« 北海道胆振東部地震の後遺症【2】 物流と情報 | トップページ | 2018年8月 鉄道全線完乗への旅【4】「リゾートしらかみ」に憩う »

2018/09/24

2018年8月 鉄道全線完乗への旅【3】23年ぶりの五能線

 少し間隔があいたが、続き


Dscn0693
 11時少し前、追分駅のホームに立つ。男鹿方面から、赤と青に塗られた近代的な列車が入ってきた。折りたたまれていたパンタグラフが、私の目の前で起き上がり、架線に届く。
 EV-E801系という蓄電池式の電車で、電化区間ではパンタグラフ集電、非電化の男鹿線では蓄電した電力で走るという変わり種である。1日3往復だけではあるが、2年前、国鉄型ディーゼル列車1色だった男鹿線は、男鹿駅がこの7月に新築移転したこともあり、装いを改めている。


 この男鹿線を再び訪れるという選択肢もあったが、完乗に向けての最後の1日を、いろんなことを考えながらのんびり列車に揺られるには、片道30分ほどの旅は少々短い。かといって、まっすぐ青森に向かうのも芸がない。
 反対側のホームに、五能線経由の弘前行き快速「リゾートしらかみ3号」が入ってきた。奥羽線をまっすぐ普通列車で走れば2時間あまりのところ、この列車は4時間45分かけて走っていく。秋田行きのフェリーを予約した時から、私は最後の1日をゆだねる列車をこれにしようと決めていた。最後尾、1号車の指定席に乗り込む。11時04分、発車。


Dscn0696 Dscn0698 
 「リゾートしらかみ」は、この時期1日3往復。専用車両が3本用意されており、この日の3号は、白いフェイスに青いボディの「青池」編成。ハイブリッドシステムを採用したHB-E300系の4両編成である。
 車内は1列+2列のリクライニングシートがゆったりとした感覚で並んでいる。背もたれも深々と倒れ、びっくりの快適空間である。頭上にはモニター装置もあり、全面展望の映像も楽しめる。特急列車のグリーン車にしてもいいくらいだが、快速列車の普通席なので、追加料金は運賃の他に520円の指定席料金だけである。ざっと見たところ、6~7割の座席が埋まっている。


Akita Dscn0704
 追分から東能代までは助走区間。単線だが電化された立派な線路を快調に走る。11時45分、東能代着。ここで9分停車する。駅前を軽く眺めてから売店で食べ物を買い込み、再び列車に乗り込む。
 東能代からは進行方向が逆になり、私の乗っている1号車が先頭になる。秋田方面へ向かって出発して、左に奥羽本線を分ける。五能線は大きく湾曲する米代川を抱き込むように右へ大きくカーブして、能代に着く。列車はここで17分停車する。

Dscn0707
 能代駅のホームでは、バスケットボールのフリースローチャレンジがおこなわれていた。高校バスケットの常連校である能代工業高校のお膝元で、「バスケットの町」として町おこしをしているらしい。商品目当てにチャレンジしてみたが、私の投げたボールはリングにガツンと当たってゴールを外れた。「リゾートしらかみ」のステッカーが参加賞として受け取り、改札口へ向かう。背後で時々、「おーっ」と歓声が上がった。

Dscn0710
 私が五能線に乗ったのは、1995年、日本一周旅行の途上であった。その時、東能代からひと駅だけの普通列車で能代に降り、駅前にあったパチンコ屋で1時間ほど潰した。
 それから23年、私は停車時間中に駅前をふらついてみた。駅前の風景にはなんとなく覚えがあるのだが、この辺りかと当たりを付けてみた場所にそれらしきパチンコ屋は見当たらなかった。生まれたばかりの子供が社会人になろうというだけの時間が過ぎているのだから仕方がないかもしれない。変わらないのはそれ以前からずっと鉄道にこだわり続けている私の精神年齢だけである。


続く。

ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチッとな。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道コム

|

« 北海道胆振東部地震の後遺症【2】 物流と情報 | トップページ | 2018年8月 鉄道全線完乗への旅【4】「リゾートしらかみ」に憩う »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

五能線乗車したのも最近のような気がしていましたが
あっという間に時は過ぎていたのにも気づきませんでした(;´Д`A ```

能代駅のバスケのシュート
リゾートしらかみ乗車の際チャレンジしましたが
まったくダメで
あとでお知り合いになって一緒に話をしていただいた方は
お二人とも成功??記念品をいただいたとの事
虚しい思い出です(^_^;

話は逸れますが都内スーパーにも北海道牛乳や新さんまなど通常価格で店頭に並ぶようになり…
少しは流通も普段に戻りつつあるのかな?と
安堵しています。
師匠はまだお忙しいでしょうからご自愛されて下さい

投稿: ゆきぱんだ | 2018/09/25 05:35

能代駅、6月行ったときに、ゴールしました!
沿線も催しも楽しい、五能線ですね^.^/

投稿: キハ58 | 2018/09/26 22:25

 ゆきぱんださん、いつもありがとうございます。
 私も多少の自信はあったのですが、結果的に公衆の面前で恥ずかしい思いをすることになりました(笑)記念のステッカーはもらえましたが、貼る場所もないので困っています。

 生活や仕事の方はほぼほぼ落ち着いていますよ。節電要請も解除になりました。お気遣いありがとうございます。

投稿: いかさま | 2018/09/28 11:16

 キハ58さん、いつもありがとうございます。
 見事にゴールを決められたのですか。羨ましい限りです。
 23年前は地味なローカル線という印象しか残りませんでしたが、たくさんのリゾート列車が往来して乗り降りも多く、全く別の路線のような印象でした。これが普通列車での旅だったらまた違った印象になったのでしょうか。

投稿: いかさま | 2018/09/28 11:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584701/67200885

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年8月 鉄道全線完乗への旅【3】23年ぶりの五能線:

« 北海道胆振東部地震の後遺症【2】 物流と情報 | トップページ | 2018年8月 鉄道全線完乗への旅【4】「リゾートしらかみ」に憩う »