« いかさま音楽堂【2】 音楽との42年 | トップページ | 帰省百態【0】岐阜・札幌間の小さな旅 »

2019/06/30

いかさま音楽堂【3】80年代ポプコン曲と「イヤーワーム」

 頭の中である特定の音楽がループして離れなくなる、という話を前回書いた。
 これは「イヤーワーム」という、ちゃんと名前の付けられた現象で、精神分析学者や神経科学者などの間で研究も進められているのだという。一説にはすべての人の98%が何らかの形でこれを体験しており、感受性によっては不快に感じたり、ある種の鬱をもたらすこともあるという。


 イヤーワームの原因や対処法についてはまだ明確な研究成果は出ておらず、いろいろと調べれば調べるほど様々な学説がある。どのような曲がイヤーワームを起こしやすいか、などという調査もあり、掘り下げれば大変面白そうだが、今の私にそこまで学術的な世界に没頭している暇はない。


 私の場合はどうかというと、どこかで聞いたことがあるがその曲が何なのか、どこで聴いたものなのかがわからず、ある日何かの拍子に正体が判明した場合など、しばらくの間その曲が頭の中を駆け巡ることが多い。ことにその曲が旋律的に大きなインパクトを持っていたり、私のツボにはまるようなコード進行を持っていたりすると、長期にわたって私の脳内を支配することになる。

 

 最近の私の頭の中を駆け巡る曲のひとつが、磨香の「冬の華である。

 ⇒磨香「冬の華」

 先日来、ポプコンの入賞曲を渡り歩いた中でたどり着いた。これは出だしの部分の特徴的な声やメロディーと、シンプルなピアノの伴奏が印象的で、長い間全体像が分からずに頭の片隅に残っていた。曲の正体がわかってあらためて通しで聴いてみたが、深い。「いつまでたっても枯れないで 毎日涙をあげるから」というフレーズなど、ぞわぞわっとくる感覚がある。
 磨香さんはこの当時高校生だったという話だが、10代後半にしてあまりにも深く暗い、悲しげな詩や曲を生み出す才能というか、ある種の屈折した感情は凄絶ですらある。磨香さんは第25回ポプコンでグランプリを獲得したこの曲だけをリリースして表舞台から姿を消した。そんな経過を知ったことも、今の私のこの曲への興味を深めた理由のようである。


 もうひとつ、私の頭の中を駆け巡る曲が、明日香の「花ぬすびとという曲である。

 ⇒明日香「花ぬすびと」

 こちらもたどり着いた経過は同じである。おそらく子供の頃にラジオか何かで聴いたのだろうが、「二度咲き、夢咲き、狂い咲き」というフレーズが頭のどこかにこびりついていたようである。
 この曲は第23回ポピュラーソングコンテスト本選で優秀曲賞に選ばれている。明日香さんはその後も歌手として活躍された。これは東海地区の我々と同年輩以上限定ではあるが、犬山市にある某製菓会社の経営する観光施設「お菓子の城」のCMソングは、「花ぬすびと」の物悲しい世界とは全くマッチせず、声のトーンも全く別人のような印象を受けるが、これも明日香さんの曲である。残念なことに、明日香さんは2013年、49歳の若さで亡くなられたそうである。

 ⇒「お菓子の城」


 「花ぬすびと」が優秀曲賞を獲得した第23回ポプコンでグランプリに輝いたのが、あみんの「待つわである。こちらはイヤーワームではなく、当時から鮮烈なインパクトをもって私の心に住み着いている。ソロになってからの岡村孝子さんの曲も悪くはないが、あみんのファーストアルバムに収録されている薄暗い感じの曲の方が私は好みである。ちなみにあみんのセカンドアルバム「メモリアル」は、大半がポプコンで入賞した曲のカバーで構成されており、こちらも味わい深い。そう言えば岡村孝子さんも今、大変な病と闘われている。時間はかかるだろうが快癒をお祈りしたい。


