« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019/07/29

帰省百態【1】名古屋・札幌 空の玄関の28年

 変わったルートでの帰省の話の前に、まずは飛行機での単純往復の話を。


 飛行機での北海道と岐阜を往来する単純往復は、体験した回数も多く、ルートも毎回同じなので面白味に欠けるが、それでも実際には28年も経てばいろいろな変化があり、今思い出すと感慨深い。


 1991年当時、中部国際空港はまだなく、岐阜の実家の最寄り空港は名古屋空港(小牧空港)だった。鉄道系の交通アクセスとは無縁な空港で、実家がある土岐市からだと、JR中央本線で勝川下車、そこから路線バスに乗って15分ほどを要した。むしろ車ならば、国道19号線を走って1時間足らずで行くことができたから、当時は両親が車で送り迎えをしてくれた。


 1階が到着ロビーと発券カウンター、2階が出発ロビーと売店、レストランというシンプルな名古屋空港だったが、全国各地へ飛行機が賑やかに飛び立ち、ターミナル内は旅客の活気であふれていた。2階にあった喫茶店は、どの時間帯でも混雑していた。
 2005年の中部国際空港開港で、大半の路線は新空港発着となった。「県営名古屋空港」と呼称が変わった現在の空港からは、FDAが8都市へ片道24便が送り出されるばかりとなっている。現在の名古屋空港がどう変わっているか気になるが、中部開港以来行っていない。往時の賑わいを知っている身としては、行かない方がいいような気も多少しないではない。


2006090405 2006090403   
 空港が実家からかなり離れてしまったため、車での送り迎えはなくなり、中部国際空港へは名鉄電車とJR中央本線を乗り継いで行き来することになった。中部国際空港の開港当時は、今は亡き名鉄パノラマカーも急行電車として乗り入れており、快速特急「ミュースカイ」に乗れば金山まで30分足らずのところ、わざわざ40分以上かけてパノラマカーに揺られることもあった。


 空港が新しくなったのは、北海道側も同じである。1991年当時、新千歳空港はまだ滑走路だけが供用開始されており、ターミナルは千歳空港だった。新千歳空港ターミナルビルの開業は翌1992年のことである。
 旧千歳空港ターミナルに降り立つと、ターミナルビル2階とつながる長い跨線橋を渡って国道36号線を跨ぎ、千歳空港駅まで歩いた。1980年に開業した、空港連絡駅の嚆矢である。徒歩5分ほどかかる跨線橋には、大きな荷物を運搬するための台車も用意されていた。


199103004 199103003   
 千歳線の本線上にあった千歳空港駅は、石勝線の分岐駅でもあり、函館方面からの「北斗」、帯広・釧路方面からの特急「おおぞら」「とかち」すべてが停車した。この他に室蘭方面からのL特急「ライラック」と普通列車が空港アクセス列車として利用されていた。普通乗車券より200円ほど高い「エアポートシャトルきっぷ」を買えば、特急列車の自由席も利用できた。


 専用列車でない分混雑はひどく、座れないことも多かった。当時の「ライラック」781系電車には、長距離バスのような補助席を取り付けた車両もあった。この話をすると「特急に補助席?まさか」と一笑に付されることが多いのだが、「MY FAVORITE THINGS」というホームページの中に当時の写真があったので、妄想ではなかったようである。


 1992年の新千歳空港ターミナル開業に合わせて、千歳線の支線が千歳空港駅から分岐して空港直下へ乗り入れた。千歳空港駅は南千歳駅と改称されて各方面への乗り継ぎ駅となった。特急列車は利用できなくなったが、1時間4往復の快速「エアポート」が運転されて利便性は格段に向上した。ホームには常時1本の列車が待機しており、とにかくホームに降りれば列車に乗れるというサービスであった。この体系は現在に至るまで変わっていない。各列車に1両の半分設けられていた指定席はのちに「uシート」に発展し、1両に拡大される。


