« 親子です。 | トップページ | 年の瀬の出来事~爆発事故に思う »

2018/12/10

鉄道完乗こぼれ話【4】下世話な話ですが、お金。

 鉄道乗りつぶしの話に関してもうひとつよく聞かれる、というか、興味を持ってくれた人の大半が気になるらしいのが、「いくらかかりましたか?」という費用面の話である。実は私もその点については非常に気になっているのだが、実際のところいくらくらいかかったのか、ということを精査したことはない。


 そもそもこの話については、どこからどこまでを費用とみるか、など、難しい話が多い。前回の修学旅行の話がそうだったように、私がこれまでに乗車した鉄道の中には、私の意思と無関係に乗ったところや、出張の結果乗車済みになったところ、あるいは出張や家族旅行などの際に「ついでに」乗ったところも多い。当然そこへ行くまでには費用も発生しているわけだが、少なくとも飛行機代に関する限り私が身銭を切っているわけではない。


 その飛行機代にしても、ここ何年かの大半の遠征については、貯めたマイルで交換した「特典航空券」で飛ぶことが多い。もちろん、そのために私は、単身赴任時代の公共料金の支払から、コンビニでのこまごました買い物に至るまで、ありとあらゆる場面でカードを駆使し、しこしことマイルを貯めてきた。ボーナスマイルを貯めるために余計な年会費を払っていたりするので、これが交通費にカウントできないわけではないが、厳密な意味で交通費と言えるかどうかは疑わしい。


 では、例えば1回の遠征でどのくらいの費用が掛かっているか、となると、これも何処へ出かけて何に乗るか、による。
 JR線が中心の乗りつぶし旅で、「青春18きっぷ」や地域のフリーきっぷでおおむね賄える時期やエリアであれば、現地交通費は1万円から2万円程度である。遠方だったり別払いの切符代がかさむ地方の私鉄が多い時などは、これに加えて1~2万円程度は余計にかかる。


 この他に宿泊代がかかるわけだが、そもそも鉄道に乗ることが目的なので高い投資はしない。この年になるとさすがにネットカフェとかサウナで夜明かしをすることは稀になったが、大半が5,000円以下のビジネスホテルである。中にはハズレもあったり、buzzっちさん(←懐かしいお名前)に「そこは多分『出る』部屋だ」などと脅されたりする訳あり物件だったりするのだが、ブログのネタになるようなひどい部屋に当たった経験は少ない。


 これらに食費などその他こまごまとした費用を含めると、1回3泊4日あたり3~6万円程度、と導き出される。それはけっこうな金額ですね、などと言われることもあるが、基本年1回の趣味に投資する金額としてこれがさほど高いとは私は思っていない。


 例えばゴルフの好きな友人などは、1年間(北海道の場合実質半年)で20ラウンド以上する。最近ではセルフプレイのコースが増えて、平日なら5,000円以下、休日でも1万円以下というところもある。だがそれでも回数が20回に及べば、1回単価5,000円としても10万円にはなる。私の旅行2回分である。5年ごとにクラブを買い替えるとして道具への投資は年2万円近い。私の重要なツールである時刻表は1冊1,100円程度。1年毎月買い続けてもお釣りが来る


 ただ、この趣味は30年超の歴史を持っており、1988年の初めてのひとり旅が4日間で約5万円だった。以来、1989年夏の北陸・紀伊半島4日間が約6万円、1990年春の九州一周2週間が約18万円だった。お年玉に加えて、当時高校の唯一の公認バイトだった年賀状配達で稼いだお金を握りしめて旅立ったのが懐かしい。
 大学卒業時の日本一周の際は、現地調達分も含めて1か月で約40万円の費用を要している。これも塾講師時代、冬期講習をフル回転したバイト代を全部突っ込んでいる。


 社会人になってから、「乗るための旅」に出たのは、2006年以降9回。これで約50万円。ここまでの積み上げでも120万円に達する。これに「ついで」の乗り歩きやこまごましたものを加えると、正確には出せないが、普通車1台分くらいの金額にはなっているのではないかと思う。いずれ落ち着いたときに、一度ちゃんとはじき出してみたい気はする。


 ただ、「全線完乗」の定義づけの迷走もあり、九州へ3回、四国へ2回など、同じ所へ何度も行き来しているので、費用は相当にかさんでいる。真剣に乗りつぶしだけを目的に効率的に乗り歩けば、おそらく費用はこの半分程度で済むのではないかと思うが、先日の五能線の例もあるように、季節や天候を違えれば全く違う風景に会うことも少なくない。これはこれで楽しめたと思っている。この投資額を果たしてどうとらえるか、は、これまた人それぞれではないか、と思う。


ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチッとな。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道コム

|

« 親子です。 | トップページ | 年の瀬の出来事~爆発事故に思う »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

そうですね、
その質問に対する返事は、
プライスレス!
の一言いいんじゃないですか?
どっかのカード会社のCMみたいだけど

投稿: poem | 2018/12/10 08:54

自分もお金のことを考えたら、たぶんどこにも行けないし、行かなかったら、パチンコや競馬はしないにしても家でラジコンやらアニメBDやら違う物に消費対象が変わるだけだと思います。決めつけてはいけないと思いますが、基本的に男は何かお金を使っていないと不安な性分(貯金に使うのもある意味こだわりかと)なのだと思います。まあ、家族で必要なお金と分けて消費するのは大前提ですけどね。

投稿: かわうそくん | 2018/12/10 19:50

お金は対価。
たとえば、夜行列車で迎えた朝の駅そば300円がたまらく美味しかったり、ボーナスもらい寝るはずのA寝台で夜通し起きていたり・・・その時に一番印象に残っているものを積み上げて回数で割ったら案外それほどでもなかったり・・・お金と時間と、その時の身の丈に合った旅が思い出積分値最大になると思います。

投稿: キハ58 | 2018/12/17 21:53

 poemさん、いつもありがとうございます。
 なるほど、Priceless!! これはいい回答ですね。まさにお金には代えられない体験を得たのですから。まあお金は払ってるんですけど(笑)
 見る側の立場も気持ちも違えば、同じ景色は二度と見られませんしね。

投稿: いかさま | 2018/12/17 23:57

 かわうそくんさん、いつもありがとうございます。
 「借金は返せるが、同じ期間で同じだけ貯金をするのは難しい」という名言を先輩から聞いたことがあります。この趣味に金を突っ込まなかったとしたら、その分だけお金が手元に残ったかというと、おそらくそれはないですね。
 自分の自由になるお金の範疇でこの先もぼちぼち楽しみたいと思っています。家のローンも残っていますし(笑)

投稿: いかさま | 2018/12/18 00:00

 キハ58さん、いつもありがとうございます。
 そうなんですよね。たぶん金額の問題じゃないと思います。電車で寝過ごしてタクシーを飛ばしたり、たった一度の贅沢でトワイライトエクスプレスの「ロイヤル」に乗ったり、福井まで無駄足を運んだり。それもこれも私にとっては貴重な思い出です。あとで話のネタにもなりますので、話せば話すほど単価は下がってお得になるという(笑)

投稿: いかさま | 2018/12/18 00:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道完乗こぼれ話【4】下世話な話ですが、お金。:

« 親子です。 | トップページ | 年の瀬の出来事~爆発事故に思う »