« 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【総括】 | トップページ | 青函トンネル、満30歳 »

2018/03/09

【新幹線札幌駅考】その3 「大東案」で決着へ

 北海道新幹線の札幌駅の位置をめぐる問題が、ここに来てようやく決着に向かおうとしている。


 ≪以前の記事はこちら≫

 新幹線札幌駅考
 その1  その2


Sapporo1
 2012年に認可された北海道新幹線の基本計画において、札幌駅のホーム位置は既存の1・2番線を活用することとされていた(認可案)。しかし、在来線のホーム減少に伴い、既存の列車本数を確保することが困難であるとして、JR北海道は2015年、認可案の他、現駅西側案東側案地下駅案を加えた4案を検討していることを明らかにした。


 地下案については巨額の建設費、西側案・東側案については在来線への乗り換えの不便さと市街地からの遠さなどから反対意見が多く、札幌市議会は2015年に認可案による駅設置を求める決議をおこなっている。
 しかし、2016年、JR北海道は、増加するインバウンド需要に対応した快速「エアポート」の増発を念頭に、在来線ホームが削減された場合の旅客列車への影響を試算し、認可案の実現は困難と報告した。このことが、駅再整備に当たっての先見の明のなさや、ホームの数に対する列車本数の処理能力の低さに対する多くの批判を生んだ。


 今年2月4日におこなわれた関係者による協議の席上、JR北海道は既存ホームの併設案(「認可見直し案」)と、東側案の修正版としてさらにホーム位置を東に移した「修正東側案(大東案)」の2案を提示した。鉄道・運輸機構のホームページにその内容が掲載されている。また、地元の北海道新聞や、専門紙の北海道建設新聞がこの内容を詳しく報じているので、そちらを参考にする。下手くそなイメージ図は参考程度ということで添付。


Sapporo2
 鉄道・運輸機構が推している認可案に修正を加えた「認可見直し案」では、当初計画通り既存の1・2番線の場所に島式1面2線の新幹線ホームを設置する。不足する在来線のホームについては、現駅北側に11番線ホームを増設して9線を確保するとともに、札幌駅構内の信号増設と改良、発寒-発寒中央間に退避設備の新設などにより影響を最小限に食い止めることが可能とした。JRの在来線や地下鉄南北線との乗り換え利便性が高い点は特に優位である。


Sapporo3
 一方「大東案」だが、既存ホームに支障しない場所まで東へ移動させ、相対式2面2線のホームを設置する。これにより在来線ホームは1番線を潰すだけで済み、11番線ホームを増設すれば10線が確保できる。在来線ホームと新幹線ホームが離れて乗り換え利便性が低下する一方、到着ホームと出発ホームを分離することで降車客と乗車客の動線を分離でき、専用コンコースの設置により混雑の緩和も期待される。


 工事費用は大東案の方が55億円ほど高くなるが、差額はJR北海道が負担するとしている。あと3年で資金が枯渇するかもしれないと言われている会社の発言とは思えないが、この点だけ見てもJR北海道が施設拡張性の高い大東案を強く推していることは明白である。


 大東案に対し、高橋北海道知事、秋元札幌市長はいずれも当初難色を示したが、JR北海道は2月9日、道・市に加え鉄道・運輸機構、国土交通省を交えた5者協議の席で正式に提案をおこなった。
 認可案を支持する決議をした札幌市議会の間では、外国人観光客が急増したことなどを背景に、広いコンコースが確保できる大東案に対する容認論が広がりつつある。これを受けて秋元市長も大東案に一定の評価を示し、高橋知事も2月21日の記者会見で大東案に賛意を示した。JRとともに基本計画に携わり、はしごを外された格好の鉄道・運輸機構だけが認可見直し案を推している状況である。


 私個人の思いとしては、在来線ホームと新幹線ホームは近接しているのが望ましいと思う。東京駅での京葉線と新幹線の乗り換えはオーバーにしても、渋谷駅での山手線と埼京線など、ひたすら長距離を歩く乗り換えにいい印象はない。札幌駅の場合、新幹線中央から特急列車が多く発着する5・6番線中央までは210mほどというが、運が悪ければ新幹線10両250m、在来線特急7両140mプラス乗り換え通路で500m近く歩くことになる可能性もある。地下鉄南北線や駅前通へのアクセスも悪い。


