« 2009年世界の旅【93】フランス(5) モン・サン・ミッシェルの1日・その2 | トップページ | さようなら、歌丸さん »

2018/07/01

2009年世界の旅【94】フランス(6) モン・サン・ミッシェルの1日・その3

これまでの経過は ⇒こちら。


Pb084274 Pb084226 
 土産物屋に立ち寄ったり、その庭先からモン・サン・ミッシェルを見上げたりしながらバス乗り場まで戻ると、皮肉なことに天気は薄陽が射すような状態で安定しはじめている。ドル・ドゥ・ブルターニュ行きのバスまではまだ30分以上時間がある。私は煙草を吸ったり、トイレに行ったりして時間を潰した。


 入口近くにあるトイレで、日本人の観光客に遭遇した。大柄で禿げ頭のおっさんは、パリからツアーバスでここまで来たのだと関西弁で言った。およそ4時間の所要だという。早朝から長時間かけてご苦労様ですね、と言っておいたが、よくよく考えると、私たちもホテルを出てから到着までは4時間半を要している。おっさん達はこれからバスに乗り、20時頃には市内のホテルへ着くのだろうが、私のホテル帰着は乗り継ぎ時間の関係もあり、21時を過ぎる見通しである。


 16時10分発のバスで、モン・サン・ミッシェルを後にし、ぴったり30分でドル・ドゥ・ブルターニュ駅に到着した。このバスは、16時55分発の直通TGVに接続し、パリ・モンパルナス着は19時55分となるのだが、今朝の段階でもこの列車は満席になっており、チケットを入手できていない。
 私たちは最後のチャンスを求めて駅の窓口へ行った。田舎町の小さな駅だが、感心なことに窓口には駅員が座っている。窓口の脇に貼られた案内には営業時間が書かれており、終日常駐ではないらしい。年季の入ったおっさん駅員に、所望の列車を告げるが、空席が出た様子はなく、やはり満席だった。


 Pb094278レンヌ行きの普通列車は17時33分発である。駅のホームでぼんやりしていると、右手からローカル列車がやってきて停まった。ロケットか砲弾のようなフォルムのたった1両の列車で、パンタグラフがないからディーゼルカーらしい。
 ほどなく左手方向から私たちが乗りたかった直通TGVが姿を現した。ざっと車内を見る限り、4割から5割は空席があるように見受けられるが、途中駅から乗客があり、満席になるのだろうか。私たちと一緒にバスでここまで来たわずかばかりの客が乗り込んでいく。恨めしげに見送った列車のテールが、どこか私を馬鹿にしたように走り去っていった。


 さらにそれから30分以上待って、ようやくレンヌ行きの列車がやって来た。一見すると路面電車のような小振りな2両編成の電車が2編成つながっている。車内に入ると、大きな鞄を持った旅行者を中心に、8割方の座席が埋まる盛況である。何とか座席を見つけて座ると、S君も疲れたのか、もともと少ない口数がさらに少なくなる。私は例によって数独の本を広げて問題に取り組んだが、ほどなく欠伸が止まらなくなり断念した。
 レンヌ駅での待ち時間に、私は銀行ATMでユーロを引き出し、夕食用に駅構内の売店でパンとコーヒーを買い込んだ。それを持って18時35分発のTGVに乗り込み、ひたすら食べた。窓の外はもうすっかり暗くなっており、手持ちの食料を食べ尽くしてしまうと、あとは寝るしかすることがなくなった。



 延々と、続く。


ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、
ポチっとな

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 鉄道コム

|

« 2009年世界の旅【93】フランス(5) モン・サン・ミッシェルの1日・その2 | トップページ | さようなら、歌丸さん »

世界の旅人」カテゴリの記事

コメント

TGVの方が個人的にはフランス国鉄が誇る高速鉄道でメタリックとブルーの塗装が速そうで独自の雰囲気だと思っていましたが(でも短かい)イヌイはライバル日本の新幹線を意識しているのか??ボディー強化なのか??名前的にも見た目もTGVの方が速そう??
モン・サン・ミッシェルってお恥ずかしいのですが
名前しか知らなかったのですが師匠の記事で初めて調べ
もう海外は行くことないと思っていましたが
どきゅんと来ました全景だけを見て良いと思ったのですが師匠はどうでしたか??
まあ現実は日本も課題が残っていて夢と終わりそうですけど…(;´▽`A``

投稿: ゆきぱんだ | 2018/07/03 10:46

 ゆきぱんださん、いつもありがとうございます。
 TGVの編成は新幹線と比較すると短いですが、私が乗った大西洋線の列車は、2方向へ向かう列車を併結しているので堂々たる長さです。東北新幹線の「はやぶさ」「こまち」みたいな感じですね。
 モン・サン・ミッシェルは、私にとっても衝撃的な風景でした。遠くから見るときれいなのはいずこの歴史的な建物も同じですが、ここは建物を取り囲む門前町の様子がとりわけ印象的でした。一度お出かけになってみては?

投稿: いかさま | 2018/07/05 01:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年世界の旅【94】フランス(6) モン・サン・ミッシェルの1日・その3:

« 2009年世界の旅【93】フランス(5) モン・サン・ミッシェルの1日・その2 | トップページ | さようなら、歌丸さん »