« かみかわ点描【10】金色の世界 | トップページ | 2009年世界の旅【80】ベルギー(1) 世界三大がっかり名所~小便小僧 »

2017/09/28

2009年世界の旅【79】オランダからベルギーへ

これまでの経過は ⇒こちら。


Pb023849  11月2日、月曜日。朝6時にホテルを出て、ライトアップされたアムステルダム中央駅から6時41分発の列車で50分、ハーグ(Den Haag)中央駅へ。出迎えてくれた取引先の日本人駐在員氏とともに、生花市場を視察する。オランダは生花の一大生産国であると同時に国際的な物流拠点としての地位を確立している。


Pb023879  昼食の後、駐在員氏にハーグの南20kmほどのところにあるデルフト(Delft)駅まで送り届けてもらった。赤レンガ造りの歴史と風情とを兼ね備えた建物である。
 14時15分発の「スネルトレイン(Sneltrain)は、日本の各駅停車に相当し、私が持参した「トーマスクック・ヨーロッパ鉄道時刻表」にも掲載されていないが、きっちりと1等車は連結している。


 14時29分、ロッテルダム中央(Rotterdam Centraal)駅に到着。ここから国境を越え、ベルギー北部のアントウェルペン(Antwerpen)まで、パリ行きの国際特急「タリス(Thalys)」を利用する算段だったが、15時26分発のタリスは満席。仕方なく14時55分発のインターシティに乗った。
 アントウェルペンまでの約100kmを65分で結び、同区間を62分のタリスと比較しても遜色ないが、車両は3日前にローゼンダールからアムステルダムまで乗ったものと同じで高級感に欠ける。やはりタリスがよかった、と口惜しい。


Pb033881  16時ちょうど、アントウェルペン中央駅の地下ホームに到着。非常に大きな重層地下駅である。地上まで通じる吹き抜けは高く開放感があり、地上の光も入る駅のホームは明るい。
 今日の宿泊地はここから約40km東のウェステルロー(Westerlo)という町で、ヘレンタル(Herentals)駅からタクシーで10分ほどである。


 駅のコンコースに掲示されている時刻表を、眼を皿のようにして眺める。時刻・種別・行き先の横に、1から7までの数字がランダムに書かれている。これは運転される曜日を示しており、例えば月曜から金曜までの運転ならば「12345」、土曜だけの運転ならば「6」と記されている。特定の曜日だけ運転になったり、逆に運休したりする列車も多い。さらにその横に主な経由地が列記されている。列車の経由地から察するに、ヘレンタルへ行くことができる列車は他にもありそうだが、はっきりと「Herentals」の文字がないと心細くて乗ることができない。


Pb033883_2 Pb033882_2 
 何度も時刻表を確認し、16時35分発の列車に乗る。淡いグレーの車体の下部を青く塗り、境界に細い赤のライン、アクセントとして黄色を使った電車である。2等車に毛が生えた程度の1等車には他に乗客はなく、貸し切り状態である。
 発車するとすぐ列車は地上に上がり、防音壁に挟まれた線路を走る。壁の内側は、誰がどうやって侵入して描いたのか、見事な落書きのオンパレードである。


Pb033887 Hotelgeerts 
 ヘレンタル到着は17時10分。予想以上に多くの乗客が吐き出された駅の外へ出てみると、大都市の郊外、ベッドタウンの私鉄駅を思わせるような、フラットな平屋の駅である。赤レンガ造りでないのがかえって新鮮である。
 駅前にタクシーの姿はなく、駅の窓口でタクシー会社の電話番号を教えてもらい、携帯から電話する。10分ほどで現れたタクシーに乗り、薄暗くなりつつある小さな街の中を走り、今日の宿である「Hotel Geerts」に着いた。


 ゆったりしたツインルームに落ち着いて少し休んだ後、夕食を求めて、ホテルを出てみた。グローテ・マルクト(Grote Markt、大広場)と呼ばれるホテルの周囲一帯は、18時半を過ぎて、夜の空気をほんのりと染める街灯の灯りの中にひっそりとたたずんでいる。夜露に濡れる街路樹から落ちた枯れ葉が道路のアスファルトに貼り付いていた。静かで美しい夜の光景である。


 くるりと散歩をしてみたが、2軒のスーパーと煙草屋らしき店だけが営業中である。そのうちの1軒のスーパーで夕食と飲み物を買い込む。帰りに煙草屋へ立ち寄ると、人相の悪いおっさんが2人いて、私のことを怖い目で睨んだ。私は一瞬ひるんだが、ユーロ札を出してマルボロを所望すると、因縁をつけるかのような目で眺めまわしながら、私の掌の上にひどく丁寧に煙草と釣り銭を載せた。



 延々と、続く。


ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、
ポチっとな

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 鉄道コム

|

« かみかわ点描【10】金色の世界 | トップページ | 2009年世界の旅【80】ベルギー(1) 世界三大がっかり名所~小便小僧 »

世界の旅人」カテゴリの記事

コメント

ヨーロッパらしい駅風景が続きますね。
有名ですが、ライトアップされたアムス中央駅、一度実物見たいと思っちゃいました!
昔・兼高かおる・・・今、いかさまさんの世界の旅、引き続き楽しみにしています^.^/

投稿: キハ58 | 2017/09/30 10:31

 キハ58さん、いつもありがとうございます。
 アムステルダム中央駅の駅舎は、昼夜問わずとても美しいと思います。容姿端麗ですね(笑)
 兼高かおるさんなど私は足元どころか爪先にも及びませんが、思い出すままに世界の旅、もう少し続けさせていただきます。よろしくお願いします。

投稿: いかさま | 2017/10/01 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年世界の旅【79】オランダからベルギーへ:

« かみかわ点描【10】金色の世界 | トップページ | 2009年世界の旅【80】ベルギー(1) 世界三大がっかり名所~小便小僧 »