« 青函トンネル、満30歳 | トップページ | 2009年世界の旅【83】イギリス(2) ロンドン最大の市場へ »

2018/03/18

2009年世界の旅【82】イギリス(1) 通じなくなった英語

 ちょっとこのところ多忙につき、久々に2009年の海外研修の記事を。
 ここまで81回、日本をスタートしてアメリカに40日滞在し、ヨーロッパへ上陸して、スウェーデン・ノルウェー・イタリア・ドイツ・オランダ・ベルギーと進んでいます。


 これまでの経過は ⇒こちら。


 ベルギーをはじめとする欧州大陸諸国とイギリスとの間には、1時間の時差がある。ブリュッセルとロンドンの間の所要時間は1時間10分であるから、16時10分にブリュッセル国際空港を発ったブリティッシュ・エアウェイズ397便は、見かけ上わずか10分、16時20分にロンドン・ヒースロー(Heathrow)空港に到着する。5度目の時差横断で、日本との時差は9時間になる。深夜1時過ぎだから、家族はもうぐっすり眠っている頃だろう。イギリスはシェンゲン条約に加盟していないため、空港で簡単な入国審査を受ける。


Londontube  空港から市街地への鉄道アクセスは、市街地西部のパディントン(Paddington)駅への「ヒースロー・エクスプレス」と、市街中心を抜ける一般の地下鉄の2種類がある。前回は地下鉄を利用したから、「ヒースロー・エクスプレス」を利用したいところであるが、運賃が高いことと、今日の私の宿泊地が市街中心に近いオックスフォード・サーカス(Oxford Circus)であることから、結局今回も地下鉄ピカデリー線(Piccadilly Line)の小さな電車に乗った。半円形を描く車体に合わせて、乗降ドアもカーブしている。トンネルサイズも小さく、「チューブ(TUBE)」という愛称が非常にしっくりとくる地下鉄である。


Photo  空港アクセスというよりは普通の市中の用務客らしき姿の方が多い電車に30分ほど乗り、グリーン・パーク(Green Park)駅でジュビリー線(Jubilee Line)の電車に乗り換えて1駅、ボンド・ストリート(Bond Street)駅に降りた。上りと下りが別のトンネルになっている。日本の地下鉄に乗り慣れた身には風変わりに思えるが、トンネル径の小さいロンドン地下鉄においては典型的な駅形態である。


Pb074192  本日の宿、「ホリデイ・イン・オックスフォード・サーカス(Holiday Inn Oxford Circus)」は、駅から徒歩5分ほど。いかにも歴史ある洋館風の風格漂う建物が私を迎える。
 まずはフロントでチェックイン。ところが、カウンターの向こうに立つおばさんは猛烈な早口で何やらまくし立て、言っている内容が理解できない。一瞬、この人がしゃべっているのは英語なのだろうか、と疑ったほどである。耳に全神経を集中させながら聞くと、確かに英語らしく、断片的に単語が理解できる。「英語」と「米語」の差もあるだろうし、これまで非英語圏を長く旅しており、英語を母国語としない人々と英語でカタコト会話をしてきたから、リスニング能力が少々劣化しているらしい。


 部屋にバスタブが付いているかどうかの確認に5分、インターネットの利用料確認にまた5分と、時間と労力を消費し、私は疲れ切って部屋へ入った。
 いつものようにバスタブに湯をためようと蛇口を開くと、もうもうと立ち上った湯気が開けっ放しのバスルームのドアからメインルームへと広がった。その途端、部屋の中にベルの音がけたたましく鳴り響いた。猛然と立ち上る湯気に火災報知機が反応したらしい。ベルの音はほどなく鳴り止んだが、音を聞きつけてすっ飛んできたホテルの従業員に事情を説明するのに、またしばらく時間を要することになった。


※参考記事…海外の都市交通事情(7) イギリス・ロンドン【その1】


 延々と、続く。


ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、
ポチっとな

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 鉄道コム

 

|

« 青函トンネル、満30歳 | トップページ | 2009年世界の旅【83】イギリス(2) ロンドン最大の市場へ »

世界の旅人」カテゴリの記事

コメント

ぶっふ~っ(≧∇≦)ごめんなさい笑ってしまいました。
師匠がそんな~ぁ!!私は英語苦手なのでタイで高級ホテルだったのにシャワーの使い方がわからず??あの暑さでシャワーも使えず英語も伝わらずなんでこの料金??みたいでした(その日だけ日本語可のスタッフ不在)あと海外で長く滞在していたとき体調を悪くし病院で極太の注射器をみておしりを出したら腕で…大衆の面前で大恥でした師匠も木からすべることあるのですね(親近感)

投稿: ゆきぱんだ | 2018/03/18 23:26

 ゆきぱんださん、いつもありがとうございます。
 私など木から滑ることがあるどころか毎日滑りっぱなしです(オヤジギャグ含む)。そうやって少しずつ成長していくのです。
 次回海外を旅行した時にはもう少しスマートに対応できるのだろうと思っているのですが、残念なことにその機会がなかなかやって来ません。少なくとも注射器に反応してお尻を出すのだけはやらないように気を付けようと思います(笑)

投稿: いかさま | 2018/03/22 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年世界の旅【82】イギリス(1) 通じなくなった英語:

« 青函トンネル、満30歳 | トップページ | 2009年世界の旅【83】イギリス(2) ロンドン最大の市場へ »