« 帰省百態【3】クルマとフェリーの旅(1) 新日本海フェリー・その1 | トップページ | 明日の見えない鉄路の旅【2】札沼線・新十津川へ(2) »

2019/09/16

明日の見えない鉄路の旅【1】札沼線・新十津川へ(1)

Dscn1473
 3連休の真ん中、9月15日日曜日。思い立って札幌近郊の日帰り旅に出た。


199103043 ことの発端はその前の週、たまたま立て続けに出張で帯広、函館へ行く機会があったことによる。
 通常出張ならば往復割引きっぷなどを利用するのだが、金額的にもさほど差がなかったため、北海道フリーパスを久々に利用してみた。7日間有効で特急利用可、指定席も6回まで利用できる。出張でフル活用したフリーパスの有効期限は三連休の最終日まである。これを利用しない手はない。


 早朝6時前に自宅を出て札幌駅へ向かい、6時39分発の札沼線(学園都市線)石狩当別行き普通列車に乗った。早朝の車内は空いていたが、地元客に交じって明らかにその筋の方と思われる風体の人々がたくさん乗っていることに気付く。この時間帯から一眼レフを首からぶら下げている人、大きな荷物を背負って手にメモ帳を持っている人。雰囲気と、普通の人とほんの少し違う服装でその筋の人とわかる。私が該当するかどうかは客観的には定かではない。


Dscn1476 Dscn1475   
 案の定、というか、私が石狩当別駅前のコンビニで買い物をして戻ってくると、2両編成の新十津川行き普通列車は、すべてのボックスシートにひとりずつ、その筋の方が収まっている。私はデッキ近くのロングシートに腰掛けて発車を待つ。札幌を6時58分に出た普通列車が到着すると、さらに乗客は増え、8割方座席が埋まった。私も含めその9割以上は明らかに地元客でない人々である。一見普通の家族連れ、夫婦連れに見える客も混じっているが、みなカメラを手にしているところを見ると、程度の差こそあれ同好の士と察する。


Dscn1479 Dscn1482   
 普通電車を見送り、7時50分、発車。当別町の住宅街が途切れるとほどなく左手に大きな学校が見え、北海道医療大学。先行した普通電車が折り返しを待っている。ここから先が非電化となり、来年5月7日に廃止となる区間である。また何人かのその筋の方が乗り込んできた。
 この先、札沼線はほぼ全線にわたって国道275号線と並走する。一部4車線のほかはほぼ2車線だが道路状況はよく、交通量もそれほど多くないため、60km/h均衡で快調に走る我が列車を、さらに快調に自動車が抜き去っていく。


Dscn1489 Dscn1485   
 札沼線は広大な石狩平野のほぼ西端に沿って北へ伸びている。右手国道の向こうには、金色の穂先を垂れた水田が広がる。左側は雑木が生い茂る山だが、時折開けて一面の水田となる。今年は平年以上の作が期待できると友人から聞いた。石狩金沢、本中小屋、中小屋と、周辺に民家は少なく、貨物列車の緩急車を流用した粗末な駅舎が続く。乗降客はない。


Dscn1490 Dscn1496   
 石狩当別から30分あまり、ひさしぶりにまとまった住宅地が見えて、8時18分、石狩月形着。往時の主要駅らしく、広い構内の跡の向こうに農業倉庫が並ぶ。農産物輸送全盛期の名残である。このあたりから新十津川、さらにその北にかけてのエリアは、2003年から2009年にかけて、当時岩見沢勤務だった私が何度も行き来した懐かしい地区である。


Dscn1500 Dscn1505   
 上り列車との交換のため20分余りの小休止となる。駅前に出ると、岩見沢駅からの北海道中央バスが到着して、やはりその筋の方と思われる客を数人降ろした。ここから列車に乗るのだろう。
 列車の乗客たちは、駅窓口で入場券を買うために並んだり、ホームで列車や駅の写真を撮ったりしている。8時35分に浦臼からの普通列車が到着すると、狭いホームはカメラを持ったファンでいっぱいになった。ワンマン運転の列車に乗務していたJR北海道の社員が、狭いホームや駅舎への通路でたむろする乗客の整理に当たっている。横着なマニアの姿が見られないのは何よりだった。


 続く。



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチッとな。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道コム

|

« 帰省百態【3】クルマとフェリーの旅(1) 新日本海フェリー・その1 | トップページ | 明日の見えない鉄路の旅【2】札沼線・新十津川へ(2) »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

自分が乗ったのは1995年4月22日で、クリームに朱色帯の列車はその筋の人3人くらいの貸し切り状態でした。滝川駅までバスがあったような。ちなみにその後深川から深名線に乗って湖畔駅で降りました。乗っておいてよかったです。
お金よりも何よりも、経験は大事なことだと思いますね。後に残しておいてやれたことはありません。

投稿: かわうそくん | 2019/09/17 22:22

こんばんは。
2年前に行きましたが、今は凄い訪問者の数なのですね。
この先、増結運転とかありそうですね^.^;;

投稿: キハ58 | 2019/09/17 23:19

 かわうそくんさん、ありがとうございます。
 次回の記事に出てきますが、新十津川と滝川の間のバスは札沼線以上に本数がありますね(笑)。逆に新十津川-石狩沼田の廃線区間を結ぶバスは現存しません。
 廃線後の北海道医療大学-新十津川を直通するバスは運行されず、区間便と函館本線各駅への連絡を重視した運行系統になりそうです。

投稿: いかさま | 2019/09/20 00:30

 キハ58さん、ありがとうございます。
 ちょうど三連休の中日と言うこともあったのだろうと思いますが、やはり廃線報道以降乗客も訪問者も増えているようです。
 おそらく来春のラストスパートになるとこれ以上のお客さんが集まるのでしょうね。増結も必要になるかもしれませんが、ホームの長さが足りない駅が多いのが気がかりです。

投稿: いかさま | 2019/09/20 00:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰省百態【3】クルマとフェリーの旅(1) 新日本海フェリー・その1 | トップページ | 明日の見えない鉄路の旅【2】札沼線・新十津川へ(2) »