« いつもありがとうございます。 | トップページ | 関東1都6県乗り歩き【2】Because it is there.(その1) »

2013/06/10

2013関東1都6県乗り歩き【1】富士急行と河口湖

先週後半、めずらしく会社の出張で東京へ行く機会があり、ものはついでと週末で関東1都6県の乗りつぶしを楽しんできた。

土曜日、4時半に都内のホテルをチェックアウトして山手線で渋谷へ向かい、東急田園都市線の三軒茶屋から初乗りの東急世田谷線での路面電車然とした電車に乗って下高井戸へ。さらに京王線・京王相模原線で橋本へ向かう。早朝だというのに、どの電車も立ち客こそいないがほどよく混んでいる。さすがは東京と感心する。

Dscn1983 Dscn1981
中央本線で大月ヘ向かい、富士急行の電車で河口湖を目指す。
山手線を中心に首都圏のJRで使われていた205系電車がお色直しされて走っている。JR九州など数々の列車のデザインを手がけた水戸岡鋭治氏の手によるもので、今日は乗ることができないが、「富士登山電車」も同様である。ただの移動手段である電車を夢と遊び心のある乗り物に変貌させた功績は大きい。けれども一方で、全国至るところに水戸岡デザインが進出しているため、鉄道ファンとしてはやや食傷気味になりつつあるのもまた事実である。地元の利用客には関係のない話だけれど。

ところで、私はこれまでの乗り歩き旅で、出雲大社前駅まで行って出雲大社を見ない、あるいは高野山に登って金剛峰寺を見ない、などという愚行を繰り返した。周囲からは「信じられれない」「どうかしている」「頭の構造を疑う」と多様な非難を浴びせられている。そもそも目的が違うのだから仕方がないが、さりとて自分が一般人とは別の範疇に属すると理解されるのもなんとなく面白くない。

Dscn1989 Dscn1988
それで、というわけでもないが、終点、河口湖駅での20分ほどの待ち時間を利用して、湖畔まで出掛けてみた。
駅から湖畔までは0.7kmほど。だらだらと続く坂を早足で6分ほど歩くと、目の前に駐車場を挟んで河口湖の姿が見えた。貸しボート屋はすでに営業中で、朝9時前だというのに、すでに湖の中央まで漕ぎ出している数隻の気の早いスワンの姿も見える。
ともかくこれで一般人としての最低限の責務を果たした私は、湖畔滞在わずか数十秒で、今度は上り坂を汗をかきながら引き返す。


次に乗るのは9時05分発の「フジサン特急2号」。これも元JR東日本の車両で、団体・臨時列車用の「パノラマエクスプレスアルプス」として使用されていたものである。内装は当時そのままだという。富士急行へやって来たのは2001年のことだが、改造の種車となった165系電車は1967年から1969年にかけて製造された車両で、「パノラマ」への改造は1986年。車歴はすでに45年に達している。
Dscn1996 Dscn1992
そんなわけで、遠目に美しく見える車両も、近くに寄ってみると老婆の厚化粧よろしく外板はでこぼこしており、車内も随所に痛みの跡が見られる。これが中小民鉄の現実である。

Dscn2000 Dscn2001
けれども、前面展望の座席から迫り来る風景を眺めるのは楽しい。名鉄や小田急のような都市近郊のパノラマ列車とは違った迫力がある。途中駅で行き違う列車もバラエティ豊かで、横須賀色の115系や、長野色183系「ホリデー快速」などのJRからの乗り入れ列車ともすれ違う。

Dscn2003禾生駅の先では、山梨リニア実験線の下をくぐる。ドームに覆われていて中の様子はうかがえず、当然列車の姿も望めないが、真上を時速500kmで列車が走る姿は、想像してみるとなんとなく浮き浮きする。乗客を乗せたリニアモーターカーがこの高架を疾走するのは、およそ15年先の話である。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム 

|

« いつもありがとうございます。 | トップページ | 関東1都6県乗り歩き【2】Because it is there.(その1) »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

なになに その「しゃーないから」感MAXの観光地めぐりは(笑)

土曜日の4時半から....
撮られた写真の構図から考えると
ホームで電車の前に回り込んでパチリ
パノラマ車の先頭に座って電車とすれ違うごとに
「おっ 何何色の何何系や!」とつぶやきながらパチリ

やっぱりマニアックです 

投稿: buzzっち | 2013/06/11 06:39

世田谷線から富士急行へ・・・面白い組あわせです。今週末は大雨らしいので、先週で良かったですね。

投稿: キハ58 | 2013/06/11 21:24

ビックリです…!
近場ならばともかく…せっっかく行ったのに?
なるほど…興味の枠が違うと楽しさの感覚がかすりもしないのですね。
勉強になります!( ̄▽ ̄)

投稿: ミナゾウ | 2013/06/12 21:45

>buzzっちさん
いつもありがとうございます。
やっぱり文章に「しゃーない」感、にじみ出てましたか?(笑)

行動そのものはbuzzっちさんのご指摘通りですが、さすがにつぶやいたりはしていません(はずです)。なるべくさりげなく行動するのが高級テクニックなのです。

バレバレだとは思いますが(笑)。

幸い、「フジサン特急」のパノラマ車は、他に客もおらず、無人でした。

投稿: いかさま | 2013/06/13 22:43

>キハ58さん
いつもありがとうございます。
都内からなるべく未乗の路線を乗り継いで大月まで行こうと思ったら、こんな行程になりました(笑)。
台風は熱帯低気圧に変わったようですね。カラ梅雨状態が続いていたようなので、ひと雨ほしいところですが、あまり激しくならなければいいですね。

投稿: いかさま | 2013/06/13 22:48

>ミナゾウさん
いつもありがとうございます。
目的が違えば行動も結果も変わってくる、これ自然の流れですよね。
青空の下、景色のよい所を歩くこと自体は僕も嫌いではありません。旅先では街歩きも含め、かなりよく歩く方だと思っています。ただ、それが観光地や山じゃなくてもいい、と思っているだけなのです(笑)。
そういう意味では「かすって」くらいはいるのかもしれません。

投稿: いかさま | 2013/06/13 22:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013関東1都6県乗り歩き【1】富士急行と河口湖:

« いつもありがとうございます。 | トップページ | 関東1都6県乗り歩き【2】Because it is there.(その1) »