 赤字に喘ぐJR北海道としては、新幹線が運んできた乗客をいかに在来線列車に誘導し、輸送改善に寄与させるかということも重要な要素のはずである。だとすれば乗り換えの利便性はもっと重視されてもいいように思う。長距離バスや貸切バスに旅客が流れるようでは面白くない。

 また、JR北海道は在来線列車への影響をまだ気にしているようだが、仮に在来線のホームが9線、場合によっては8線に減ったとしても、先述の信号改良や退避設備の増強に加え、札幌-白石間の複々線を改良して最大限活用すれば、在来線ホームをもっと効率的に使えるようになると、私は今でも思っている。


 3月2日におこなわれた5者協議では、大東案における建設費、乗換対策、既存建物と新幹線線路の近接など、費用面や技術面から課題が提示されたが、JR北海道はいずれも解決可能との姿勢を貫いている。そこまで自信を持てるのならば、認可見直し案についても自信をもってもらいたいように思うのだが、そちらからは熱意はほとんど伝わってこない。
 駅位置に関する方向性は3月中にも決定されるとのことである。


ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【総括】 | トップページ | 青函トンネル、満30歳 »

JR北海道経営問題」カテゴリの記事

コメント

北海道新幹線がたとえ札幌まで開通したとしても、愛知県民ならよほどの理由がない限り飛行機でしょうけど、雪とか悪天候には強いので保険としてあるといいかなといった感じでしょうか。まあそれはともかく、リニアの名古屋駅工事も談合があったように、こちらもそういった臭いを感じるような決定ですね。

投稿: かわうそくん | 2018/03/09 20:18

札幌駅は地方ではかなりの頻度でお世話になり…高所恐怖症の私は飛行機より新幹線で北海道に行きたいのが実情なのですが…
知人のご子息がJR北海道にお勤めなのであまり言えませんが
札幌駅何度も行きましたが??恥ずかしい話、構内でも地下でもよく迷ってしまい駅近ホテルや店が…ぐるぐる(汗)
わかりやすくなっていただけるのが観光客としての願いですm(_ _)m
いかさまさんの達成のお祝いの際には
駆けつけたいと思いますが…ご来賓の方たくさんでしょうけど??抽選だけはやめてくださいね(くじ運悪いので)
あとサイン入り時刻表投げずに手渡しで私に下さい(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

投稿: ゆきぱんだ | 2018/03/11 10:54

 かわうそくんさん、いつもありがとうございます。
 最高速度やダイヤ設定にもよりますが、札幌開業となった場合に東京ならば新幹線も選択肢に入るでしょうが、愛知からだと少々選択肢にはなりにくいですね。私自身もやはりメインは飛行機利用になるのかな、と思います。
 大東案決定の背景には、認可案だと現在営業中の商業施設の一部を撤去しなければならず、JR北海道にとっての貴重な収入源が失われるという理由があると聞こえてきています。なんともコメントのしようがない話ですね(笑)

投稿: いかさま | 2018/03/13 23:54

 ゆきぱんださん、いつもありがとうございます。
 私は現状の札幌駅は大都市の駅としては比較的使いやすい方ではないかな、と思っているのですが、遠来の方から見るとまた違った見え方になるのでしょうね。私などは名古屋駅とその周辺地下街という複雑怪奇の権化みたいなものに接してきましたから、易しく思えるのかもしれません。
 私の大願成就の際にはお待ちしております。来賓などいません(笑)。私の周囲に、鉄道趣味をそれほど理解してくれる人が果たしてどれだけいるのか。ある意味興味はありますが(笑)

投稿: いかさま | 2018/03/13 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【新幹線札幌駅考】その3 「大東案」で決着へ:

« 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【総括】 | トップページ | 青函トンネル、満30歳 »