« 初雪と冬の思い出 | トップページ | 新函館北斗駅の憂鬱 »

2018/11/26

鉄道完乗こぼれ話【3】 鉄道完乗に要した期間

 一般の方と話していてよく聞かれることは他にもあり、多いのは「何年くらいかかったんですか」というものである。これも人それぞれで一般化できる話ではないのだが、あくまで私の場合、ということでお話をさせていただく。


 いかに私が鉄道が好きであっても、年に何回も遠征を重ねてひたすら鉄道に乗れるほど、時間的にも経済的にも余裕があるわけではない。まして18歳以降、私は北海道に住んで、遠くの鉄道に乗りに行くための距離的ハンデを抱えている。
 おそらくすべてを投げうってひたすら乗り歩けば、半年もあれば日本の鉄道全線制覇できるのではないかと思うが、私の場合、乗車記録を取り始めて以降、完乗を達成するまでには31年と4か月半を費やしている。


 私が乗車記録として自分で認定しているのは、1987年4月1日以降、すなわち国鉄分割民営化以降の乗車である。このルールに従うと、最も古い私の乗車記録は、1987年6月6日、JR東海中央本線・土岐市→名古屋、43.2kmになる。私は中学3年生、この乗車は日光・東京への修学旅行でのものだった。この時はその先、東海道新幹線、東武伊勢崎・日光線と列車を乗り継いでいる。0系新幹線の回転しない3人掛け座席、まだジュークボックスが残っていた東武DRCなどをよく覚えている。


 もちろん、これより以前に乗った鉄道がないわけではない。中央本線の土岐市-名古屋間などは幼い頃から何度も乗っているし、家族旅行で乗った名鉄パノラマカーや近鉄特急、新幹線の0系食堂車などの印象は非常に鮮烈である。
 だが、これとてどこかで線引きをしないと、古い記憶を掘り出していくのは非常に難しい。たまたま私の場合は、ちょうど鉄道の乗り歩きを志した時期に国鉄分割民営化という、日本の鉄道にとっては一大トピックとなる出来事が起こっていたから、それを起点として記録を整理することにしたのである。


 したがって幼少期に乗った路線はすべてそれ以降に乗り直している。また、修学旅行で乗った路線も、その後何度か乗車している。一度乗った路線に別の旅の途上で再度乗車するなどということは珍しいことではなく、新幹線やJRの主要な幹線などはたいがい複数回乗車している。


 ではそういう視点から、私が最後に乗ったのが最も古い路線を拾ってみると、1988年2月11日、愛知環状鉄道・八草-新豊田になる。この区間は後にも先にもこの時乗ったっきりである。それ以前の路線はその後何らかの形で再度乗っている。したがって、私がよく質問される「全部乗るのに何年くらいかかりましたか?」という質問に対する最も正確な答えは、「30年半」ということになる。


 全線完乗達成が目前に迫ったころ、私はこの「偉業」を、せめて平成が終わるまでに達成しよう、と考えていた。幸い、この目標は達成されたのであるが、そこに至る過程の中で、ふと、乗車記録のスタート時点を1987年でなく、1989年1月8日、すなわち平成最初の日として、平成の30年間ですべての鉄道に乗ったという整理にできないか、と考えたことがある。


 その時、昭和時代に乗車済みで、平成以降乗った記録がない路線がどのくらいあるかを再度確認してみたが、思った以上に多く、360kmほどあった。先の愛知環状鉄道の他にも、JR東日本磐越西線(郡山-会津若松)、飯山線、JR東海飯田線、東武鉄道鬼怒川線、野岩鉄道など、けっこう各地に点在している。
 これらの路線に乗り直すためには、さらにあと1回、余計に旅をしなければならない。時間的な問題もあるが、今年は2度の遠征で懐が例年になく寂しい状況になっている。破産の危機に瀕してまでも急いで乗り直すほどの理由はない


 繰り返すが所詮は趣味であり、マイルールである。




ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチッとな。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道コム

|

« 初雪と冬の思い出 | トップページ | 新函館北斗駅の憂鬱 »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

私事ですが、愛知県に住んでいたのにどうして東京で就職したかというと、仕事の内容よりも何よりも関東の鉄道路線が毎週乗りに行けるし、東北にも行きやすいからという安易なモノでした。工場勤務でお盆や正月は1週間休みだったので、毎年周遊券で全国周りました。一度はJR私鉄全線制覇しましたが、仙台地下鉄、北海道新幹線、松島連絡線など・・・まだまだ楽しみは続きますね。

投稿: かわうそくん | 2018/11/27 20:24

 かわうそくんさん、いつもありがとうございます。
 返信が遅れて申し訳ありません。
 周遊券があった時代は懐かしいですね。乗り得なきっぷだっただけでなく、現地へ行ってから予定の変更が簡単にできるのも、特急列車や急行列車の自由席が使えるのも魅力でした。若いころ、何度も使いましたが、なくなってしまったのがなんとも残念です。
 乗りつぶしの方は、私も現状は一息ついていますが、来年の3月にはまた新線開業もあり、一時的にタイトル返上となりそうです。

投稿: いかさま | 2018/12/02 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584701/67389848

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道完乗こぼれ話【3】 鉄道完乗に要した期間:

« 初雪と冬の思い出 | トップページ | 新函館北斗駅の憂鬱 »