« 2013夏・関西鉄道乗りつぶしの旅【16】嵐山に憩う | トップページ | 2013夏・関西鉄道乗りつぶしの旅【17】嵐電で締めくくり »

2013/09/16

台風の爪痕

本来なら今日は前回の続き、関西鉄道乗りつぶしの旅の最終章を書こうと思ったのだが、さすがに少々気分が重い。

まさに前回ご紹介した嵐山地区は、今日16日、日本列島を通過した台風18号の影響で大雨となった。桂川は氾濫し、渡月橋は濁流に飲み込まれんばかりの状況となった。
テレビ朝日系列のニュースがこまめに映像を伝えている。

【空撮・大雨で桂川が氾濫 京都・嵐山の渡月橋は】(ANNニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20130916-00000020-ann-soci

渡月橋の下すれすれを濁流が通過し、時折道路の上を流れていくのがよくわかる。
緑の草が生い茂るはずの河原はもちろん、茶店が並ぶ中ノ島も完全に冠水し、両岸の道路へも流れ込んでいる。通常の状態と比べると、いかに異常かがよくわかる。

(前回掲載・荒天時の渡月橋と嵐山公園中之島地区)
Dscn2593 Dscn2584

両岸の旅館や土産物屋には川から溢れた土砂混じりの水が流れ込み、大変な状況だという。清掃し、補修して営業を再開するにはかなり時間もかかることだろう。来週、そして来月と三連休が続き、観光客が押し寄せるはずの名所にとっては大きな痛手だと思う。

気象庁が今年8月30日から運用を開始した、大雨警報のさらに上、「大雨特別警報」が、今回の台風による大雨で、京都・滋賀・福井の3府県に初めて発表されたそうである。いずれも先般の旅行で大変お世話になったところであるが、場所により冠水や土砂崩れの被害に見舞われ、不幸にも命を落とされた方もおられる。非常に胸が痛い。

被害に遭われた方々に心からお見舞いを申し上げるとともに、1日も早く普段の生活を取り戻されるようご祈念申し上げたい。
また、嵐山をはじめとする風光明媚な観光地では、この先紅葉の美しいシーズンを迎える。その時期に再び多くの観光客を迎える態勢が整っていることを祈りつつ、次回、あらためて旅の続きを記そうと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 2013夏・関西鉄道乗りつぶしの旅【16】嵐山に憩う | トップページ | 2013夏・関西鉄道乗りつぶしの旅【17】嵐電で締めくくり »

コメント

おはようございます
つい一ヶ月ほど前にお訪ねになったところなら、余計に想いは深いことと思います
実際、渡月橋の所は公園のある河川敷を入れると川幅が広いので、こんなに急に増水するとは驚きです
淀川水系の川は殆ど、避難指示水位まで増えていたそうです
京都市の西と南の地区も京都府下も川の決壊で避難された方も多かったとか
今回の台風で、改めて自然の厳しさを認識しなおしました
いかさまさんのように、被災地域の方への想いが少しでも皆さんを元気づけることになればいいなと思います

私もこの場をお借りして、
被災された地域の方々に、お見舞い申し上げますm(_ _)m

投稿: tutatyan | 2013/09/17 06:17

かき混ぜる気はないけど・・・
buzzっちと逢ったんだね。
びっくりしたけど嬉しかったです。

ツーショット写真、さっき見ました~^^イケメン?(笑

投稿: 華凜 | 2013/09/17 22:41

>tutatyanさん
いつもありがとうございます。
tutatyanさんのあたりは大丈夫だったのでしょうか?

嵐山周辺もそうでしたが、福知山市の冠水、美浜町や八幡市での土砂崩れ災害など、どこも先日通ったばかりのところでしたので、衝撃もひとしおなのです。

今回の台風は想像以上に大型で、全国各地に多くの傷跡を残して行きましたね。熊谷では竜巻とみられる突風も吹いたようです。
予期せぬ形で突然に襲ってくる自然災害。これは台風に限らず地震や津波、噴火なども同じですが、ひとたび被害が発生しないと対策が進まないのが悲しさでもあります。
こうした機会に、どういう備えをすべきなのかしっかり検証する必要がありそうですね。もちろん、のど元過ぎても熱さを忘れないように…。

投稿: いかさま | 2013/09/17 22:56

>華凛さん
お久しぶりです! お変わりありませんか?

おかげさまでブログも何とか1年半続いています。
当時の華凛さんのブログでbuzzっちさんと絡んだご縁が、こういう形で実を結びました。
華凛さんがいなければ、この出会いはありませんでした。
本当にありがとうございました。

自称イケメン2名、これからもがんばっていきます(笑)

投稿: いかさま | 2013/09/17 22:59

うんうん^^
毎日がスペシャルデーになりますよう~^^
こちらは、バタバタですが、頑張ってますよ~
いかさまさんも、真面目な人柄、お変わりないですね。

では、時間があるときに伺いますね(((o(*゚▽゚*)o)))

投稿: 華凜 | 2013/09/17 23:23

>buzzっちと逢ったんだね。

久々に現れたかと思えば「さま」がぬけてるやん! ( ̄人 ̄)

投稿: buzzっち | 2013/09/18 00:51

buzzっちさま

お久しぶりです。
あまりに間が空きすぎてログインの仕方忘れて^^;
外部から、そちらに伺ったのですが、スパム?がどうとかで書き込めませんでした;;
いかさまさんの方には書きこめたので^^
ブログにも性格があるんでしょうね~(笑)

・・・ということで、いかさまさん、ブログには関係のないことをここに書き込ませていただいたこと、感謝です。

投稿: 華凜 | 2013/09/18 20:55

こんばんは。

今年は降水量が半端なく
度を超えているような気がしてなりません。

先日、私の居住している地域近郊でも
床上浸水・冠水、停電...と被害があり
このような事は決して他人事ではなく
いつあってもおかしくない災害だと
認識していかなければならない環境にある、と思ったのです。
実際、備えたりする事は二の次になってしまいがちですが…

投稿: 空色ナナイロ | 2013/09/18 23:07

>buzzっちさん & 華凛さん
人のブログ上でじゃれ合わないでください(笑)

なーんて、華凛さんもたまにはここへ遊びに来てくださいね。
buzzっちさんのところも、華凛さんをブロックするなんてひどい話ですね(笑)
でもとっても優しい方ですよ。

投稿: いかさま | 2013/09/20 00:26

>空色ナナイロさん
いつもありがとうございます。
空色ナナイロさんのところは大丈夫だったのでしょうか。

上にも書きましたが、災害が起こらないとこうした心構えができない、というのは人間の悲しい性ではありますが、近くで起きたことをいずれ自分にも起きることと考えられれば、いろいろなことが見えてくるのでしょうね。

投稿: いかさま | 2013/09/20 00:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風の爪痕:

« 2013夏・関西鉄道乗りつぶしの旅【16】嵐山に憩う | トップページ | 2013夏・関西鉄道乗りつぶしの旅【17】嵐電で締めくくり »