« 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【19】 大井川鐵道のその先へ(2) | トップページ | 格安航空会社で飛ぶ実家への帰省 »

2017/12/25

2017年秋 北陸・東海乗り歩き【20】旅の締めくくり

これまでの経過は ⇒こちら


Dscn6992_2 Img_3076_3  
 井川駅は、井川の集落から少し離れた山中にあり、山に囲まれた静かな駅である。井川ダムは近いが、その他にはバス停と、小さな昔ながらの茶屋が1軒あるだけである。おばあさんが店番をしているその店で、火鉢の周りで焼いていた焼き団子を1本食べる。


Dscn6998 Dscn6999  

 井川11時28分発の列車で折り返す。こちらも乗客は少ない。谷あいの貧弱な線路を再び走り、11時47分、井川行きの列車と行き違う閑蔵で下車する。駅から少し下ったところあるバス停から、11時50分発の千頭駅前行きのバスに乗った。同じ大井川鐵道グループの運営で、「大井川周遊きっぷ」で利用することができる。


Dscn7001 Dscn7003  
 片側1車線の道路は、線路よりもはるかに立派で、カーブも緩やかである。立派なトンネルで険しい山を貫き、接岨峡温泉バス停まではわずか4分。大きく蛇行する列車は12時05分着と、閑蔵から18分を要する。
 その後も、途中部分的に道幅が狭くなる区間があるものの、長島ダム付近の鉄橋を見上げながら、奥泉駅前を経て、終点の千頭駅前には12時20分到着。閑蔵からわずか30分である。列車だと13時14分で、実に1時間近い大差がつく。こうなると鉄道にはまったく実用性がなく、井川線の性格も推して知るべしであるが、バスとて運行は11時台から15時台に限られており、あくまで観光客向けのショートカット路線らしい。


Dscn7006 Dscn7011  
 千頭駅には大勢の鉄道ファンが集まっていた。西武鉄道から移籍した電気機関車が、イベント列車として初営業運転されたらしく、そのツアー客のようである。ホームを移っての単機での撮影会も行われていたが、こちらはツアー客限定とのこと。
 その様子を横目に見ながら、12時45分発の金谷行き普通電車に乗る。行きと同じ旧南海の電車で、私が井川の山奥をうろうろしている間に金谷まで一往復してきたようである。途中の駿河徳山で、たくさんの客を乗せた黄色い客車を従えたSL急行と行き違う。こちらは相変わらず空いている。


Dscn7013 Dscn7016  
 金谷からは東海道本線を上って東京へ向かう。中線に停まっていたレール運搬用の事業用車両を眺めつつ、普通電車を興津で乗り継ぎ、三島からは修善寺始発の特急「踊り子114号」に乗る。185系電車も運転開始から36年を経過して廃車が一部で進んでおり、近い将来には特急「あずさ」から転用されるE257系電車に置き換えられると噂されている。転換シートで普通列車にも運用され、「軽薄特急」の代名詞とされた車両だが、座席がリクライニング式に交換された車内は、シンプルながら重みのある往年の国鉄特急の雰囲気を少し残している。


 横浜から京急で羽田空港へ入り、4日間の乗り歩きの旅は終了となった。236.8kmの路線に新たに乗車し、県別では新潟県富山県静岡県が完乗県に加わった。
 その一方で、帰りの飛行機やJRの中でも乗り残した福井鉄道のことが頭をもたげ、さて、どういう形でけりをつけようか、と、その後もしばらくの間思案することになった。



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【19】 大井川鐵道のその先へ(2) | トップページ | 格安航空会社で飛ぶ実家への帰省 »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

3県の完乗県おめでとうございますヽ(´▽`)/
そして福井は残念でしたが…(;´▽`A``
ある意味??いかさまさんの後ばかり追いかけている私が
いかさまさんに逢える切り札かも??福井は
なんて浅はかな事思ってしまいました。(人><。)

京急横浜までいらしていたのに旅の締めくくりの杯を
東京のゆきもいかさまさんと交わしたかったです(信州のユキさんと東京のゆきでおもしろくないですか?)私も旅の一部に加えていただきたかったです…残念(TωT)ノ~~~
また私の旅心を揺さぶってくださる旅行記楽しみにしています!!