 この時代のこういった曲は、音楽的にも歌詞の内容的にも私をとらえて離さない。頭の中から去らないから、何度も聴き直すことになる。ある種の中毒のような感じになっている。
 といった話を先日、会社の若手女性とした。実際に「冬の華」を聴かせてみたところ、「暗いです。あといろんな要素を詰め込み過ぎです。私はもう少しキャッチーな曲の方が印象に残りますね」という反応だった。
 今の時代においてはよほどこちらの方がキャッチーな気もするが、婉曲的なメタファーを盛り込んだこの時代の曲よりも、もう少しストレートに訴えてくる曲の方がすんなりと入ってくるのだろう。これは年の差か、と一瞬考えたが、むしろ「暗いです。」という部分の方が的を射ているかもしれない。私の本質は実のところ、そちら側なのである


ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチッとな。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道コム

|

« いかさま音楽堂【2】 音楽との42年 | トップページ | 帰省百態【0】岐阜・札幌間の小さな旅 »

音楽の旅人」カテゴリの記事

コメント

いかさまさん、参りました^^;
久しぶりに冬の華を通しで聴いて、脳内から離れなくなってしまいました^^;
歌っていた方の名前は覚えていませんでしたが、この曲は覚えています。
と言うか、一度聴いたら忘れられないですよ(笑)
私は最初、少し中島みゆきっぽいなと思いました。
声も歌い方もどことなく似ているし、暗さも似ている。
根底にはフォークがありそうだけど、歌謡曲っぽさと演歌っぽさも感じる独特のメロディとアレンジ。
そして内面をえぐるような歌詞。
ひと言で表すといかさまさんの会社の女性が仰る「暗い」となるのでしょうね。
私にとってはその暗さがまさに「つぼ」なのですけどね。
好みは分かれるでしょうけど、完成度は相当高いと思います。
当分の間私の頭の中をグルグル回りそうです(笑)

そうそう、「待つわ」は私のカラオケの定番です。

投稿: ミミ | 2019/07/03 20:47

こんばんは!
へぇ~、イヤーワームって言うのですか。
私にもありますよ。
内山田洋とクール・ファイブの「東京砂漠」のサビです。
そんなに好きな曲という訳ではないのですが、何故かなぁ・・・。
何か黙々と作業をしている時等に、この曲のサビが繰り返し繰り返し頭の中を駆け巡ってますよ。

投稿: FUJIKAZE | 2019/07/03 23:12

’冬の華’知りません・・歌謡曲っぽいですね
’花ぬすびと’いかにもポプコン向けの曲ですね
私はこちらのほうが好きです。
あの頃の歌は、とても好きです。(^^♪

投稿: 姉さん | 2019/07/07 22:09

 ミミさん、いつもありがとうございます。
 お返事が遅くなって申し訳ありません。

 「冬の華」は音楽的にも不思議な世界を漂うような歌ですね。演歌のようでもあり、フォークソングのようでもあり。声質も他にあまりないタイプです。まだどことなく幼さを感じさせる声でもありますね。
 この不思議さが余計に私の耳を引き付けて離さないのだろうと思います。最近、ようやく少し薄れて来ましたが、何かの拍子にひょいと飛び出してくる困った子です。

 「待つわ」は私もカラオケでよく歌います。女性相手に頼まれもしないのにかぶせにいきます。今度ハモリでもいかがですか?(笑)

投稿: いかさま | 2019/07/14 22:40

 FUJIKAZEさん、ありがとうございます。
 お返事が遅くなって申し訳ありません。
 「東京砂漠」とはまた渋いですね(笑)CMにも使われていた記憶があります。
 まだ確たる研究にはなっていませんが、高低音の移動が大きい曲は脳内に残りやすいそうです。錆の部分で高い所へグワンと昇っていく「東京砂漠」も脳内に残りやすいのかもしれませんね。

投稿: いかさま | 2019/07/14 22:42

 姉さんさん、ありがとうございます。
 お返事が遅くなって申し訳ありません。
 「花ぬすびと」と「待つわ」が同時に登場したこの回のポプコン、非常に贅沢ですね。
 ポプコンのグランプリ曲も、回によってはガチャガチャとした曲もありますが、すっきりと熱のこもった世界観を歌い上げるこういう曲たち、私も大好きです。

投稿: いかさま | 2019/07/14 22:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いかさま音楽堂【2】 音楽との42年 | トップページ | 帰省百態【0】岐阜・札幌間の小さな旅 »