« 2018年8月 鉄道全線完乗への旅【7】 北海道新幹線でJR制覇(2) | トップページ | 鉄道完乗こぼれ話【1】 「鉄道完乗」の対象とはそもそも何か »

2018/10/21

JR北海道「維持困難線区」は何処へ【8】札沼線末端区間、廃止へ

 10月13日付北海道新聞は、JR北海道が提案していた札沼線・北海道医療大学-新十津川(47.6km)の廃止・バス転換について、沿線4町長が受け入れることで合意したと報じた。正式な調印は年内におこなわれ、早ければ2019年内、遅くとも2020年3月までには廃止となる公算が高くなった。


 同区間の近況については、以前の記事にまとめてあるのでそちらを参照願いたい。

 ⇒「JR北海道『維持困難線区』は何処へ【3】札沼線末端区間

Sassho 記事によると、同区間を廃止する見返りとしてJR北海道から提示された条件は、代替バスの運行に係る自治体負担額の20年間交付、鉄道用地の無償譲渡、北海道医療大学駅バスターミナルの整備、これに加えて存続区間である札幌-北海道医療大学の直通列車の運転本数大幅増などとなっている。代替バス運行支援の内容は、先に廃止が決定した石勝線夕張支線とほぼ同等である。


 この区間の廃止は、JR北海道の維持困難線区としては、複数の市町村にまたがる路線では初のケースとなる。当別・月形・浦臼・新十津川の4町は、それぞれの町が抱える事情や旅客流動に差があり、全線通しての代替バスは設けられず、区間流動に函館本線の主要駅へのアクセスを組み合わせた体系になる見通しで、これまたレアケースである。


 また、当別町の場合は町域内での足を確保する必要がある一方で、存続区間である札幌方面への利便性を向上させたいという思惑もあったのだろう。4町の中で最後までJRとの協議がずれ込んでおり、結果として存続区間の運転本数の大幅増を勝ち取った。おそらくこうした状況の違いから、廃止の是非や見返り条件について4町の間で相応の温度差があったことは想像に難くない。


 今回の札沼線末端区間の廃止決定は、2月のフォローアップ会議で「他の交通機関との代替も含め」とされた留萌本線、日高本線(鵡川-様似)、根室本線(富良野-新得)の今後の動きにも影響を及ぼすのは間違いない。日高本線、根室本線については、11月をめどに方向性や路線の在り方を検討、協議するとなっており、留萌本線でも今後沿線自治体とJRが個別の意見交換をおこなう見通しである。


 深川市長、様似町長のコメントも載っており、いずれも「事情は違うし影響はない」とのコメントである。確かに「バス転換も視野に」とフォローアップ会議の報告段階から白旗モードの札沼線とは事情は違うが、一方で日高本線と根室本線は災害のため現時点で列車が走っていないという別の異なる事情も抱えている。いずれも輸送密度が200人に満たない線区であり、沿線自治体の方々には怒られるかもしれないが、札沼線の状況を横目で睨みながら、どこで条件交渉に持ち込んでいくかを伺っているように思える。


 JR北海道は、台風21号および北海道胆振東部地震による運休による減収を、9月中だけで14億円に上ると発表している。2017年度の決算は経常損失106億円と発足以来最悪の赤字となった。これに対し国は2か年総額400億円の支援措置を講じる。JR自身も来年10月に運賃値上げを実施し、約40億円の増収を見込む。


 それでもJR北海道は黒字化しない。5年後の収支予測では連結ベースでも43億円の当期純損失となるらしい。北海道新幹線の札幌延伸後には収支均衡を目指すとしているが、現段階ではその北海道新幹線が年間103億円の赤字を生み、経営の足かせとなっている。自治体はともかくとしてほぼ他人事のような道の温度感、先の見えない国の支援措置、値上げ検討の一方で割引拡大による目先の旅客獲得に走るJR。すべての動きが一体感を出せずにちぐはぐな感じを受けるのは私だけだろうか。

ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチッとな。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道コム

|

« 2018年8月 鉄道全線完乗への旅【7】 北海道新幹線でJR制覇(2) | トップページ | 鉄道完乗こぼれ話【1】 「鉄道完乗」の対象とはそもそも何か »

JR北海道経営問題」カテゴリの記事

コメント

月形は当別方面への需要があるものの、並行する道路事情や利用者数を考えると、別に鉄道である必要はない。また、浦臼は奈井江、新十津川は滝川へ抜けて函館本線を使った方がはるかに便利だ。

そもそも札沼線のルート自体が沿線の旅客流動に全く合致していないのだ。利用実態にそぐわないものである上、各町村同士の繋がりらしい繋がりもほとんどない以上、札沼線のルートに沿うようにそっくりそのまま代替バスを走らせたところで利用は見込めず、何の意味もない。だから、月形は当別、浦臼や新十津川は奈井江や滝川との接続を重視してバス路線を用意する、という結論になった。

日高本線にしても、鵡川や日高門別あたりまでは苫小牧との繋がりを意識して存続を主張しているが、苫小牧から遠く、高速バスで札幌に行ける浦河や様似は、苫小牧よりも札幌との繋がりを意識していて、日高本線の存続よりも日高自動車道の早期延伸の方を望む傾向がある。そういった実態をしっかりと把握した上で、それらに合致した交通体系を真剣に考えていかないと。

投稿: 龍 | 2018/11/03 00:24

 龍さん、コメントありがとうございます。
 まさに龍さんのお見立て通りだと思います。昔はともかく、近年では道内主要都市の地位が人口減少とともにだんだん低下していて、地方の多くの市町村の流動は札幌を志向する傾向が高まっているように感じます。域内流動は通学と通院が主流だろうと思いますが、これだけでは鉄道を維持するのは正直厳しいでしょう。小単位の輸送ができるバスをうまく活用していくのが正解だと思いますが、こちらも運転手不足がこのところ顕著になっていると聞きます。不安要素ですね。

投稿: いかさま | 2018/11/04 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR北海道「維持困難線区」は何処へ【8】札沼線末端区間、廃止へ:

« 2018年8月 鉄道全線完乗への旅【7】 北海道新幹線でJR制覇(2) | トップページ | 鉄道完乗こぼれ話【1】 「鉄道完乗」の対象とはそもそも何か »