« 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【番外その1】福井へのリベンジ | トップページ | 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【番外その2】天竜峡ミニトリップ »

2018/02/13

坊主、受難の週末

 先週の金曜日の昼前、「上の坊主が学校のスケート学習でけがをしたから迎えに行ってくる」と嫁からメールが入った。


Img_3265  その前の週末、私は坊主と二人で真駒内アイスアリーナへスケートに出掛けた。スキーに関しては級別1級を持っており私の追随を許さない坊主だが、スケートに関しては未体験でズブの素人である。スケート学習の時にまったく滑れないのは恥ずかしい、ということで、軽く練習してみたいという彼の要請によるものである。
 はじめは氷の上に立つのもおそるおそるだったのだが、ひざや足首の使い方がうまいのか、ものの1時間でなんとか形になった。これが逆にまずかったらしい。なまじ滑れるようになったために、スケート学習では上級の組に入れられ、本人も本人で少々調子に乗ったようである。


 坊主を迎えに行った嫁から、昼過ぎ、「骨折二本。今日手術。入院です」とメール。のちに本人から聞くと、転倒前後のことはよく覚えていないらしく、転んだあとしばし失神していたという。周囲の話では「飛んだ」という表現だったらしいから、おそらく相当加速がついた状態でトゥピック(フィギュア靴の先端のギザギザ)を引っ掛けたのだろうと推測した。
 それにしても相当派手な転倒だったらしく、右の上腕骨2本がポッキリ。即日手術してくれる病院が家から比較的近いところにあったのが不幸中の幸いである。


Img_3268  土曜日には退院したが、腕は当然ながらギプスでがっちり固定され、三角巾で吊られている。指先はかすかに動くが、柔らかいものが触れただけでも痛いと大騒ぎ。数日が過ぎて多少は落ち着いたようだが、痛みと不自由さは傍で見ていても気の毒というよりほかない。


 「こんなことなら練習なんか行かなきゃよかった」と本人は恨み節であるが、そもそも予行演習を求めたのは坊主自身だし、たった1回の練習で上手になった気になって調子に乗った本人にも責任の一端はある
 おまけに、利き腕を骨折したせいで勉強が進まない、とこれまた大騒ぎしているが、これとて骨折前から本人の学習意欲は常に低空飛行であって、骨折とは直接の関係はない。これも自己責任である。


 もっとも、当人がかようなお調子者になってしまったことについては、私の遺伝子が強く作用しているせいでもあり、これについては多少の責任を感じないわけではないが、言えば言ったでまた調子に乗るであろうから黙っておくことにする。



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【番外その1】福井へのリベンジ | トップページ | 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【番外その2】天竜峡ミニトリップ »

日常の旅人」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

無事に手術が終わって良かったですね。
体の自由がきかず、息子さんもいろいろ不安(と痛み)を感じてらっしゃるかもしれませんが、一日も早く回復され元気になりますように…。

投稿: アケ | 2018/02/14 00:20

災難ですね、そういえばHAPPY VALENTINE!チョコは奥様からもらいましたか?スケートは北海道では学校の校庭ですべれるってこの間NHKのこども向け番組でやっていたんですけど、それは一部の寒い地域だけなのな?

投稿: poem | 2018/02/14 15:31

大変でしたね!
・・・というか、息子さんはしばらく大変ですね。
どうぞお大事になさってください。
でも、いかさまさんが自宅にお戻りになってからだったのは
奥さまにとって大きな安心だったのでは?
何はともあれ、一日も早く回復されますように。

投稿: 瑠璃 | 2018/02/14 17:32

くれぐれもお大事にです。
遺伝子・・・そうなのですか^.^;;

投稿: キハ58 | 2018/02/14 22:21

こんばんは。息子さん大変でしたね。
骨折で済んだことに、不幸中の幸い、と思わにゃ仕方がなかですね。
お大事に。

投稿: mitakeya | 2018/02/15 22:08

こんばんは☆
 
あららら・・・。
ご子息、大変な目に遭ってしまいましたね。
でも、手術が無事に終わったようで良かったです。
ケガなのですもの、しばらくは大変ですが 必ず治ります。
早く治りますようにと 祈っていますね。
 
痛いの不自由だのと言うのは 仕方ないですよ~。
何も言わない方がコワイかもですよ(*^ー゚)b
お大事になさってくださいね。

投稿: 花mame | 2018/02/15 22:33

 アケさん、いつもありがとうございます。
 負傷から1週間過ぎ、多少痛みはあるようですが、ごく普通の生活を送っています。慣れない左手を器用に動かして食事をしたりしているのですが、ダラダラした生活だけは以前から変わりません。この辺りが悩みの種です(笑)

投稿: いかさま | 2018/02/19 00:36

 poemさん、いつもありがとうございます。
 道東方面ですとスケート学習がごくごく一般的のようですが、札幌辺りではスキーの方がメジャーで、スケートは少数派です。うちの実家のもう少し奥の学校でも、校庭でスケートをしていましたね。
 バレンタインデーの件ですが、もう10年以上前に虚礼廃止した我が家では無縁のイベントとなっています(笑)

投稿: いかさま | 2018/02/19 00:38

 瑠璃さん、いつもありがとうございます。
 大変な週末になってしまいましたが、私が自宅に戻ってからの出来事で、下の坊主のフォローも含めてそれなりの対処を分担してできたというのは不幸中の幸いだったかもしれません。
 ただ、それでも嫁のストレスは増大しているようで、以前よりも金切り声の頻度が高まっているように感じます。これが単身赴任中だったら、留守宅はどのような様子になっていたか、想像するだけでも身震いします(笑)

投稿: いかさま | 2018/02/19 00:41

 キハ58さん、いつもありがとうございます。
 まさに遺伝子です。この鈍くささ、怪我をいいことに全ての責任をそこになすりつけるずるさ、若き日の自分を振り返ると思い当たる節が多々存在します(笑)

投稿: いかさま | 2018/02/19 00:43

 mitakeyaさん、いつもありがとうございます。
 かなりひどい怪我でしたが、腕の骨折だけで済んだのは不幸中の幸いだったかもしれません。頭でも打っていたら、と思うとぞっとします。以前より賢くなっていた可能性も無きにしも非ず、ですが(笑)

投稿: いかさま | 2018/02/19 00:44

 花mameさん、いつもありがとうございます。
 手術も無事終わり、これで1週間少々経ちましたが、普通に学校にも行き、慣れない左手で自力でやろうというある種の自我が見えることには感心しています。ただ肝心の勉強になると右手どころか左手もまったく動かなくなるのは不思議なことです(笑)
 治ったらちゃんとしてくれるんでしょうかね。

投稿: いかさま | 2018/02/19 00:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584701/66390936

この記事へのトラックバック一覧です: 坊主、受難の週末:

« 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【番外その1】福井へのリベンジ | トップページ | 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【番外その2】天竜峡ミニトリップ »