« 戻ってきました。 | トップページ | 坊主、受難の週末 »

2018/02/08

2017年秋 北陸・東海乗り歩き【番外その1】福井へのリベンジ

 昨年の秋に4日間にわたって出掛けた北陸・東海への旅だが、ブログにも書いたとおり福井鉄道の福井駅延伸部、0.1kmを乗り残して終了となった。鉄道全線完乗を目指す身としては、この失態はどこかでフォローしなければならない。けれども北海道から福井へわざわざそのために出掛けられるほど懐具合に余裕はない。さりとて乗りつぶしがここまで進んでくると、あまり長いこと放置しておくのも、なんとも居心地が悪い。

 これまでの旅の経過は ⇒こちら


 そう思っているところへ、道外への出張が舞い込んだ。行き先は岡山・広島・愛媛で、11月6日の伊丹空港から始まる行程になっている。


 前日までちょうど3連休ということもあり、私は少し足を延ばして実家に顔を出してこようと、11月3日、新千歳空港から伊丹空港へと飛んだ。中部でなく伊丹へ飛んだのは出張命令上の関係である。


 新大阪から18時16分発の「ひかり532号」に乗る。この列車に乗れば名古屋着19時25分となり、21時前には実家に滑り込めることになるが、私は18時31分着の京都で下車。在来線ホームへ移り、18時40分発の金沢行き特急「サンダーバード39号」に乗った。


Img_3093 Img_3094  
 20時06分、福井着。わずか半月あまりを経ての再訪である。駅前ロータリーに引き込まれた福井鉄道福井駅電停に立つ。今日は電車の運行日であることは、事前にホームページでしっかり確認してある。ほどなく白い電車がホームに入ってきた。越前武生発田原町行きの電車で、福井駅で折り返す「T字」運転になっている。


Fukui Img_3096  
 駅前ロータリーを出て交差点を渡り、商店街に引かれた単線の線路をゆっくりと走る。大名町交差点の信号で少し停止して、右折。武生方面からの線路が左手から合流してきて、市役所前電停に到着。新しい上屋が設けられているが工事中で雑然とした停留所に降りる。これで福井鉄道が全線完乗となった。喉の奥に刺さった魚の小骨が取れたような思いである。


Img_3097 Dscn2354  
 帰りは線路に沿って福井駅まで600mほどの道のりを歩く。もともと福井駅前電停があったあたりに立って写真を撮ってみた。自宅へ帰ってから4年前の写真と比べてみると、電停のホームがあった場所が車道になっており、もともと車道だった部分はトラックの荷下ろしスペースになったことがわかる。ここから駅前ロータリーまでわずか100mの延伸ではあるが、利便性は間違いなく高まっている。だが、この延伸のために私は2度にわたって福井を訪れることになった。しかも滞在時間は2回合わせて2時間にも満たない。課題は解決したが、すっきりしない気分がしばらくの間私を支配した。


ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 戻ってきました。 | トップページ | 坊主、受難の週末 »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

鉄道の乗りつぶしは、最初趣味だったのがいつの間にか義務になっているようなことがよくありますね。ちなみに、国道や都道府県道を走破していると、重複区間にバイパスに一方通行、点線酷道や険道、登山道に商店街とあるので、実は鉄道の方が簡単だったりします。自分も北海道新幹線と東北線と仙石線の連絡線に行きたいのですが、果たしていつの日か。

投稿: かわうそくん | 2018/02/09 20:01

そうでしたか。
私も日南線の大堂津-南郷1駅間を乗り残して20数年です。
確かに、心の端で意識してますね^.^;;

投稿: キハ58 | 2018/02/10 09:43

 かわうそくんさん、いつもありがとうございます。
 えてして地下鉄の乗り歩きをしている時など、趣味というより義務ではないか、と考え込むことが多いです。幸い、地下鉄は仙台を除いてすべて終わっていますので、今は純粋に景色を楽しむことができますが。
 かわうそくんさんのブログを拝見していると、都道府県道の走破も本当に奥が深いなと感じさせられます。強いてあげれば鉄道と違って自分の都合の良い時間に動けることでしょうか。

投稿: いかさま | 2018/02/14 00:31

 キハ58さん、いつもありがとうございます。
 そういえば何かの折にその乗り残しの話を聞かせていただきましたね。最初から全線制覇を目指して旅をしているのでなければそうした区間はそこらじゅうにありますよね。10年ほど前、乗りつぶしを試みた時、全国にそんな区間があって青ざめた記憶があります(笑)

投稿: いかさま | 2018/02/14 00:33

いかさまさんと偶然の旅先での出逢いは呉で
果たせなかったのでやはり福井~??って望みを抱いていましたがもうすでにリベンジされていたのですね~っcoldsweats01
でもモヤモヤを残したまま次に進めない気持ち
私もご存じの通り三江線何度も懲りずにチャレンジで
いかさまさんは少し私と同じような??性格なのかな~って思ってしまいちょっぴり??親近感で(゚▽゚*)嬉しくなってしまいました!!
また背中を追う旅になりそうですが夢と希望は実現したいですね(v^ー゜)

投稿: ゆきぱんだ | 2018/02/25 09:18

 ゆきぱんださん、いつもありがとうございます。
 ご期待に沿えず申し訳ありません(笑)
 ひとたび気になったらさっさと片付けてしまわないと、夜も眠れなくなってしまう性分なのです。
 三江線もあと1か月余りの命となってしまいましたね。できれば騒ぎになる前にもう一度乗りたかったのですが、かなわぬ夢になりました。今後はこうした鉄道との別れがいくつも繰り返されるのでしょうか。残念です。

投稿: いかさま | 2018/02/25 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584701/66286075

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【番外その1】福井へのリベンジ:

« 戻ってきました。 | トップページ | 坊主、受難の週末 »