« 残念な… | トップページ | 親子ふたり旅【2】出雲大社・玉造温泉 »

2019/03/30

親子ふたり旅【1】広島から出雲へ

 ご無沙汰しました。いかさまです。
 仕事も大物が一段落し、ココログもいくらか安定したようなので、とっておきのやつを出します。


 3月8日から11日まで、3泊4日で下の坊主とふたり旅に出ていた。


 上の坊主とは、小さい時から長距離フェリーや鉄道で1泊ないし2泊をふたりで過ごす機会が何度かあったのだが、下の坊主とはこれまでそういう機会があまりなかった。本人がそういうことにあまり興味を示さなかったこともあるし、小さい頃から週5回水泳に通っていたりして時間的な余裕もあまりなかったことによる。


 けれども、男親としてはやはり、一度ふたりきりでいろいろ話をしながら旅をしてみたい。万事においてリアクションが薄い傾向がある坊主の反応を見てみたい気もする。
 たまたま何かのはずみに下の坊主が「列車の中で寝てみたい」と言い始めた。私はこうした言葉尻をつかんで離さない。4月からは坊主も中学生になり、こうした私のオファーにも応えてくれなくなるだろう。今がチャンスとばかりにきっぷ、宿一式を整え、3月8日、新千歳空港15時発のJAL便で広島へ飛んだ。

hassho Img_3647
 広島空港からバスと電車を乗り継いで、平和記念公園に近いホテルに入り、とことこと30分ほど歩いて人気のお好み焼き店、「薬研堀 八昌」へ。時刻は夜7時半近く、店の前には20人以上が並んでいる。店に入るまで1時間半、それからお好み焼きが出てくるまで20分。座り続け歩き続けてさらに待ち続けでお疲れ坊主の機嫌はよろしくないが、生地に牛乳を使い、たっぷりのキャベツがしっとりとしつつ存在感を出すお好み焼きはお口にあったようでなによりである。

Dscn1206 Dscn1213
 2日目は、晴れた空に厳然とたたずむ原爆ドームを眺めた後、平和記念資料館へ。私は一昨年見学しているので、坊主ひとりで入場させて外で待つ。現在本館は改修中で、東館のみが公開されている。退屈したり嫌だと思えばものの数十分で出てくるだろう、と思っていたが、案外なことに坊主が出てきたのは約1時間後。感想を問うてみたが多くを語らない。こういう場合、彼はなにがしか頭の中で思いを巡らせていることが多い。

Img_3656 Img_3658
 広島バスセンターから11時25分発の高速バス「いさりび」号で浜田へ。ここには遠い親戚があり、大学卒業前の日本一周の旅に出た際、私は祖父の伝手を頼り、ここでひと晩お世話になった。初対面で図々しくも泊めてくれとお願いした非礼と、思いもかけぬおもてなしをいただいた当時のお礼を、24年経ってようやく申し上げる機会を得た。
 残念ながらおばあさん、おじさんはすでに亡くなられており、ひとりで家とお店を守る私の母と同い年のおばさんと2時間ほどお話しさせていただき、我が家とのご縁や先方の血縁関係など、当時できなかった話をゆっくりさせてもらうことができた。

Dscn1229 Img_3664
 浜田16時40分発の特急「スーパーまつかぜ12号」で出雲市へ入り、2泊目。新しくて小ぎれい、しかも大浴場のあるホテルに坊主はご満悦である。入浴後、近くの出雲そば屋で夕食。ホテルでのんびりしながらゆったりと時間を過ごす。テレビを見ながら他愛もない話をするだけで、普段と変わらない。ただそこが旅先である、ということだけで、何とも言えない、優雅な、そしてとても貴重な時間に思えてくるから不思議である。


 続く。


ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチッとな。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道コム

 

|

« 残念な… | トップページ | 親子ふたり旅【2】出雲大社・玉造温泉 »

日本の旅人」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、なんかとっても いかさま さんらしい2人旅ですね!
教育的見地入れながら出雲へ・・・なろほど、さすが^.^/

投稿: キハ58 | 2019/03/31 22:46

 キハ58さん、ありがとうございます。
 お返事が遅れて申し訳ありません。
 教育、というほどのものでもないのですが、札幌からだと浜田へ行くのに広島からのバスが一番便利だったための賜物です。それでも広島で見たもの、坊主の中に何かひとつでも残ってくれれば、それに越したことはありません。

投稿: いかさま | 2019/04/05 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親子ふたり旅【1】広島から出雲へ:

« 残念な… | トップページ | 親子ふたり旅【2】出雲大社・玉造温泉 »