンティーク家具、絵画など、誰が買うのだろうと思うが、なかなかの盛況である。


 再びシニョーリア広場に戻り、10ユーロの入場料を払ってウフィツィ美術館に入る。この美術館でのお目当ては、「ヴィーナスの誕生」である。ルネッサンス期の15世紀、ボッティチェリによって描かれた大作で、映画やCMなどで、貝殻の上に立つヴィーナスを模倣したパロディがよく出てくるのでも有名である。ウフィツィ美術館は道路をはさんで東西2棟に分かれており、南端の渡り通路でU字型に結ばれている。3階建ての館内をゆっくり見て回り、「ヴィーナスの誕生」の前では約20分。女性たちは飽きることなく絵画を眺め続ける。


Pa263664 Pa263667
 ひととおりの見学を終えて屋上に上がると、暮れかかった空に、アルノ河畔の街灯の明かりがぼんやりと灯った。闇は徐々に濃くなっていき、街灯は少しずつはっきりと闇を照らすようになっていく。振り返るとヴェッキオ宮殿の時計塔が明かりに照らされ、手に取れるように近くに見えた。幻想的な夕暮れの情景である。


 閉館の18時50分いっぱいまで滞在し、3人でフィレンツェSMN駅へ引き返す。駅構内のファストフードで手早く食事。今日のうちにローマへ戻るSさん、今日もフィレンツェに宿泊するYさんと別れ、20時19分発のミラノ行き列車に乗った。結局ピサに行けなかったどころか、午前中に約束していた鞄を買いに戻ることもできなかった。けれども、同行の相手に恵まれたため、非常に楽しい1日になったのは間違いない。


 残念なことに、1等車のゆったりした赤い座席に腰を沈めてしまうと、楽しさの反動からか疲れがどっと噴き出してきた。私は、あれほど帰りの列車の旅を楽しもうと決めていたにもかかわらず、結局ミラノ手前まで全く気付くことなく熟睡し続けた。したがって、ユーロスター・イタリアの印象は、乗車前に眺めた赤いボディと寝心地の良い1等の座席の印象しか残らなかった。


 ところで、私がフィレンツェに行こうと思ったのは、嫁や知人に勧められたこともあるが、もうひとつ、私の出身地である岐阜県の土岐市とフィレンツェとが姉妹都市提携をしたという話を小学校時代に聞いた記憶があったためでもある。
 フィレンツェは歴史に彩られた重厚感や、古き良き統一感に包まれた美しい街並み、店々での感じのよい応対もあって、ミラノとは対照的に非常に良い印象が残った。けれども、この街とわが町とではどうも釣り合いが取れないような気がして仕方がなかった。


 日本に戻ってよくよく調べてみると、土岐市と姉妹都市提携を結んでいるのは「フィレンツェ」ではなく、「ファエンツァ(Faenza)」であることがわかった。ファエンツァはイタリア有数の陶磁器生産地として名高く、これが土岐市と姉妹都市提携を結んだ理由である。
 ちなみにフィレンツェは、繊維工業つながりで、岐阜市と姉妹都市になっているようであるが、これとて釣り合いが取れているかどうかは甚だ疑わしい。いずれにしても、若干字面が似ているばかりに、私は30年にわたって間違った記憶に踊らされ、挙句の果てにわざわざ当地まで来てしまったわけである。下調べとは大切なことである。



 延々と、続く。



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 鉄道コム

|

« 2009年世界の旅【68】イタリア・フィレンツェへの旅(3) | トップページ | 2009年世界の旅【70】ドイツ・デュッセルドルフの「ニッポン」(1) »

世界の旅人」カテゴリの記事

コメント

いかさまさん こんにちは
フィレンツェとファエンツァ、それは間違えて覚えても仕方がないですね。
でも、その勘違い?のお陰で、フィレンツェにある意味思い入れをもって訪ねることができて、よかったのではないでしょうか。姉妹都市に確かに「格」を感じてしまうことはあるとは思いますが、土岐市も岐阜市もイタリアの都市にはない、素晴らしい歴史や産物があるので、自信を持って、両市の方々とお付き合いをすればよいと思います。そういったことには、イタリア人は懐が深い気がします。

投稿: Khaaw | 2017/07/14 22:53

 Khaawさん、いつもありがとうございます。
 普段見慣れない景色を見て、接しない文化や歴史と触れ合うと、どうしても日本との比較の目で見て引け目を感じることが多くなってしまいますね。おっしゃるとおり、ヨーロッパと日本の都市では積み重ねてきた歴史も文化も異なりますが、それぞれに良さがあるはずです。それをフラットに見られるくらい、いろんなところを旅してみたいものです(笑)
 傷つきかけたイタリアの印象を劇的に好転させてくれたフィレンツェへの日帰り旅でした。

投稿: いかさま | 2017/07/19 22:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年世界の旅【69】イタリア・フィレンツェへの旅(4):

« 2009年世界の旅【68】イタリア・フィレンツェへの旅(3) | トップページ | 2009年世界の旅【70】ドイツ・デュッセルドルフの「ニッポン」(1) »