« 坊主、受難の週末 | トップページ | 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【番外その3】可部線の「復活」新線 »

2018/02/19

2017年秋 北陸・東海乗り歩き【番外その2】天竜峡ミニトリップ

 番外編、その2。
 これまでの旅の経過は ⇒こちら


 実家で過ごした11月の3連休の中日、私は実家の車を借り、山道を2時間ほど走って天竜峡に出掛けた。紅葉目当てだろうか、多くの観光客が集まっていたが、私の目的は紅葉でも観光でもない。鉄道である。


 私は鉄道の乗車記録を整理しており、細かな改廃も含めて乗り漏らしがないよう、都度見直しをしているのだが、先日、これはどうやら乗り残しらしい、という区間を発見してしまった。JR東海飯田線、天竜峡-時又間3.1kmである。


 飯田線は、愛知県の豊橋と長野県の辰野を結ぶ、195.7kmの路線である。私はここを1989年3月に全線乗車しているのだが、当時の乗車記録は195.8kmとなっており、0.1km合わない。調べてみると、2001年に、天竜川の治水工事に伴い、天竜峡-時又間の線路が全体的に天竜川寄りに移設されており、この時に営業キロが0.1km短くなったようである。
 単純に先端が切り落とされて短縮されたのならばともかく、改キロを伴うような大きな移設であれば、先日のえちごトキめき鉄道同様、乗り直しておいたほうがすっきりする。


Dscn7032 Dscn7044  
 天竜峡駅はログハウスのようなかわいらしい駅舎で、28年前にも途中下車した記憶があるが、当時の記憶からそれほど大きくは変わっていない。付近に架かる橋の上からは、天竜川の悠然とした流れと、川下りの船の姿がよく見える。


Dscn7033 Dscn7035  
 13時25分発の駒ヶ根行き電車に乗る。転換クロスシートが並んだ2両編成の電車は、以前は関西本線などで走っていた車両である。線路敷の跡らしきものが左に別れていくのをちらりと見て、天竜川につかず離れずで走り、2分ほどで川路。付替えの際に移設された、まだ新しさの残る駅舎が1面だけのホームに接して鎮座している。


Dscn7036 Img_3107  
 付け替え区間の一方の端である時又で、「ドクター東海」と呼ばれる検測車両とすれ違い。今年は年始の「ドクターイエロー」に始まり、この手の車両によく出会う年である。
 時又で下車しても良かったのだが、折り返しの電車までは余裕があるので、もう少し先へ進み、駅名に惹かれて13時35分着の駄科で下車。「だしな」と読む。


Dscn7037 Dscn7040  
 駅舎とも呼べぬ小さな待合室では、おばあさんが二人、天竜峡方面へ向かう電車を待っている。建物の横ではタクシーが2台、いつ来るともわからぬ客を待っていた。
 13時46分発の天竜峡行き電車で引き返す。今度はボックスシートが並んだ313系電車の2両編成である。約10分で天竜峡着。私は満足して、車で実家へと戻った。


Iida2 電車に乗るために実家からを利用するのも情けない話ではあるが、私の郷里から天竜峡まで鉄道で来ようと思えば、名古屋、豊橋と乗り継いで5時間近くかかる
 しかるに自動車であれば、狭隘な一般道経由でも2時間ほどで、中央自動車道経由ならばわずか1時間20分である。わずか3.1kmの乗り直しのために往復10時間を費やすほど暇を持て余しているわけではない。苦しいところであるが、致し方ない。


ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 坊主、受難の週末 | トップページ | 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【番外その3】可部線の「復活」新線 »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

駄科駅と言えば、昔国道256号の点線区間を歩こうと企画して、名古屋から高速バスで飯田に行き、路線バスで上町に行って爺さん婆さんと一緒に飯を食うような旅館に泊まり、早朝から点線国道256号小川路峠を抜け、予定していたバスに乗り遅れて駄科駅まで死にそうになって歩き、飯田まで電車に乗って高速バスで帰った思い出がありますよ。

投稿: かわうそくん | 2018/02/19 19:40

飯田線はまだ乗ったことがないんです。
途中駅にはお友だちの実家だという温泉宿もあるらしいので
死ぬまでにぜひ一度は全線乗ってみたいと思っています(笑)
川沿いの線路はテンション上がります♡

投稿: 瑠璃 | 2018/02/19 20:01

飯田線は数回、用事で乗車しましたが
ドクター東海ってしりませんでした;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
私も東京に出てきてから??仕方なく(;´▽`A``
電車利用で行きましたが長野にいたときは
やはりクルマで移動で乗りつぶしでないなら
時間的にもクルマは田舎は必然ですよね(^-^;
途中駅で用事があったとき1台のタクシーをお年寄りと私、おじさんで3人で待ち乗車するのに何時間もかかり
一日がかりで…(ρ_;)
でもステキに飯田線紹介していただきありがとうございましたm(_ _)m 来てみて信州&岐阜

投稿: ゆきぱんだ | 2018/02/25 09:05

 かわうそくんさん、いつもありがとうございます。
 いつもかわうそくんさんの国道探訪を楽しみに読ませていただいていますが、多種多様な国道を制覇するのも命がけですね(笑)
 天竜峡、飯田と飯田線の中間あたりへ向かうには、名古屋方面からだと鉄道はあまりにも不便ですね。公共機関だと高速バス一択ですね。
 10年後にはリニア新幹線であっという間なのでしょうが。

投稿: いかさま | 2018/02/25 23:41

 瑠璃さん、いつもありがとうございます。
 200km弱の路線に90を超える駅があり、線形も悪くて鈍足で、全線制覇すると6~7時間かかるというとてつもなくその筋の方向けの線路ですが、機会があればぜひ足を運んでみてください。できれば全線制覇の方向で(笑)

投稿: いかさま | 2018/02/25 23:44

 ゆきぱんださん、いつもありがとうございます。
 中央自動車道が非常にいい場所を通っていますので、長野の人でも飯田線に乗る機会は少ないのではないでしょうか。それでもたまに乗ってみると意外と楽しいものかもしれませんよ。
 「ドクター東海」は私も初対面でした。在来線版のドクターイエローといったところでしょうが、どこででもお目にかかれるわけではなく、やはり貴重な体験です。

投稿: いかさま | 2018/02/25 23:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【番外その2】天竜峡ミニトリップ:

« 坊主、受難の週末 | トップページ | 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【番外その3】可部線の「復活」新線 »