Jrh72102 Jrh78582   
 快速「エアポート」は、毎時4本のうち、転換クロスシートの721系電車6両編成が2本、特急型の781系4両編成が2本運転されていた。781系の列車のうち1本は、札幌からL特急「ライラック」となって旭川まで足を伸ばしていた。のちに乗り入れ列車は785系・789系電車の「スーパーカムイ」となり、岩見沢に住んでいた頃は頻繁に利用した。しかし、短編成と乗降口の少なさから特に快速区間での混雑が目立つようになったことと、ダイヤの乱れの影響を小さくするため、2016年に直通運転は終了となる。また、私も札幌市南区に居を構えたため、空港アクセスにJRよりも真駒内方面へのバスを利用する機会が増えた。南区民にとってはバスの方が運賃も安く、所要時間も短い。


 最後に飛行機本体。当時の名古屋~千歳便は、数便のJAL・JAS(これも懐かしい)の他は大半がANA便で、2+3+2列の座席配置を持つ中型機のボーイング767型機が主流だった。機内の後ろ半分が喫煙席になっていたのも懐かしい思い出である。もっとも、当時の私からすれば喫煙席などはなはだ迷惑な存在でしかなく、座席はなるべく最前部に近い席を選んでいた。私が諸般の事情から煙草に手を出したあたりから飛行機をはじめ公共交通機関から喫煙席が減っていったのは皮肉である。



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチッとな。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道コム

 

| | コメント (4)

2019/07/22

参議院選挙と高田渡「値上げ」

 参議院選挙の通常選挙がおこなわれ、現在着々と開票作業が進んでいる。
 今回もここしばらくの選挙の傾向を大きく踏み外すことなく、連立与党が改選過半数を余裕で獲得し、焦点は維新を含めたいわゆる「改憲勢力」が3分の2を確保するかどうかという点になっている。現状では各局ともやや微妙との見方となっており、そもそも公明党が「改憲勢力」に相当するかどうかも疑わしいと内心では私は思っているのだが、ともかく、選挙に前後していろいろな問題が浮上しながら、結果「いつもどおり」の状況になりそうである。
 

 選挙が行われるたびに、私が思い出す曲がある。それは高田渡の「値上げ」という曲である。


 ⇒高田渡「値上げ」

 高田渡は1960年代後半から70年代に活躍したフォークシンガーである。世相を鋭く切りつつ、それをどこか揶揄するような曲を多く残した。「値上げ」はその中の1曲である。値上げを明確に否定するスタンスが、次第に表現を変えて弱くなっていき、最後には値上げに踏み切ることになる。そのニュアンスの緩やかな変化が非常に面白い。政治家の答弁そのものである。


 前回の選挙の時に挙げた政権公約が実際に実現されたのか、そのような経過をたどったのか、それは選挙のたびに私が気になっているところである。今回、「池上無双」でおなじみの池上彰氏がそこに切り込んでいた。ターゲットとなっていた公約はTPPである。
 確かに6年前、今回改選となった議員が選ばれた参院選では、自民党もTPPに反対していた。しかし結果としてTPPはアメリカを除いた形で批准され、今回の参院選後にはそのアメリカとの貿易交渉も控えている。


 某議員が池上氏の質問に答え、「聖域なき関税撤廃を前提とした交渉には反対だと言っていた。アメリカが抜け、その前提がなくなったのだから問題ない。われわれは一度も全面反対だと言ったことはない。」と公言していたが、果たしてそうだったか。選挙公報にはそう書かれていたかもしれないが、少なくとも議員の口からそのような発言はなかったと記憶している。



 もちろん、TPP批准に至る経過には、最大限の国益を実現するためという目的があったはずである。私はどちらかというとTPP批准で大きく影響を受ける業界に近いところで働いているが、全体としてそれが最大の国益に通じるというのならば仕方がないとは思う。だがそれならばその過程を丁寧に説明すればよい。現実にはうやむやのうちに政策は転換され、「値上げ」の曲と同じ展開をたどった。それだけならばまだしも、「反対」をなかったかのように扱うその姿勢に、政治家としての誠実さは見られない。


