« 2009年世界の旅【72】ドイツ~オランダ 国際列車で国境越え | トップページ | 子供たちのそれぞれの冒険の夏【その2】 »

2017/08/06

子供たちのそれぞれの冒険の夏【その1】

 湿気がまとわりつくような暑さで夜も寝苦しかった7月から一転、ここしばらく、やや乾いたさわやかな暑さと涼し気な夜が続く、ようやく北海道らしい夏の雰囲気になった8月の北海道。本州と比べてやや短い4週間あまりの子供たちの夏休みも始まっている。


 こうした中、今日、我が家の下の坊主が、私の実家である岐阜に向けて旅立った。
 昨年秋の旭川への来襲以来、ひとりで行動することにいくらかの自信を見出したらしい坊主は、今年の春にもひとりで私の実家へ行っている。ただしこの時は、航空会社の子供サポートサービスを利用し、チェックインから到着先での出口まで至れり尽くせりのサービスを受けて悠々自適の空の旅であった。


 今回は違う。空港での見送り、出迎えはあるものの、サポートサービスなしで、自分で保安検査場を抜け、搭乗口を探し、飛行機の指定された席に座って、到着後は手荷物を自力で受け取って、私の父の待つ出口までたどり着かなければならない。
 前夜、私は坊主にeチケットを手渡し、手荷物を預けてから飛行機に乗り降りするまでの一連の手順について懇切丁寧に説明した。ちゃんと伝わっているかどうか気になったが、到着先で手荷物を受け取る場所を説明しようとすると、「ああ、あの回転寿司みたいなとこね」と妙な形で理解している様子。なんとなく安心したが、そのあと、私が風呂に入っている間に、坊主は嫁に「どうも自信がない」とぼやいていたらしい。


 さて、今日。私と嫁と坊主は空港に出発の45分前にたどり着いたのだが、盆休みを前にした民族大移動がすでに始まっているのか、手荷物預かりはすでに長蛇の列。大きな荷物を多量に抱えた乗客が多く、しかも検査装置が1台しか動いていないから列は遅々として進まない。中部国際空港行きの保安検査締め切り時間である出発15分前になっても、坊主の前にはまだ50人以上の客が残っている。係員に尋ねても、「大丈夫です。お待ちください」の一点張りである。45分前なら大丈夫だろうという私たちの見込みも甘かったようだが、乗客の多さに航空会社の対応も追いついていない雰囲気がありありと見える。


 ようやく「中部国際空港行き〇〇便にお乗りの方がいらっしゃいましたら…」と呼ばれたのは、出発定刻の5分前。手を挙げて列の前に移動させてもらい、優先で手荷物の検査を受けてタグをもらうと、保安検査場へダッシュ。eチケットと手荷物タグの扱いについてじっくり説明する余裕もなく、走りながら簡単に教えるのが精いっぱいである。


 救いだったのは、空いた保安検査場で便名を連呼していた係員が、坊主の手を引くようにして保安検査場を通し、搭乗口まで連れて行ってくれたらしいこと。検査場の外で見送る私たちを振り返る余裕もなく、坊主は保安区域へと吸い込まれて見えなくなった。坊主にとっては、自力で搭乗口を探して歩かなければならないリスクがなくなった分だけ気分的には楽だったのではないかと思う。


 結局飛行機は20分ほど遅れての出発となったらしい。私たちのせいではないか、と一瞬冷や汗をかいたが、後で確認すると到着便の遅れが理由とのことで、やれやれである。
 とにもかくにも坊主は無事飛行機に乗り、そして私は慌ただしさの中で駐車券を紛失し、駐車場の出口でふたたび冷や汗をかくことになった。


 それからおよそ2時間後、坊主は無事に中部国際空港で私の父と合流することができたようである。ただし、飛行機を降りてから手荷物を引き取るまで、例の回転寿司の前でややしばらく待たされたらしく、私は父から「飛行機は着いたのに坊主が出て来ない」と3回にわたって心配の電話を受けることになった。


 さて、どんな夏休みになるのか、帰ってから報告を受けるのが楽しみである。

ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム


|

« 2009年世界の旅【72】ドイツ~オランダ 国際列車で国境越え | トップページ | 子供たちのそれぞれの冒険の夏【その2】 »

日常の旅人」カテゴリの記事

コメント

想像以上の混雑で大変でしたね。
初めて一人で飛行機に乗るとき、私も不安でした。
二十歳は過ぎてましたが
回転寿司のようなって表現は面白いですね
思い出の残る夏休みになりそうですね

投稿: kasukasu chan | 2017/08/07 01:55

おはようございます。
初めてのお使いではないですけど、心配でしょうね親として。(*^m^)
だけど、焦りますよね搭乗前のあわただしさ。
子どもの1人立ち、親の喜びでもあり、ますます今後が楽しみですね。羨ましい(* ̄ー ̄*)

投稿: mitakeya | 2017/08/07 06:42

そうやって子供は自立、親も子離れしていきます。
私も長女が幼稚園、次女が3歳の時、
2人だけでバスに乗り・・・私の母の所に出かけた事を
思い出しました。
帰ってきた時の子供たちの自信に溢れた顔を
思い出しました。

