« 2009年世界の旅【78】オランダ(6) 日本語・日本食・日本への思い | トップページ | 2009年世界の旅【79】オランダからベルギーへ »

2017/09/26

かみかわ点描【10】金色の世界

 北海道の水稲作付面積は、新潟県に次ぐ第2位である。10万ヘクタールを超える水田面積のうち、上川地方はおよそ3割を占めている。上川地方のほぼ中心、比布町には北海道立の上川農業試験場があり、水稲の品種開発がおこなわれている。北海道の米のイメージを飛躍的に高めた「きらら397」、そして全国的にも評価の高い良食味米「ゆめぴりか」はここから旅立っていた。


Img_1893  7月から8月にかけての水稲の緑色は、上川盆地の夏を決定的に印象付ける。石川県などで見られる、山間の傾斜地を切り開いた棚田の風景も原日本的で美しいが、広い平地にじゅうたんを敷き詰めたように広がる水田の緑は見ごたえがある。
 旭川市の北東部、東鷹栖地区には、本州でも多く見られるようになった「田んぼアート」が設置され、夏の旭川のちょっとした観光スポットになっている。


Img_2885  そしてこの季節、水田は金色に染め上げられる。玉葱やビートなどの畑では見られない色合いで、収穫直前の麦と比べてもよりコントラストの強い印象を受ける。新米を包んだ穂先は緩やかに頭を下げて収穫を待っている。収穫作業は旭川市近郊では早いところで9月10日前後から始まる。
 本来なら作業のピークを迎えるはずの3連休、日本列島を縦断した台風の影響で北海道も強い雨と風に見舞われたが、幸いなことに大きな被害を受けることもなく、今日現在で収穫作業はおおむね5割ほど進んでいる。


Img_2882 Img_2914
 収穫された水稲は、殻のついたの状態で乾燥機にかけられ、籾摺りをされて玄米となる。かつては「はさがけ」と言って、収穫の終わった水田で天日干しして水分を下げる様子がいたるところで見られたが、最近ではほとんど目にすることがなくなった。
 乾燥や籾摺りは個々の農家での作業としておこなわれることもあるが、地域のJAが運営する乾燥調製施設でおこなわれることが多い。施設の形態によって籾のまま、または玄米で持ち込まれ、異物や未成熟米、着色した米などを取り除き品質をそろえて出荷される。


 上川、そして北海道の農家が丹精込めて育てた「ゆめぴりか」「ななつぼし」をはじめとした平成29年産の新米、そろそろ全国各地の販売店に並んで、みなさんの食卓に上がるのを待っている頃である。


ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 2009年世界の旅【78】オランダ(6) 日本語・日本食・日本への思い | トップページ | 2009年世界の旅【79】オランダからベルギーへ »

北海道の旅人」カテゴリの記事

コメント

田んぼアート、綺麗ですね~^^
今年の夏は雨が多かったので心配でしたが、たいした被害も無く例年通り収穫できて良かったですね。
新米はやっぱり美味しいから楽しみです。
私がよく行くスーパーではあまり北海道のお米を見ないのですが、見かけたら買ってみようと思います。

投稿: ミミ | 2017/09/27 21:18

こんばんは☆
 
先日、近くの百貨店で北海道展があり、
古米ですが ゆめぴりかを仕入れて来ました。
予約すれば新米を届けてくださるとのことでしたが
新米を売りに出せるのは10月に入ってからなので、
その頃にとのこと、予定が読めないので あきらめて来ました。
まぁ、そのうち手に入るかなと思いつつ( ´艸`)プププ
 
田んぼアートの季節ですね。
秋真っ盛りと言う感じです(o^-^o)

投稿: 花mame | 2017/09/27 23:50

 ミミさん、いつもありがとうございます。
 ここ数年の傾向からすると、今年は確かに気温が低めで推移した夏だったのかな、と感じています。肝心の時期に雨が少なく、玉葱などはやや小ぶりの傾向のようですが、お米にとっては害虫の発生も少なく、たんぱく値の低いおいしいお米になったようです。ぜひお試しください。

投稿: いかさま | 2017/09/28 23:10

 花mameさん、いつもありがとうございます。
 今年は収穫作業が例年と比べて遅れていますので、新米の出回りも少し遅いのかなと思います。当然ですが私もまだ食べていません(笑)新鮮であるに越したことはないですが、貯蔵の技術も進んでいますし、楽しみは後に取っておいてもいいのではないかとも思います。

 ここ数日、急激に気温が下がってきた気がします。明日は旭川でも4度くらいまで下がるそうですが、短い秋を楽しむ間もなく長い冬がやって来ます。憂鬱です(笑)

投稿: いかさま | 2017/09/28 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かみかわ点描【10】金色の世界:

« 2009年世界の旅【78】オランダ(6) 日本語・日本食・日本への思い | トップページ | 2009年世界の旅【79】オランダからベルギーへ »