« 1年越しで北陸へ | トップページ | 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【1】 上越線・2つのループ線 »

2017/10/16

2017年秋 北陸・東海乗り歩き【0】 序章

 前回のブログで書いたとおり、この週末、私は鉄道乗り歩きの旅に出た。北陸・東海地方に残る未乗路線を一気に片付けるためであるが、旅立ちの前から私はいつもの旅と違い、少々居心地の悪い気分になっていた。


 それは、今回乗車する予定の中に、「観光路線」が非常に多いことである。
 鉄道の使命はいうまでもなく人や貨物を運ぶことである。すなわち生活の基盤のひとつとして存在していることが多く、列車に乗り込んでくる地元の人々の表情や動き、会話の断片から、さまざまな息遣いが伝わってくる。


 ところが今回は、観光地へのアクセス、あるいは列車そのものが観光要素となっているものが非常に多い。もちろんこれまでにも、ケーブルカーなどそうした路線に乗ったことがないわけではない。だが私は、これまで鉄道の乗りつぶしに専念するあまり、周囲もうらやむような観光名所の手前まで迫りながら、ちらりとも眺めることなく引き返してくるという愚行を繰り返してきた。数え上げればきりがないが、ここ5~6年の間だけでも、出雲大社、東尋坊、延暦寺、鞍馬寺、高尾山と、次から次へと出てくる。


 こうした反省を踏まえて、ここ最近はちょっと足を延ばせば訪問できそうなところは、少しの時間であっても楽しんでくることを心掛けていた。3年前の伊豆半島や2年前の草津温泉、昨年の竜飛崎などがそうである。
 今回の最大目的である立山黒部アルペンルートなどは、コースそのものが一大観光地である。脇目も振らずに走り抜けては、いよいよ頭がおかしくなったかと疑いをかけられかねない。


 そこで私は、こうした状況をふまえて、行程内にいくばくかの余裕時間を盛り込み、気になるところがあれば少し便を落として散策を楽しんでみようと考えた。出発直前まで行程をこねくり回していると、もうひとつ天気のことが気になり始めた。


 これまで私はあまり気にしたことがなかったのだが、あらためて振り返ってみると、鉄道の乗り歩きに出掛けて雨に降られた記憶が数えるほどしかない。それも3日ないし5日間の1回の旅で1日だけで、行程中1度も雨に当たらなかったことの方が多い。
 いくらかでも観光要素がある今回、私は出発前から天気の動向をかなり気にしていた。だが残念なことに、週間予想の段階から雨予報の連続である。出発直前になっても予報が変わる気配はない。


Dscn6444 Dscn6448 
 私は自分のことを、「晴れ男」だとは言わないまでも、「曇り男」程度ではあるのではないかと自負している。その私が行動を開始するのだから、少なくともそうひどい天気にはならないのではないか。そんな期待と祈りを込めつつ、10月11日水曜日、仕事が終わった後、私は旭川空港からJALの羽田行き最終便に乗り込んだ。幸いなことに今回は仕事の邪魔は入らなかった
 羽田空港からは品川、上野と電車を乗り継ぎ、日付をまたいだ12日1時前、群馬県の高崎まで辿り着いた私は、ネットカフェに潜り込んで明け方の出陣を待つことになった。


 続く。



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム
 

|

« 1年越しで北陸へ | トップページ | 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【1】 上越線・2つのループ線 »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

さすが…旅の鉄人いかさまさんの旅は緻密でぬかりない感じの始まりですね;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
私がわくわく楽しみです。

羽田から高崎までその晩に行ってしまうところが
さすが旅慣れていらっしゃるって思います
参考にさせていただきます(*^^)○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*
私なら羽田(都内)近隣で宿をとって
前夜祭??となりきっと二日酔いで翌日半日無駄にしてしまいます(汗)
つづきとても楽しみですm(_ _)m
PS・ベタ踏み坂のコメントありがとうございました。
しばらくは山陰の予定はないと思っていましたが…リベンジしたいと思っています!!情報ありがとうございました。

投稿: ゆきぱんだ | 2017/10/17 19:39

こんばんは☆
 
無事お出かけになられて、無事お帰りになっているのですね~
良かった良かった。
 
旅に出て 雨に降られないって スゴイことですね。
いかさまさんの場合、回数がハンパないでしょうから。
雨も 風情のひとつとは思いますが
やはり降らないに越したことはありませんものね。
 
どんな旅になりましたか、楽しみにしています(o^-^o)

投稿: 花mame | 2017/10/17 23:15

高崎ということは・・・この後 楽しみにしています^.^/

投稿: キハ58 | 2017/10/17 23:19

 ゆきぱんださん、いつもありがとうございます。
 毎度背中がくすぐったくなるコメント、恐縮です。
 高崎まで突っ走ったのは、次の日に乗る予定の路線が、運転本数の少ない閑散路線だからなのですが、都内に泊まって早朝の新幹線で向かうことも可能でした。ネットカフェの件も含めて、要するにお金をケチっただけなんですが(笑)
 新しい情報をお供に、以前訪ねた場所を再訪するのも楽しいものですよね。ゆきぱんださんにとっての山陰も、いつかそんな旅ができますよう。

投稿: いかさま | 2017/10/19 23:18

 花mameさん、いつもありがとうございます。
 おかげさまで無事出発し、無事戻ってきました。工程自体は無事じゃなかった部分も多少ありましたが(笑)、ま、おいおいご紹介させていただきます。
 雨の車窓は、それはそれで風情があってよいものですが、場所によってはそろそろ紅葉も始まろうという時期、やはりスカッと晴れていてほしいな、と思っていたのですが…
 ま、これも日ごろの行いでしょうかね。

投稿: いかさま | 2017/10/19 23:20

 キハ58さん、いつもありがとうございます。
 次回のネタばらしになってしまいますが、高崎からは北の方へ向かっていきました。さて、キハ58さんの予想は当たっていたでしょうか。私は期待を裏切ってしまったのではないか、とひそかに申し訳ない思いでいるのですが(笑)

投稿: いかさま | 2017/10/19 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【0】 序章:

« 1年越しで北陸へ | トップページ | 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【1】 上越線・2つのループ線 »