« 伊勢神宮へのお参り | トップページ | 近鉄特急「しまかぜ」の旅 »

2018/01/14

おはらい町・おかげ横丁・赤福

 もう少し、伊勢神宮の話の続きを。


Img_3208 Img_3213  
 伊勢神宮の内宮前には、おはらい町と呼ばれる鳥居前町が伸びている。土産物屋、食堂などが狭い道の両側に並び、参拝を終えた客でごった返している。内宮近くは比較的新しいビルも目立つが、進むにつれて古風な木造建築の建物が増える。1980年代から90年代にかけて街並みが再整備されていったのだそうである。


Img_3209 Dscn7266  
 そのおはらい町の中心近くから、おかげ横丁が伸びている。おはらい町の整備を受けて整備された、江戸時代から明治時代にかけての鳥居前町の雰囲気を再現した街並みである。ここも飲食店や土産物屋が並び、伊勢神宮エリアの中核的な名所になっている。横町のほぼ中央辺りにある太鼓櫓では、神恩太鼓と呼ばれる太鼓の演奏がおこなわれていた。


Dscn7267 Img_3214  
 おかげ横丁を私費で整備したのが、赤福である。言わずと知れた伊勢銘菓の会社で、その本店はおかげ横丁の入口近くの角地にある。本店を含む近在の店舗では、赤福をその場で食べることができる喫茶コーナーがある。我が家は本店の向かいにある別店舗で、嫁が赤福2個に伊勢茶がついて210円の「盆」、あとの3人は520円の「赤福ぜんざい」を食べる。かすかに焼き目のついた餅が香ばしく、ぜんざいも甘さ控えめでおいしい。


 赤福の原料の主産地は、もち米、小豆ともに北海道。特にもち米の主力は、私が担当している名寄市を主産地とする「はくちょうもち」である。北海道で生まれた材料が三重で日本有数の銘菓に加工され、北海道人たる家族の胃の中へ帰っていったわけである。
 北海道由来の銘菓は北海道にも多数あるが、全国に向けて上質な素材を送り出す北海道の底力を、あらためて思う。



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 伊勢神宮へのお参り | トップページ | 近鉄特急「しまかぜ」の旅 »

日本の旅人」カテゴリの記事

コメント

新年のスタートに相応しいお伊勢参りの記事で
まだ旅のスタート出来ない私の旅心を揺さぶる??おいしそうな赤福!!(^_-)今年も背中追いかけさせていただく事になりそうですねm(_ _)m赤福は甘いもの苦手な私が食べることができる数少ない甘味です!!やっぱり北海道の選りすぐりのこだわり原材料を使用で美味しいのですね…はじめて原材料の事ググってみました!!また勉強になりました o(_ _)oペコッ

投稿: ゆきぱんだ | 2018/01/14 23:55

こんばんは。

やはりお伊勢さんは混んでますね。
わたしは一度しか行ったことがありませんが、参拝後 限られた時間の中でいろいろ食べ歩いたのを覚えています(笑)
(夏だったので赤福かき氷も食べました。)

「おかげ横丁を私費で整備したのが、赤福」というのは
今の今まで知りませんでした!(・0・)さすが赤福…

いかさまさんのブログを読むごとに少しづつ知識が増えてゆく…そんな気分でおります、いつも(^^)

投稿: アケ | 2018/01/15 00:05

いかさまさん、こんばんは。
関西出身で北海道で農業関係のことを学んだ自分としても、北海道が日本の食を支えていることをある意味うれしく思います。ただ、最近の北海道のいろいろな問題を耳にすると心が痛みます。道産米もうるちは空知が有名ですが、もちは名寄が主産地だったのですね。赤福が食べたくなりました。

投稿: Khaaw | 2018/01/15 19:09

こんばんは!
私も何年か前に本店の向かいにある別店舗で、赤福を食べましたよ。
元々、アンコ好きの私なので、赤福は大好きなのですが、店先で食べる物は、ひときわ美味しく感じました。
懐かしいな、また行きたいなって、思います。

投稿: FUJIKAZE | 2018/01/15 22:36

 ゆきぱんださん、いつもありがとうございます。
 どうやらゆきぱんださんも、電車より食べ物のほうが食いつきがよかったようですね。
 説明の必要がないほどメジャーな銘菓ですが、原材料にもそんな秘密が潜んでいるのです。私だって時にはこういう勉強になる記事を書くこともできるのです(笑)

投稿: いかさま | 2018/01/16 22:43

 アケさん、いつもありがとうございます。
 「赤福かき氷」は私の友人もおすすめだと言っておりました。おそらく夏期限定なのだろうと思いますが、一度は食してみたいですね。ここには書いてありませんが、昼食は「てごね寿司」でした。
 おかげ横丁については私も聞きかじりでしたので、ホームページなどで補強して書かせていただきました。私自身も勉強になっております(笑)

投稿: いかさま | 2018/01/16 22:45

 Khaawさん、いつもありがとうございます。
 鉄道のみならず食の分野でも最近、いろいろなことが起こっておりますが、北海道が日本の食を支えていく図式は今後も不変だろうと思います。この責任は重大ですね。
 「ゆめぴりか」人気の陰で、実に多様な場面で北海道の食材が活用されています。そんなことも思い出しながら、ぜひ赤福をご賞味ください(笑)

投稿: いかさま | 2018/01/16 22:47

 FUJIKAZEさん、いつもありがとうございます。
 北海道にいるとなかなか食べる機会のない赤福ですが、たまに無性に食べたくなります。お店で食べたのは初めてですが、おいしかったですね。できれば今度はもう少し空いている時にゆっくりと賞味したいな、と思います。

投稿: いかさま | 2018/01/16 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おはらい町・おかげ横丁・赤福:

« 伊勢神宮へのお参り | トップページ | 近鉄特急「しまかぜ」の旅 »