« 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【番外その2】天竜峡ミニトリップ | トップページ | 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【総括】 »

2018/02/25

2017年秋 北陸・東海乗り歩き【番外その3】可部線の「復活」新線

 前回の続き。

 ※これまでの旅の足跡は⇒こちら


Hiroshima_2  広島市内を走るJR西日本・可部線のうち、可部-あき亀山は、私の未乗区間のうち最も西にある区間である。もともとJR可部線は、横川-三段峡を結ぶ路線で、私は1995年に全線通しで乗車済みであった。当時から電化区間の横川-可部は広島近郊路線として高頻度運転、可部-三段峡は非電化で1日数往復の運転と、可部を境に路線の性格がくっきりと分けられていた。
 2003年、可部-三段峡は乗客の減少を理由に廃止されたが、その後可部周辺の宅地化が進行し、2016年3月、廃線区間を一部復活する形で可部-あき亀山が延長開業された。非常にレアケースで、そういう意味ではすでに乗車済みととらえることもできなくはないが、廃線敷を活用した新線開業と考えれば、もう一度乗車しておいた方が後に禍根を残さずにすむ。


 11月7日、出張の2日目に広島市内のホテルに入った私は、同行の方々との懇親会をすませ、翌8日、朝5時にホテルをひっそりと抜け出した。出張の出発時間は8時半である。仕事前にひと仕事片付けて戻ってくる予定である。


Img_3120 Dscn7089  
 本通電停から路面電車で広島駅へ行き、5時55分発の可部線あき亀山行き普通電車に乗る。真っ黄色に塗られた電車は、国鉄時代から走り続ける115系電車で、3ドア一部ボックスシートの座席配置が昔ながらである。以前は緑とオレンジの湘南色に塗られていたはずで、色が変われば車両の印象もずいぶん変わるものである。残念ながら変化の方向は悪い方向で、塗装の合理化ということもあるようだが、実にセンスがない


 まだ薄暗い沿線は、住宅が並んで都市近郊路線の雰囲気。こちらの列車は空いているが、広島へ向かう対向列車は、本数を重ねるごとに乗客が多くなっていくのがわかる。可部を過ぎると新線区間。まだ真新しい架線柱が立ち並び、立派な線路が伸びている。以前には貧弱な非電化の線路が伸びていた区間とは思えない。沿線には多少疎にはなったものの住宅街がまだ続いており、復活もなるほどと思わせる風景である。


Dscn7091 Dscn7090  
 ようやく宅地が途切れて、6時39分、終点のあき亀山に到着。ホーム1面2線に電留線が2本並んだ広い駅だが、駅舎はいたってシンプルで、自動改札機が2台ぽつんと置かれている。ホームにはすでに数十人の乗客が待っており、到着した電車に吸い込まれる。高校生の姿が多い。

Dscn7092 Dscn7093  
 待ち時間の間、駅の外に出て様子を眺めていると、断続的に自家用車が小さなロータリーに入って来ては高校生やサラリーマンを降ろして去っていく。駅の近くには、かつて三段峡へと伸びていた線路敷が草生したまま残っていた。


 発車数分前に列車に戻ると、4両編成の車内は座席が6割方埋まる状況になっていた。6時50分、広島に向けて出発。停車駅ごとに乗客は増えていき、緑井から先は立ち客も出て混雑はどんどん激しくなっていった。広島着7時39分という時間帯の良さもあるのだろう。延長区間単体で収支が償うのかどうかはわからないが、少なくとも盲腸線の末端区間としてはよく乗っている印象があった。


Dscn7095 Dscn7097  
 私は電車を横川で降り、駅前から路面電車を2本乗り継いで8時過ぎにホテルに戻った。朝食をのんびり食べている時間はなかったが、出発時間には余裕をもって間に合い、私は何食わぬ顔で朝の挨拶を交わし、視察先へ向かうバスに乗り込んだ。


ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【番外その2】天竜峡ミニトリップ | トップページ | 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【総括】 »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

10月23日か11月25~27日でしたら私も広島入りしていましたが…残念です(;´▽`A``
そんな冗談はさておきその短いかなり拘束された時間、条件の中で
サラリとミッションクリアされるいかさまさんに
感銘を受けます
私はビビり??なのでできないと思うので…((・(ェ)・;))
それに朝弱いし(汗)
またいかさまさんの背中追わせていただきます(^_-)~☆

投稿: ゆきぱんだ | 2018/02/28 11:17

ゆきぱんださん、いつもありがとうございます。

そうでしたね。広島の際は行き違いだったようで残念です。
私もどちらかというと朝はあまり強い方ではないのですが、鉄道となるとわりとすっきり目が覚めるのは不思議です。
表現上、さらりと書いていますが、実は朝ちゃんと起きられるかどうか、そして電車が時間通り動いてくれるだろうかと、内心では少々ドキドキしておりました。

投稿: いかさま | 2018/03/04 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【番外その3】可部線の「復活」新線:

« 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【番外その2】天竜峡ミニトリップ | トップページ | 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【総括】 »