« 2015年JRダイヤ改正の光と影【1】北陸新幹線の延長開業 | トップページ | ゆく年2014 »

2014/12/26

2015年JRダイヤ改正の光と影【2】上野東京ラインの開業

前回の続き。

3.上野東京ラインの開業
 北陸新幹線開業と並ぶ、今回のダイヤ改正の目玉のひとつが、上野東京ラインの開業である。
 ほんの数十年前、東海道本線列車のターミナルは東京駅、東北本線・高崎線・常磐線列車のターミナルは上野駅と、明確に役割が分かれていた。昭和40年代まで、東北・高崎・常磐線のごく一部の列車が東京駅へ乗り入れていたことがあるが、東北新幹線の工事により中止されている。東海道本線・東海道新幹線から東北・高崎・常磐線の列車に乗り換えるには、東京・上野と二度の乗り換えを余儀なくされていた。

 この状況が変わったのは、1991年の東北新幹線東京駅乗り入れである。上野駅発着だった東北新幹線が東京駅へ乗り入れたことで、新幹線利用客の乗り換えが東京駅の一度で済むようになった。
 さらに2001年、東北・高崎線と東海道線を池袋・新宿経由で結ぶ湘南新宿ラインが開業すると、両線を乗り換えなしで行き来できるようになり、近距離客の利便性も格段に向上した。

 今回、東北新幹線工事により撤去されていた東京-上野間の列車線を復活させ、東海道線と東北・高崎線の直通運転が実施され、東北・高崎線の半数以上の電車が東海道線へ直通する。また、常磐線についても、特急はデータイムを中心に半数以上、それ以外の列車も半数近くが品川駅まで乗り入れる
 直通旅客の利便性が大幅に向上するのはもちろんだが、同時に並行する山手線・京浜東北線の混雑緩和効果も期待されており、喜ばしい話である。

 そうした一方で気になる「」の部分は、上野駅の今後である。
 北への玄関口として利用されてきた上野駅は、高架ホーム12線、地平ホーム5線、地下ホーム(新幹線)4線を有する一大ターミナルである。特に地平ホームは、ヨーロッパの終着駅を髣髴とさせる行き止まり式のホームである。かつては8線あった地平ホームには、特急・急行をはじめ、北への列車がずらりと並び、壮観であった。

 それが東北・上越・長野新幹線の開業により、特急・急行列車は常磐線の「ひたち」系統を除いて姿を消し、北へのターミナルとしての上野駅の印象は薄まった。上野東京ラインの列車はすべて高架ホームの発着になるから、地平ホームを発着する列車はさらに減ることが予想される。ノスタルジー以外の何物でもないかもしれないが、昭和の鉄道風景がまたひとつ、消えていくような気がして寂しい。

 ノスタルジーといえば、今回のダイヤ改正により登場する新しい列車の名前には、かつて姿を消した愛称の復活が多い。「かがやき」は1997年の北越急行開業まで新幹線接続列車として金沢-長岡間で運転された特急、「つるぎ」は大阪-新潟間の寝台特急、「しらゆき」は金沢-青森間の急行に使用された名称である。また、常磐線には、かつての急行「ときわ」の愛称が特急に復活する。

 こうした愛称の復活は、昭和以来の鉄道ファンの私としては懐かしくも嬉しい話ではあるが、一方で復活前と復活後の運転区間や列車の性質があまりに変わってしまうと、その違和感にとまどうことになる。
 その最たるものが「はやぶさ」である。今回の改正とは直接に関係はないが、再来年開業する北海道新幹線の新函館北斗直通列車にも踏襲されるこの列車名、私の脳内では鹿児島に向かうブルートレインの印象が未だに抜けないのである。


ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、
ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ
 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム


 

|

« 2015年JRダイヤ改正の光と影【1】北陸新幹線の延長開業 | トップページ | ゆく年2014 »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

私は常磐線沿線に住んでいますので品川までの乗り入れ喜んでいます。
・・が、実家や、息子のいる山形へは、上野駅から新幹線に乗ります。
上野は北への玄関口だと思います

投稿: 姉さん | 2014/12/26 21:52

おっしゃる通り、2015年3月は光と影が鮮明になりますね。
便利さばかり追求しないで、セーブしながら、生活していくのもこれからの智恵と思うのですが、停滞できない/怖いと考えているのが今の日本経済と思います。
心配しつつも、その状況の中で楽しめるファンでもありたいと思っています。
いろいろな記事をありがとうございました。
良いお歳を!

投稿: キハ58 | 2014/12/30 12:54

>姉さんさん
いつもありがとうございます。
常磐線沿線にお住まいですと、やはり上野駅での乗り換えが一番便利なんですね。私自身は岐阜と北海道の行き来で上野駅を何度も利用しましたから、未だに玄関口のイメージは強いです。住む場所、行く場所によって印象はさまざまなのでしょうが、一般論としての上野駅の印象は今後薄まっていくような気がして仕方がありません。

投稿: いかさま | 2014/12/31 21:21

>キハ58さん
いつもありがとうございます。
便利な生活というのは一度手に入れてしまうと容易に手放すことはできません。何かを得て便利になると、もう少し、さらにひとつと欲が出るのも人間だから仕方がないですね(笑)
これから人口が減少していく中で、果たしてその投資が必要なのか、原資は回収できるのか、疑問にならざるを得ない場面も出てくるように思います。

今年1年ありがとうございました。来年も引き続きよろしくお願いいたします。

投稿: いかさま | 2014/12/31 21:23

明けましておめでとうございます!
昨年は楽しませて頂きました。
いかさまさんの「乗りつぶしの旅」が目標達成できますよう、またオモシロ旅ブログが長く続きますようお祈りしております。
仕事や生活で色々忙しい年齢や状況になっておりますが、楽しみつつ頑張っていきたいですね。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

投稿: ミナゾウ | 2015/01/04 16:04

>ミナゾウさん
ご挨拶が遅れまして申し訳ありません。
こちらもミナゾウさんのブログは楽しみに拝見しています。忙しい日々が続いていることと思いますが、無理せずがんばってくださいね。こちらもマイペースでお届けしていきたいと思っています。
本年もよろしくお願いいたします。

投稿: いかさま | 2015/01/13 00:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015年JRダイヤ改正の光と影【2】上野東京ラインの開業:

« 2015年JRダイヤ改正の光と影【1】北陸新幹線の延長開業 | トップページ | ゆく年2014 »