« 貨物線を走る旅客列車~「ホリデー快速あたみ」 | トップページ | 鉄道完乗こぼれ話【3】 鉄道完乗に要した期間 »

2018/11/22

初雪と冬の思い出

 日照不足に低温、台風に豪雨と、今年1年実にいいことのなかった北海道の天候であるが、今度は冬の訪れの遅さが話題になっている。


 札幌では11月20日、ようやくちらちらと雪が舞った。平年の初雪は10月28日であるから、実に23日遅い初雪である。「降った」というにはあまりにも少なく、よく目を凝らしていないとわからない程度だったのだが、その日の深夜にいくらか降ったらしく、昨21日の朝には5cmほどの湿った雪が道路を覆っていた。これも南区の我が家周辺の話で、中央区の職場近くまで行くと、道路は湿っている程度で、ところどころの植え込みの陰に残る白いものが、降雪の痕跡だけを示していた。
 昨年の今頃にはすでに積雪になっていたような記憶があり、ずいぶんとのんびりしているが、これから先、降って融けて、を繰り返しながら徐々に街の中が白とグレーのモノトーンの中に沈んでいくはずである。


 高校3年生までを岐阜県の田舎で過ごした私は、雪とは全く縁がないわけではなかったが、真冬でも湿った雪が朝いくらか積もっていて、それが日中にはきれいに融けてなくなってしまう、というような感じであった。ちょうど昨日の札幌のような状態である。
 そういう私が北海道に住むようになってもう28年目になるのだが、初めての年、街を一面に覆うふわふわとした雪には、少なからず感動した記憶が残っている。


 ある日の夜、ワンルームマンションの自室で漫然とテレビを見ていた私は、外で響く、ゴワゴワゴワ、という音に気付いた。中通りに面して建っている私のマンションは日中でも車通りが少なく、大型車などほとんど通らないから、珍しい低音の響きである。
 窓のカーテンを開けると、ガラスの向こうで黄色の光が短い間隔で強くなったり弱くなったりを繰り返していた。私は反射的にカメラを握って部屋から外へ出た。


 マンションの前の道路では、大きな羽根のようなスノープラウを付けた大型車が、黄色の回転灯を回しながら、道路に積もった雪を路肩に寄せる作業をしていた。私は、これがうわさに聞いていた除雪車か、と感動して、カメラのシャッターを切った。その写真は手元に残っておらず、実家方面の友人か誰かに「すごいだろう、これが除雪車だぞ」というようなテンションで送りつけたような記憶がある。雪に埋もれた冬を送ったことのない私にとっては、それほど衝撃的な光景だったのである。


 それから27年、旭川、岩見沢という積雪地帯での勤務を経て、札幌に居を構えた私にとっては、雪は私の休日の体力を著しく消耗させる敵以外の何者でもなくなった。そうでなくても体力の低下が目立つ昨今、深夜眠っているときに外で除雪車が働いている音が聞こえてくるだけで、ああ、また朝になったら肉体労働か、と憂鬱な気分になる。


 だが、一方で大量に降った雪が、決して水不足を招かない夏の札幌の生活を支えている。畑の上に降り積もった雪は冬の厳しい寒さから土を守り、翌年の農作物の生産の礎となる。生活するにはしんどいが、北海道にとってはなくてはならない季節、長い冬が、今年もまたやってくる。



 

ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチッとな。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道コム

|

« 貨物線を走る旅客列車~「ホリデー快速あたみ」 | トップページ | 鉄道完乗こぼれ話【3】 鉄道完乗に要した期間 »

日常の旅人」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!

雪国育ちの私は、冬は雪との
戦いです。除雪車の後の除雪、
車の除雪、凍結他色々ありです。
昔よりは降らなくはなりましたが、
今年初めの雪は半端なく凄かったです
雪の降らない地方の方には、
あまりわからないかもですね。
ゆえに、春が待ち遠しいです。
でも、この季節を少しでも楽しもうと晴れの日には
低山に出かけたりしています。

投稿: aoi | 2018/11/22 07:11

 aoiさん、コメントありがとうございます。
 雪の少ない本州で育った私も、すでに北海道生活の方が長くなってしまいましたので、aoiさんのお気持ちは痛いほどわかります。特にあの雪を運ぶ、という作業の、想像以上のしんどさですね。全身筋肉痛がひと冬続く感じです。
 待ち遠しい春も、もう少し踏ん張ってほしい秋も、一瞬にして過ぎていく、それがここ最近の北海道の傾向ですが、それも「らしさ」かもしれません。

 寒さがどんどん増してくる時期、山歩きも体調に留意されて楽しんでくださいね。

投稿: いかさま | 2018/11/26 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初雪と冬の思い出:

« 貨物線を走る旅客列車~「ホリデー快速あたみ」 | トップページ | 鉄道完乗こぼれ話【3】 鉄道完乗に要した期間 »