 説明と言えば、闇営業をめぐる一件で、吉本興業所属の芸人2名が土曜日に記者会見をおこなった。真相が明らかになったかどうかは定かではなく、また会社側の説明も現時点でも受けていないので、それが正しいのかどうかは判断しがたい。けれども会見の中で、記者の質問に真摯に応えようという姿勢は少なくとも見られたし、2時間半という長い時間、質問が出尽くすまで記者たちと向き合った誠実なスタンスは評価されてよいと思う。


 そのことから考えると、今の政治家に信頼や期待を置く人が少なくなるのもやむを得ないのかなと感じる。今回の投票率は50%を割り込むとみられており、少なくとも半分の人が投票に足を運ばなかったということがそれを如実に表している。
 質問に対してそれを遮ったり、質問に沿わない自説だけを自慢げに語ったり、敵対する野党を揶揄するような発言を繰り返す党首に「真摯」という姿勢を感じることはできない。6年半前の謙虚さはどこへ行ってしまったのかと思う反面、政治空白に等しい3年あまりを生んだ挙句に四分五裂し、存在感を示すことのできない野党に期待することもできない。


 国民の権利である「選挙権」を行使しないことに対して批判することはそれはそれで正しいのだろうが、消去法で投票先を決めようとしたらみんな消去されてしまった、という有権者がおそらく相当数に上るに違いない。
 私は今の与党の政策を全否定するつもりは毛頭ないが、全有権者数のわずか4分の1程度の投票によって過半を超える議席を得ているという事実を肝に銘じ、より真摯に国民や政治と向き合ってほしい、と切に感じている。


ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチッとな。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道コム

 

| | コメント (2)

2019/07/15

帰省百態【0】岐阜・札幌間の小さな旅

 私が岐阜県の出身で、大学時代以来北海道に住み続けている、ということは、これまでも折に触れて書いた。大学入試の時まで足も踏み入れたこともない北海道が私の生活の拠点になることなど全く予想もしていなかったが、現実には北海道民になってまもなく30年になる。


 岐阜と北海道と言えば軽々しく移動できる距離ではなく、帰省と言っても年に1回から2回くらいがせいぜいであるが、それでもこれまでに何十回もこの間を移動している。普通ならば札幌から新千歳空港までJRまたはリムジンバス、そこから飛行機で中部国際空港へ飛び、名鉄電車とJR中央線を金山で乗り継いで多治見ないし土岐市まで、というルートになる。乗り継ぎ時間にもよるが、自宅から実家までの最速所要時間は5時間半程度といったところである。


Img_3801_20190715221901  今でこそLCCの登場により、新千歳-中部で1万円を切るような航空券も比較的入手しやすくなったが、私が北海道へ渡った当初は、名古屋(中部ではない)-千歳は正規運賃で約3万円。事前予約ができない「スカイメイト」でも35%引で2万円弱を要した。
 かたやで鉄道だとどうかというと、当時東北新幹線はまだ盛岡止まりで、東海道新幹線の「のぞみ」も誕生前。札幌から函館、盛岡、東京、名古屋と乗り継いで、札幌-土岐市が15時間程度と、時間的には全く勝負にならない。運賃は当時は学割が使えたので2割引、新幹線などの特急料金も含めて25,000円程度と、飛行機の正規運賃よりも安かった。


 特に大学時代は、金はないが時間はあった。加えて、せっかく1,000kmを超える移動を、単に飛行機でブーンと飛ぶだけではつまらない。よって私は、「帰省」という機会を存分に利用して、飛行機はもちろん、鉄道だけにこだわらず、さまざまな手段、ルートで北海道と岐阜の間を往復してきた。過去を思い出しながら整理してみると、飛行機による王道の往復を別としても、

1.鉄道・バスのみ
2.飛行機+鉄道・バス
3.鉄道・バス+フェリー
4.自家用車+フェリー
 
といった感じの手段がある。それぞれに多様なルートがあるので、ネタ切れの当節、これだけでも十分ブログのネタにはなりそうである。

 

ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチッとな。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道コム

 

| | コメント (2)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »