« 東京鉄道落穂ひろい【5】競馬場・動物園・公園… | トップページ | 東京鉄道落穂ひろい【7】江ノ島海岸・3つの鉄道路線(2) »

2013/10/24

東京鉄道落穂ひろい【6】江ノ島海岸・3つの鉄道路線(1)

今日の昼ごはんが「どん兵衛」1個だったいかさまです。


これまでの旅の経過は⇒こちら

Enoshimaサザンオールスターズの歌にもしばしば登場する江の島。このエリアには、3本の鉄道路線が通っている。今後の乗りつぶしを効率的に進めるためには、今回でこのすべて、もしくは最低でも1ないし2線は片付けておきたいところである。

9月30日、月曜日。まずは大船から7時30分発の湘南モノレールに乗車する。大船と湘南江の島を結ぶ6.6kmの懸垂式モノレール路線である。出発前から3両編成の車内は、小中学生や通勤のサラリーマン姿が多くみられ、観光というよりは生活路線としての側面を垣間見ることになる。

Dscn2901 Dscn2903
出発するとすぐ、バスも頻繁に走る2車線道路の上へ出る。見下ろす道路は狭く、交通量も多い。その道路上の空中を行くモノレールも単線である。道路のカーブにあわせてこちらも曲がる。さらには道路以上にアップダウンが激しく、道路との距離が広がったり狭まったりする。1~2駅ごとに行き違い設備があるが、ラッシュ時7~8分間隔での運転は、単線路線としてはほぼ限界だと思われる。

Img_0925 Dscn2904
湘南深沢
を出てしばらく走ると、道路上から外れて山の中へ入り、トンネルに突っ込む。懸垂式モノレールのトンネルは珍しく、全国でもここだけである。トンネルはこの先、目白山下と湘南江の島の間にもある。この区間に限らず、地形なりにアップダウンやカーブが多く、距離が短い割には意外に退屈しない。文句があるとすれば、SuicaなどのICカードが使えないことくらいである。

Dscn2906 Dscn2907
道路との高低差がやたらと小さくなる片瀬山で学生の一団が下車し、車内は閑散とする。2つ目のトンネルをくぐると、正面遠くに海が見え、湘南江の島駅に着く。
一見しただけではただの雑居ビルにしか見えない湘南江の島駅から、海岸へ向かって歩く。途中で江ノ電の踏切を渡る。踏切の脇には、江ノ電の江ノ島駅がある。

Img_0927 Img_0928
商店が並ぶ路地をまっすぐ歩くと、境川の河口付近に出た。正面に江の島が見える。それを越えてさらに歩き、海岸近くへ出ると、小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅がある。江の島に最も近い駅である。竜宮城を模したとされる駅舎は、派手派手しく、周辺の風景にマッチしているようには思えない。

Dscn2912片瀬江ノ島駅から相模大野行きの各駅停車に乗る。10両編成の車内は、通勤客で満杯である。鵠沼海岸あたりまで相模湾に沿って走るが、住宅に遮られて海は見えない。そこから大きく右にカーブして内陸に入り、本鵠沼を経て藤沢まではおよそ10分である。

藤沢で江ノ島線の電車はスイッチバックして相模大野・新宿方面へ向かうが、私はここで下車した。
ここから江ノ電で鎌倉へ引き返すことも考えたが、他にも潰しておきたい路線がいくつかある。私はそれらの路線を乗り歩き、昼下がりに再び藤沢へ戻って来ることになった。この先は、また次回。


ランキング参加中です。よろしかったら、ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 東京鉄道落穂ひろい【5】競馬場・動物園・公園… | トップページ | 東京鉄道落穂ひろい【7】江ノ島海岸・3つの鉄道路線(2) »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

2013東京近郊落ち穂拾い」カテゴリの記事

コメント

「針に糸を通すが如く」見つけちゃったわ

>今日の昼ごはんが「どん兵衛」1個だったいかさまです。
それで十分やないですか(笑)

投稿: buzzっち | 2013/10/25 06:11

ご近所の話題です
とはいっても、
江の島に行くには自転車が一番! というロケーション
あまり電車のお世話になることはありません。
江ノ電の江ノ島駅はどこや? という感じです。
ちなみに、小田急はわかります
息子たちが1年生のときにクラスでモノレールに乗って
海に花火をしに行ったことがありましたけど
「Suicaは使えないので、現金を持って!」と
幹事さんから注意がありましたっけ

投稿: 瑠璃 | 2013/10/25 14:19

社員寮が藤沢にありました
デートはもっぱら江の島へ、ドライブでした

投稿: 姉さん | 2013/10/25 21:52

こんばんは!
ものすごく身近な電車が登場してビックリです!
でも、モノレールがSuicaが使えないとは知りませんでした…
そしていかさまトラベラーの読者の方々が意外と近くにいるかもしれないことにもビックリです。
身近な電車ねたで何度もビックリの回でした!

