« 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【16】 ああ福井鉄道 | トップページ | 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【18】 大井川鐵道のその先へ(1) »

2017/12/15

2017年秋 北陸・東海乗り歩き【17】 静岡・掛川の夜

これまでの経過は ⇒こちら


 北陸エリアの鉄道の完全制覇を目指して組み上げた行程表は、3年ぶり2度目の運休のお知らせ見落としという失態で画竜点睛を欠き、私はめでたくたった0.1kmを乗り残すことになった。傷心の私は、福井18時37分発の米原行き特急「しらさぎ64号」に肩を落として乗り込んだ。窓の外を流れる景色は闇の中に沈み、私はと言えば自分の詰めの甘さを呪いつつ深い反省の中に沈んだ


Dscn6933  米原で東海道新幹線「ひかり534号」、名古屋で「こだま684号」、浜松で東海道本線静岡行き普通列車と乗り継ぐ。普通列車には、イベントでもあったのか、謎のコスプレをした若い女の子がたくさん乗り込んでおり、華やかである。ひとり私だけがどんよりとした気持ちを引きずったまま蚊帳の外にいて、何を見るでもなくぼんやりとスマートフォンに目を落としていた。


 21時46分着の掛川で3日目の行程は打ち止め。「こだま684号」に乗り続けていれば21時31分には到着できたのだが、米原からの特急料金は、浜松までと掛川までで860円の大差がつく。交通費を極力節約するために、こうした涙ぐましい努力も重ねた行程だったのだが、再び福井を目指すためには、私の実家からでも往復3時間と8,000円ほどの旅費を要する。こういうことを考えていると、いよいよ気分が滅入る。


 駅から徒歩5分ほどの「ステーションホテル2」にチェックイン。古びたビジネスホテルだがウェルカムドリンクのサービスもあり、平日ならば無料の朝食もつくという。フロントの対応も丁寧で、部屋もシンプルだが清潔感がある。
 荷物を置いてホテルを出る。腹も空いていないし、今回は珍しく毎晩ホテルの外で食事をとっているので、今晩くらいはホテルの中で大人しくしていてもいいような気もしたが、最終日の夜に飲みに出掛けるのは恒例行事である。旅は明日も1日残っているわけだし、ホテルに居て悶々と夜を過ごすよりはほどよく酔ってさっさと眠った方がいい。


Img_3066  スマートフォンで軽く下調べをして、雰囲気のよさそうだったバー「106」に狙いをつける。地図アプリを頼りに歩いたものの、道路に看板を出しておらず、探すのにひと苦労したが、ようやく見つけた雑居ビルの2階にある店のドアを開けた。
 カウンターに7、8席、奥にボックスが2つほどの小さな店は、薄暗い照明とカウンター奥に並んだお酒の列がお洒落な雰囲気だったが、意に反して奥のボックスが大きな声で盛り上がっている。やめようかな、とも考えたが、他に店を探すのも面倒だし、カウンターに腰を下ろす。


Img_3065_2  ほどなくボックスのグループ客が帰ると、店内の雰囲気は一転してしっとりとした感じになった。マスターと若い女性のバーテンダー、2人が、「そんなに強くない、さっぱりしたものを」というアバウトなお願いにも的確に応えてくれる。何より、客と適度な距離感を取って話しかけてくれるのが心地よい。
 地元の人々の隠れ家的な存在のようで、ちびちびとカクテルを舐めるうちにカウンターはほぼ埋まった。ほどよく酔いが回り、隣に座ったやや年配の男性と話が弾むうちに、霧が晴れるように気分が楽になっていった。


 続く。


※BAR 106 掛川市紺屋町5-15 天佑ビル2F


ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【16】 ああ福井鉄道 | トップページ | 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【18】 大井川鐵道のその先へ(1) »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

いかさまさんのいつもの勢いがないままの
旅になってしまったのかと…
心配でしたが
バーで今回は年配の男性と出会い
気が晴れて本当に良かったです(゚▽゚*)
いつになったら??私はいかさまさんと旅先のバーで
隣り合わせになれるかな~っ(゚ー゚)??
いろいろ伺いたいことがいっぱいです(゚m゚*)

でもよいお店見つけられてよかったですねo(*^▽^*)o

強くないさっぱりしたカクテルは
どんなお味だったのでしょうか…。
きっといかさまさんのような雰囲気で爽やかだけど凜としたイメージのお酒だったのでは??
な~んて勝手に想像しちゃいました
最終日よい旅になったことを願いながら
続き楽しみにしています

投稿: ゆきぱんだ | 2017/12/16 22:50

 ゆきぱんださん、いつもありがとうございます。
 基本お酒の苦手な私はあまり外へ飲みに出ることはないのですが、旅先の思い出作りとひとり反省会の意味も込めて、長旅の最終日だけは飲みに出掛けます。ほどよく酔いながら隣り合わせた方や、場合によってはスナックのママさんなどとお話しするのは楽しいですね。
 次回の旅の時には予告しましょうか(笑)

投稿: いかさま | 2017/12/18 00:17

予告は良い案ですが…その予告の地では整理券を発券しないといけませんね!!(^_^)v頑張って並んででも逢いにいきますので抽選会にはしないで下さい(汗)

投稿: ゆきぱんだ | 2017/12/18 05:53

 ゆきぱんださん、ありがとうございます。
 ご心配なさらなくても整理券を発行するほど、この手の人間に需要はありません(笑)ご安心ください。

投稿: いかさま | 2017/12/21 01:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【17】 静岡・掛川の夜:

« 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【16】 ああ福井鉄道 | トップページ | 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【18】 大井川鐵道のその先へ(1) »