« JR北海道「維持困難線区」は何処へ【7】石北本線(その3) | トップページ | 2009年世界の旅【90】フランス(2) ヨーロッパ最後の日本料理 »

2018/05/30

2009年世界の旅【89】フランス(1) 消えた手帳と狭い部屋

これまでの経過は ⇒こちら。


 列車の中で私は時計の針を1時間進めた。イギリスとフランスの時差は1時間、私の時計は14時台をスキップして一気に15時になった。


 ロンドンから2時間27分の旅の終点は、パリ北駅(Gare du Nord)。行き止まり式の地上ホームは自然光が差し込んで明るく、ミラノ中央駅やロンドン・パディントン駅同様、櫛歯のようにホームがずらりと並んでたくさんの列車が休んでいる。駅の案内放送の、女性がささやくようなチャイムの音も懐かしい。


 簡単な入国手続きを受けてコンコースへ出ると、大学時代のバイトの後輩、S君が直立不動で待っていてくれた。今日、明日と私の案内を引き受けてくれている。S君は北大を卒業後、フランスに渡り、現在、パリの大学で研究を続けている。アムステルダムのJ君も含め、私たち3人は同時に同じバイト先にいた仲間である。


 数年ぶりの再会を祝し、まずは駅コンコースにあるカフェでお茶を飲みながら、今日・明日の行動予定について確認することにした。事前のやりとりで、私はS君に、世界遺産のモン・サン・ミッシェル(Mont Saint-Michel)に行きたい、という希望だけは伝えてある。S君はその希望を軸に、行動予定を考えてきてくれているらしい。


 S君が教えてくれる行程をメモしようとして、上着のポケットの中に手を突っ込み、私は背筋がすっと寒くなるのを感じた。ポケットに入れておいたはずの手帳が消えており、ボールペンだけが残っている。この話は以前にブログで書いた。

「いかさまトラブラー【6】忘れ物・なくし物編(4)」


08101038  気分はそぞろであるが、悩んだところで手帳が飛び出してくるわけでもなく、私たちは北駅からメトロ(地下鉄)4号線の電車に乗った。ロンドンのチューブ同様小さな車体だが、こちらは角張った電車で、札幌市の地下鉄と同様にゴムタイヤで走行する。おまけに手動ドアである。
 前年の経験から、乗換駅のシャトレ(Chatelet)のホームに電車が止まるやいなや、ドアについているノブをくるりと半回転させると、ドアがバガン、という音とともに開いた。他のドアからはすでに客がばらばらと降りている。


 1号線に乗り換えて1駅、ルーヴル・リヴォリ(Louvre Rivoli)駅で下車。ひとつしかない出口を出て、S君の案内に従って歩くと、ほどなく今日から3日間の宿、「ベスト・ウェスタン・プレミア・ルーヴル・サント・ノーレ(Best Western Premier Louvre Saint Honore)」という長ったらしい名前のホテルにたどり着いた。2車線の狭い道路に面したホテルで、店やビルに挟まれて狭苦しげに建っている。
 フロントで、例によってバスタブつきの部屋を所望するが、満室らしい。明日になれば空くとのことだが、部屋をいちいち移動するのも面倒だから遠慮しておいた。インターネット接続は、やはり有料である。


Pb084211  小さなエレベーターに乗って2階へ行くと、エレベーターホールの周りに数室あるだけの、非常に小さなつくりである。
 指定された部屋のドアを開け、中へ入って驚いた。これまで宿泊してきたどのホテルの部屋よりも小さい。昨年宿泊したパリ東駅近くのホテルと比べても、3分の2程度の広さしかない。3泊7万円と、これまでの宿泊料の中では最も大きな金額を投資しているが、日本の1泊5,000円のビジネスホテルにも劣る。ルーブル美術館・オペラ座至近という立地条件ではこの値段でも「下」ということか。あまりの狭さに言葉を失った。


 かろうじて確保できたスーツケースの置き場で荷物を広げ、ビジネスバッグの中も含めて手帳がないことを再確認する。それからパソコンを取り出し、S君の助けも借りながら、ロンドンのホテル、バーバリーショップと思い当たる節にSkypeを使って片っ端から電話する。結果はいずれもそれらしき落し物はないとの返事である。セントパンクラス駅だけは、遺失物の電話受け付けは行わないらしいので、Eメールで遺失物の照会をしておく。
 これまで苦手にしてきた電話でのやり取りであるが、自分でも驚くほどスムースにできている。英語力の向上というよりは、人間、危機的状況に陥れば、案外、このくらいの力は発揮できるのかもしれない。



 延々と、続く。


ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、
ポチっとな

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 鉄道コム

|

« JR北海道「維持困難線区」は何処へ【7】石北本線(その3) | トップページ | 2009年世界の旅【90】フランス(2) ヨーロッパ最後の日本料理 »

世界の旅人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年世界の旅【89】フランス(1) 消えた手帳と狭い部屋:

« JR北海道「維持困難線区」は何処へ【7】石北本線(その3) | トップページ | 2009年世界の旅【90】フランス(2) ヨーロッパ最後の日本料理 »