投稿: ミナゾウ | 2013/10/25 23:15

こんばんは!
江の島と聞くとついつい反応する私です。
湘南モノレールにはまだ乗った事が無いんです。
一度は乗ろうと思っていました。
ICカードが使えないのですね。
情報ありがとうございました

投稿: ミミ | 2013/10/26 21:59

>buzzっちさん
こんばんは。いつもありがとうございます。

そうですね。非鉄かつ関西在住のbuzzっちさんとしては
多分、今回はそこしかないような気がします(笑)
1個百数十円。この積み重ねが次回の旅につながるのです。

投稿: いかさま | 2013/10/27 23:05

>瑠璃さん
こんばんは。いつもありがとうございます。
モロご近所ですね。ひょっとしたらどこかですれ違って
いたかもしれませんね(笑)。

江ノ電の江ノ島駅は、確かにわかりづらい場所にあるかも
しれません。小田急片瀬江ノ島駅の方が駅に近いですし、
湘南モノレールの湘南江の島駅は、モノレールが真っ先に
目につきますからわかりやすそうですもんね。

ところで、地名と湘南モノレールは「江の島」、江ノ電と
小田急は「江ノ島」。この表記の使いわけには何か深い
理由があるんでしょうか?

投稿: いかさま | 2013/10/27 23:08

>姉さんさん
こんばんは。いつもありがとうございます。

横浜といい湘南といい、乗り鉄をしていてもひしひしと
感じるのですが、こういう風光明媚なところで日常の
生活を送れるというのは幸せですね。
デートで江の島ドライブ。20年若返ることができたら
一度はやってみたいです(笑)。

投稿: いかさま | 2013/10/27 23:10

>ミナゾウさん
こんばんは。いつもありがとうございます。

僕自身も、江ノ電ネタで、いつも読んでくださっている
皆様がこんなにこの近くにいらっしゃるとは思いません
でした。
皆さん、おたがいどこかで知らないうちにすれ違って
いるかもしれませんね(笑)。
どういうわけかICカードが使えない、首都圏では珍しい
鉄道のひとつです。ご乗車の際は現金をお忘れなく。

投稿: いかさま | 2013/10/27 23:12

>ミミさん
こんばんは。いつもありがとうございます。

他の地方の人間にとっては、「湘南」とか「江の島」
などという響きは、とても輝かしく聞こえますね(笑)。

観光客には江ノ電の通し乗車をぜひお勧めしてみたい
ところですが、湘南モノレールも捨てがたい魅力です。
ただ、終点寸前まで海岸も江の島も見えませんから、
純粋に景色を楽しめる方向きの乗り物ですね。

投稿: いかさま | 2013/10/27 23:15

地図とかに載っている正式な地名表記は
「江の島」だそうですよ。
駅名は、鉄道会社の趣味?
11月にPTAのイベントで江の島散策があり
広報でその記事を書かなきゃならないので
違いをちょうど調べたところです

投稿: 瑠璃 | 2013/10/28 15:00

>瑠璃さん
レスポンスありがとうございます。
地名なのにずいぶんアバウトなんだなぁ(笑)と、自身でも調べてみたのですが、やっぱりアバウトでした(笑)

地元住民は意外と、正式表記の「江の島」より「江ノ島」の雰囲気を好んでいるみたいですね。

http://www.s-n-p.jp/enosima_hyouki.htm

投稿: いかさま | 2013/10/30 00:27

はじめまして。私も乗りつぶしを楽しんでいる者です。
今は湘南モノレールの沿線在住です。
今年(平成30年)の4月から湘南モノレールもPASMOが使えるようになりました。
Kitakaも使えますので、江ノ島散策にぜひ。

投稿: ウォーターロボ | 2018/04/06 19:58

 ウォーターロボさん、はじめまして。
 コメントありがとうございます。
 ICカードが使えるようになると、湘南モノレールの利便性もまた高まりますね。アップダウンの目まぐるしい路線はとても楽しかったです。江ノ電と合わせてぜひ再訪してみたいと思います。
 よろしかったらまたお越しください。

投稿: いかさま | 2018/04/07 00:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京鉄道落穂ひろい【6】江ノ島海岸・3つの鉄道路線(1):

« 東京鉄道落穂ひろい【5】競馬場・動物園・公園… | トップページ | 東京鉄道落穂ひろい【7】江ノ島海岸・3つの鉄道路線(2) »