投稿: マーチャン | 2017/08/07 10:20

お疲れ様です。自分の飛行機デビューは東京に住んでいたころ仕事で栗山町に行くために羽田~千歳を利用した21歳ですし、帰りは寝台特急北斗星だったことを思い出します。セントレアは、他の空港と比べて結構保安検査がゆるいので、すぐ通してくれますが、帰りの千歳や福岡は厳しいのでカッターナイフを筆箱に入れたままで没収されたことがありますね。楽しい夏休みになるといいですね。

投稿: かわうそくん | 2017/08/07 14:36

親も子もドキドキの夏休みですね!
でも、とってもいい経験だと思います。
子供サポートサービスで一度経験しているので
不安の中にもちょっと自信が見え隠れする感じでしょうか(笑)
私も飛行機はほとんど縁がないので
いざ使うときがきたら、サポートサービスが欲しいかも?です。
飛行機の切符って、どうやって買うんでしょう?
(・・・というレベルです)

投稿: 瑠璃 | 2017/08/07 19:25

こんばんは!
一人旅も心もとないですが、
予想以上のの混雑や遅れるなど、
予想外の事があると更に心配ですよね。
それを乗り越え
息子さん一回り
逞しく成長するんでしょうね。

私の夫も駐車券をよく無くすので
いかさまさんの駐車券の件がその後
どうなったかとっても気になります。

投稿: monna | 2017/08/07 22:40

こんばんは。
お子さんも親御さんもドキドキの出発でしたね。
一人で飛行機に乗り込むお子さんの気持ちわかる気がします。
私なんてこの年になっても一人で未知の土地に行く時はドキドキです
だから念入りに下調べしますが…
でも搭乗のドタバタで不安もどこかへいってしまったかも。
見送るいかさまさんと出迎えるお父様の方が余程不安だったかもしれませんね。

投稿: ミミ | 2017/08/10 20:42

こんばんは☆
 
北海道は オホーツク海高気圧のせいで
涼しいを超えて寒いくらいだと聞きました。
暑いは暑いで イヤですけど
この季節に寒いくらいと言うのも 寂しい気がします。
当地も 昨日(猛暑日)に比べると随分と過ごしやすかったです。
 
岐阜と言いますと、とても暑いイメージがありますが
ご子息は 夏を満喫していらっしゃるでしょうか。
 
経験のないことを 一人でこなさなければいけない一人旅は
大人だって自信がないものです。
きっとこの旅で またひとまわり大きくなるのでしょうね。
 
帰って来てからの報告が楽しみですね♪

投稿: 花mame | 2017/08/10 22:23

 kasukasu chanさん
 コメントありがとうございます。下の坊主はちょいちょい二流小説家ばりの面白コメントを残します。ある種の余裕ではないかと思いますが、その割には小心者で、実はけっこうビビっていたのではないのかと思います。

投稿: いかさま | 2017/08/12 00:33

 mitakeyaさん、いつもありがとうございます。
 ひとりで乗り物に乗るのは、昨年旭川まで高速バスで来たことがあるのでそれほど心配はしませんでしたが、飛行機の場合は手続きが何かと多いですからね。あわただしすぎたので、帰りまで覚えていてちゃんと対応できるか気がかりですね(笑)
 

投稿: いかさま | 2017/08/12 00:35

 マーチャンさん、いつもありがとうございます。
 そういえば私も幼稚園の頃から母の実家がある隣町まで、ひとりでバスに乗り、途中の停留所で降りてそこから歩いて出掛けて行ったものです。亡き祖父以来のいかさま家の血統ですが、その割には下の坊主は遅めのデビューです。

投稿: いかさま | 2017/08/12 00:37

 かわうそくんさん、いつもありがとうございます。
 私も飛行機デビューは結構遅く、18歳の時、大学受験のために名古屋空港から千歳空港へ飛んだのが最初でした。ちなみに受験が終わった後の帰りは寝台特急北斗星。かわうそくんさんと同じですね(笑)

投稿: いかさま | 2017/08/12 00:40

 瑠璃さん、いつもありがとうございます。
 私自身の経験も踏まえて、こういう経験はなるべく早い方がいいのかな、と思っています。最近は航空券を窓口で受け取る必要がなく、インターネットで購入し、プリントアウトしたQRコードをかざすだけでOKですから楽々ですよ。

投稿: いかさま | 2017/08/12 00:43

 monnaさん、コメントありがとうございます。
 駐車券は結局発見できませんでしたが、出口ゲートで申告すると、止めていた時間分だけの料金を取られるだけで済みました。入口ゲートの監視カメラでナンバーを確認しているようです。便利な反面、ちょっと怖い感じもします(笑)

投稿: いかさま | 2017/08/12 00:46

 ミミさん、いつもありがとうございます。
 自分が旅に出るときはほぼ行き当たりばったりなのですが、さすがに子供ひとりとなると念入りに調べますね。。今回のように出発でバタつくと、ひとりで慌てているお父さんよりもむしろ坊主の方が落ち着いていました。内心はどうか不明ですが(笑)

投稿: いかさま | 2017/08/12 00:50

 花mameさん、いつもありがとうございます。
 こちらは朝夕は少し涼しいくらいですが、北海道らしい夏の天気が続いています。岐阜の方はあまり天気も良くないようですが、それでもいろんなところに連れて行ってもらって満喫しているようです。宿題の仕上がり具合が気になるところです(笑)

投稿: いかさま | 2017/08/12 00:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供たちのそれぞれの冒険の夏【その1】:

« 2009年世界の旅【72】ドイツ~オランダ 国際列車で国境越え | トップページ | 子供たちのそれぞれの冒険の夏【その2】 »