« 入学式。 | トップページ | 青春18きっぷの話【5】初めてのひとり旅(総括) »

2013/04/11

青春18きっぷの話【4】初めてのひとり旅(3)

東京からの私の予定は、上諏訪行きの通称「中央夜行」で小淵沢へ行き、小海線で清里・野辺山を経由しながら長野へ、そして篠ノ井線と中央西線を乗り継いで自宅へ帰ることになっていた。

Arashi085_2 Arashi086_2
けれども、WさんやKHさんからは、新潟行きの夜行快速「ムーンライト」を強く勧められた。「中央夜行」が何の変哲もない3ドアの近郊型電車なのに対して、「ムーンライト」は、先刻利用した「フェアーウェイ」の車両がそのまま使われるので、快適さで雲泥の差がある
私は新宿駅のみどりの窓口で、「ムーンライト」の指定券を申し込んだ。人気列車で混雑が激しいと聞いていたが、幸い、指定券を入手することができた。この列車で新潟まで行っても、翌日中に自宅に戻ることは可能である。こうした不意の予定変更にも柔軟に対応できるのも、「青春18きっぷ」の良さである。

Arashi084 Arashi087
ムーンライト」の普通列車離れした座席で熟睡し、翌朝5時、まだ薄暗い新潟着。そこから信越本線・上越線の普通電車で、越後川口へ引き返す。
そこから飯山線の普通列車に乗って長野へ抜けた。新潟県と長野県の県境を越えて山間を走るのどかなローカル線で、4月初旬の沿線には、まだ融けきらない雪がかすかに残っていた。けれども、列車の窓から降り注ぐ日差しは春の暖かさだった。

Arashi089 Arashi090_2
寺院風の旧駅舎が健在だった長野からは、篠ノ井線の普通列車で松本へ。途中、姨捨駅で列車の行き違い。本線は勾配がきつく、駅のホームは本線から一段高い所に設けられている。いわゆるスイッチバック式の駅である。ホームからは、川中島合戦の舞台となった善光寺平が一望できる。

Arashi088さらに松本で普通電車を乗り継ぎ、木曽福島からは特急「しなの」に乗った。当時、改造による展望グリーン車が走り始めたばかりで、私はどうしてもそれに乗ってみたかった。
旅の最後の1列車だから、「青春18きっぷ」が使えないのを承知で奮発した展望席は、上り列車のため最後尾。迫り来る風景を運転士然として楽しむことはできなかったが、暮れてゆく木曽路の線路が飛び去っていく風景は、何となくしんみりと旅の終わりを告げるにふさわしかった。

次回、総括。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム 

|

« 入学式。 | トップページ | 青春18きっぷの話【5】初めてのひとり旅(総括) »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

169系が写っていますね。イヤー懐かしい!

投稿: キハ58 | 2013/04/14 22:37

>キハ58さん
いつもありがとうございます。
長野駅でのひとコマです。ここに写っている169系、レインボーカラーの58系、165系、381系「パノラマしなの」、すべて過去帳入りですね。そして懐かしい長野駅舎も。

投稿: いかさま | 2013/04/15 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青春18きっぷの話【4】初めてのひとり旅(3):

« 入学式。 | トップページ | 青春18きっぷの話【5】初めてのひとり旅(総括) »