投稿: ゆきぱんだ | 2017/12/25 02:14

いかさまさんらしい熟計された鉄旅でした!
お疲れさまです!!
185系で〆るなんて、オツですね!!!

投稿: キハ58 | 2017/12/25 23:26

こんばんは!
大井川鐵道に乗られたのですね。
この鉄道、SLなんかも持っていて、鉄道ファンには大人気であることは知ってますが、私は地元に居ながら未だ乗ったことはありません。
そうそう、大井川鐵道と言えば、家山という駅の傍にあるたい焼き屋の抹茶たい焼きがとても有名なんですよ。
抹茶味(薄緑色)の羽根つきの皮が特徴で、あんこがタップリ入ってます。
私も車で行って食べたことがあるのですが、けっこうイケますよ。
いかさまさんも食べましたか?
まだでしたら、是非もう一度いらしてください。
それから、京浜急行ですが、現在、私の通勤電車です。
毎日、金沢文庫から横浜まで乗ってます。
それだけですが・・・。

投稿: FUJIKAZE | 2017/12/26 22:22

横浜まで来ていたんですね。
いかさまさんの鉄道旅、行った所も出て楽しかったです。

今年も沢山の訪問ありがとうございました。
来年も宜しくお願いいたします。  m(_ _)m

投稿: マーチャン | 2017/12/30 19:32

 ゆきぱんださん、いつもありがとうございます。
 いつもこんな感じで詰めを欠きながら乗り鉄をしています(笑)ですから一度だめでもあきらめないで追いかけていただければどこかでお会いすることも必ずありますよ。

 いつか締めくくりの盃でもどこかの列車の片隅ででも、お会いしてたっぷり話したいものですね。
 今年1年本当にありがとうございました。

投稿: いかさま | 2017/12/31 02:14

 キハ58さん、いつもありがとうございます。
 数少ないチャンスをものにするために、確かにかなり練りこんだ旅だったと思いますが、どうも細部で詰めを欠く悪い癖が抜けません。
 私自身も、静岡から新幹線でなく在来線で、締めが185系、というのは、鉄道好きにしかわからない力作だと思っています(笑)

 今年1年本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

投稿: いかさま | 2017/12/31 02:16

 FUJIKAZEさん、コメントありがとうございます。
 大井川本線は28年ぶり、井川線は初めてでしたが、とても楽しい旅になりました。先日、テレビのバラエティ番組でも取り上げられていましたね。
 「食」に対するこだわりがあまりないせいか、名物やおいしいものに巡り合わないままに去ることが多いです。今回も昼食は千頭駅の駅そばでした。
 抹茶たい焼きは惹かれますね。FUJIKAZEさんのコメントを読んでいるだけで、食べたくてたまらなくなります。これは再訪するしかありませんね(笑)。

投稿: いかさま | 2017/12/31 02:22

 マーチャンさん、いつもありがとうございます。
 私も他の方のブログを読んでいて、自分が訪問した場所や乗った列車が出てくると、自分の記憶と重ねながら楽しく読むことができます。マーチャンさんにそうやって楽しんでいただけたのなら本望です(笑)
 来年も引き続きお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

投稿: いかさま | 2017/12/31 02:23

今年はいかさまさんのブログにお邪魔させていただき
いつもいかさまさんの背中を追う旅人でしたが
小便小僧さんの情報から松江のこと…旅のいろいろを勉強になりました!!ありがとうございましたm(_ _)m
列車の片隅~いいですね゜.+:。(*´v`*)゜.+:。
これから旅の糧がひとつ増えました
気の利いたコメントできなくてすみませんが
来年もよろしくお願いします。

投稿: ゆきぱんだ | 2017/12/31 19:22

 ゆきぱんださん、お返事が遅れまして申し訳ありません。
 私も折に触れてゆきぱんださんの記事に刺激を受けてきましたから、お互い様ですね(笑)
 こんな感じで本年もどうぞお付き合いください。
 よろしくお願いいたします。

投稿: いかさま | 2018/01/06 02:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【20】旅の締めくくり:

« 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【19】 大井川鐵道のその先へ(2) | トップページ | 格安航空会社で飛ぶ実家への帰省 »