« 北海道新幹線 1週間の成績表 | トップページ | 43歳・初沖縄【6】たまには食べ物の話も。(その1) »

2016/04/06

43歳・初沖縄【5】「ゆいレール」で訪ねた首里城

 いよいよ鉄道の話


Okinawa7
 今回の旅は、パック旅行にセットされていたレンタカーを足に、初日名護市、2日目恩納村とホテルを移りながら南下してきた。
 3日目、おきなわワールドを出てさらに何か所かに立ち寄り、夜になって那覇市内へ戻る。レンタカーは4日目までフルに使うことができるが、市内はかなり渋滞すると噂に聞いていたので、私は家族を国際通りのホテルまで送り届けたあと、豊見城市にあるレンタカー営業所へひとりクルマを返却に行った。


 レンタカーの営業所から那覇空港までは無料で送迎してくれるが、その途中に沖縄都市モノレール、通称「ゆいレール」の赤嶺駅がある。私はそこで送迎車を降ろしてもらった。


 
Dscn5437_2 Dscn5441_2
 那覇空港と首里を結ぶ延長12.9kmの「ゆいレール」は、もちろん日本の最南端・最西端を走る鉄道である。その中にあって赤嶺駅は、北緯26度11分36秒、日本最南端の駅である。夜の闇の中にぽっかりと浮かぶ天空の島のような駅へ上がると、2両編成の首里行きがやってきた。小さな電車だが、よく混んでいる。駅が近付くたびに沖縄民謡のチャイムが流れる。私は家族が待つ国際通りのレストランへ向かうため、美栄橋駅で下車した。道路に出て振り返ると、美栄橋駅は赤嶺駅と同じように路上に浮かんでいた。


Dscn5500 Dscn5458
 翌朝、家族とともに、ホテル近くの牧志駅から再びモノレールに乗る。駅のつくりはどこも大同小異で味気ないが、幹線道路の上を走るモノレールは、牧志駅の先で大きく左に曲がり、古島駅の先では右に急カーブを切るなど、景色は変化に富む。アップダウンも多く、子供ならずとも運転席にかじりついて前を見たくなる。


Dscn5461 Dscn5465
 ほどなく右手丘の上に首里城が見えてくると首里駅。3年後をめどにモノレールは浦添市方面へ延伸が計画されており、それまでの仮の終着駅である。もっとも現段階では、レールは首里駅の少し先でパッツリと途絶えており、先に伸びるようには見えない。ここから上の坊主が楽しみにしていた首里城までは、城壁に沿って歩くこと10分ほどである。


Dscn5476 Img_2163
 いくつかの門をくぐってたどり着く首里城は、歴史を紐解けば14世紀、第一尚氏時代の琉球王国以来の歴史を持っているとされている。何度か火災で焼失、再建を繰り返した後、1945年の太平洋戦争における沖縄戦で完全破壊された。正殿の再建は1992年と比較的新しい。
 この正殿に先立って1958年に復元されたのが守礼門である。正殿を中心に一帯が首里城公園として整備されている現在と異なり、当時はこの門だけがポツンと立っていたことから、日本三大がっかり名所のひとつに数え上げられたこともある。


Dscn5507 1時間あまりで場内の見学を終え、15分ほど歩いて、首里駅のひとつ手前、儀保駅からモノレールに乗り、牧志駅へ。国際通りでお土産の調達を済ませて、ホテルに預けておいた荷物を受け取り、牧志駅から日本最西端の駅、那覇空港駅へと移動して沖縄の旅を締めくくった。家族サービスもさることながら、この瞬間に私の個人的な目標も達成されたことになる。


 3年後にはまた乗りに来なければならないのだけれど。



 沖縄編、もう少し続く。




ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム
 

|

« 北海道新幹線 1週間の成績表 | トップページ | 43歳・初沖縄【6】たまには食べ物の話も。(その1) »

日本の旅人」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

まずは「目標達成☆」おめでとうございます(笑)

わたしが以前、沖縄を訪れたときも、
やはりゆいレールに乗って首里城へ行きましたが、
城内一部修理中…とのことで、少々消化不良感を残しつつ旅を終えました(^-^;
でも、もう終ってるみたいですね。
ゆいレールの車内音楽が、沖縄チックだったのを覚えています。

投稿: アケ | 2016/04/08 00:51

 アケさん、いつもありがとうございます。
 お返事が遅くなりましてすみません。

 首里城はかなりの部分が修復されて公開されていますが、一部の門などまだ修復作業中のところもあり、完成を見るのはまだまだ先のようです。それでも「がっかり名所」と揶揄された当時からは比べ物にならないくらい整備は進んでいることと思います。

 「ゆいレール」首里駅・儀保駅から首里城公園へは徒歩で10~15分と少し遠いですが、都心からの渋滞を避けて観光するのには便利だと思います。民謡をアレンジした車内チャイムも楽しいですね。

投稿: いかさま | 2016/04/10 23:46

こんにちは♪
 
同じく ゆいレールで首里城まで行きました。
いかにも観光客風だったのか、
降りた場所にいたタクシーの運転手さんが
「首里城は かなり遠いから乗って行きなさい」と誘ってきました。
足には自信があったので 断って歩きましたが
言われた程の距離ではなく騙されかけたのかな?なんて思ったのを思い出しました( ´艸`)プププ

投稿: 花mame | 2016/04/14 13:19

 花mameさん、いつもありがとうございます。
 丘の上にある首里城はかなり距離があるように感じますが、およそ徒歩で10分ほどでたどり着くことができますので、散歩にはちょうどいい距離ですよね。タクシーの運転手さんはきっと商売熱心だったのでしょう(笑)
 昨今のパック旅行はレンタカーがセットになっていますのである意味便利ですが、ぜひゆいレールで首里城を訪問して欲しいなと思います。

投稿: いかさま | 2016/04/15 00:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 43歳・初沖縄【5】「ゆいレール」で訪ねた首里城:

« 北海道新幹線 1週間の成績表 | トップページ | 43歳・初沖縄【6】たまには食べ物の話も。(その1) »