« 春よ、来い。 | トップページ | 関西地区の鉄道乗りつぶしの旅 その2 »

2012/04/15

関西地区の鉄道乗りつぶしの旅

13日の金曜日、仕事が終わったあと、私は新千歳空港から関西空港へ飛んだ。
目的は関西圏の鉄道の乗りつぶし。与えられた時間は有給休暇の1日を含めて3日間である。

関西空港から日根野・和歌山と電車を乗り継ぎ、その夜は深夜0時近くに和歌山県の御坊駅前にあるビジネスホテルに投宿。翌朝、5時半にチェックアウトして、紀州鉄道の西御坊駅を目指して歩く。西御坊から紀州鉄道で御坊、JRで和歌山へ向かい、貴志まで和歌山電鉄を往復し、JRで和歌山市、南海電鉄で和歌山港・加太・多奈川を往復して天下茶屋へ向かった。

天下茶屋からは同じ南海の高野線で一気に高野山へ上り、引き返して河内長野から近鉄長野線と道明寺線を乗り継ぎ、柏原からJR→大阪市営地下鉄御堂筋線で梅田。阪急神戸線に乗って、夙川からの甲陽線を往復した後、摩耶ケーブルに乗車。ここまで来れば日本三大夜景のひとつ、摩耶掬星台からの夜景を眺めないわけにはいかないだろう、ということで、ロープウェイにも乗って、夜景を堪能した後、三ノ宮からJRで姫路に入り、14日の行程が終了した。
懐かしい友人と一献傾けた後、ホテルで洗濯物の乾きを待ちながらこのブログを書いている。

個々の列車や路線での雑感は、後日まとめる予定でいるが、こうして単純に行程を文章で羅列すると、どこをどう動いたのかまったくわからない方がほとんどだろうと思う。ぜひひとつ、地図を手元においてご確認いただければ幸いなのだが、おそらくそこまでして知りたいなどと思っている方は逆にほとんどいないだろうとは思う。

15日もスタートは5時前後の予定である。通常の平日なら6時半に起床するのもどうかと思うほどつらいのに、ことが趣味となると早起きも睡眠不足も平気なのだから不思議なものだと思う。

|

« 春よ、来い。 | トップページ | 関西地区の鉄道乗りつぶしの旅 その2 »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

ワ文章だけでもどこをどう動いたか分かるワタシもどうかとは思いますが・・・。

なかなか精力的にやってますなあ。自分自身にも覚えがある行動なので、共感しながら読みました。

投稿: miyap | 2012/04/17 23:38

miyapさんありがとうございます。
たいていこの手の行動も、「何してるんだろう」という不意打ちの疑問も、おそらく同好の士ならみんな一度は襲われたことありますよね(笑)

投稿: いかさま | 2012/04/18 07:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関西地区の鉄道乗りつぶしの旅:

« 春よ、来い。 | トップページ | 関西地区の鉄道乗りつぶしの旅 その2 »