« 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【番外その3】可部線の「復活」新線 | トップページ | 【新幹線札幌駅考】その3 「大東案」で決着へ »

2018/03/03

2017年秋 北陸・東海乗り歩き【総括】

 紆余曲折を経て、例によって総括。
 これまでの経過は⇒こちら


 今回の乗り歩きでは、本編(10月11日~15日)においては羽田空港を起終点として1,568.6kmを移動し、そのうち新たに乗車した線区は20線区、236.8kmとなった。移動距離を考えると著しく非効率的な乗りつぶしであるが、残り区間の場所や長さを考えれば致し方ない。これに番外で乗車した3線区4.8kmを加えて、新規乗車距離は241.6kmになる。


2017
 この結果、2017年末の時点での総乗車距離は、総延長27,635.0kmに対して27,168.0km、進度は98.3%に達した。残り距離は500kmを切り、467.0kmとなった。


 県別では、本編で新潟・富山・静岡、さらに番外で福井・長野・広島が新たに完乗県に加わり、未乗区間の残る都道府県は宮城・岩手・青森・北海道の4道県にまで減少した。
 路線・区間で見ると、残りは北海道新幹線・新青森-新函館北斗の148.8km、JR東日本山田線・盛岡-宮古の102.1kmの100km超え2区間を筆頭に、11路線13区間となっている。


 これまで私は、「近付いたと思えばまだ遠く、高い山の登山のようである」と乗りつぶしのプロセスを評してきた。けれども、ここまできてようやく先が見えてきた感がある。残る区間は比較的まとまった地域にあって、1回の遠征で片づけることも可能なように見える。
 2018年は新路線開業もなく、一気呵成に全線完乗を達成するには最適なのだが、2月から仕事の環境が大きく変わったこともあり、いつものように遠征に出られるかどうかはまだ判断しがたい。2019年になると沖縄から北陸・関東と至るところでちょこちょこと路線延伸の噂が聞こえてきており、目標達成はまた遠のきそうである。


 全線完乗を達成してしまったからと言って何もしなくなるわけではなく、結局はそういうところにはまた乗りに出掛けたりするわけであるが、どこかで、それもできるだけ早くひと区切りをつけたいという気持ちもある。なかなか難しい判断を迫られるところではある。



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道コム

|

« 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【番外その3】可部線の「復活」新線 | トップページ | 【新幹線札幌駅考】その3 「大東案」で決着へ »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

夢や希望は実現に向けて踏み出していくことに意義があります(笑)
頑張って下さい!!(*゚▽゚)ノ
楽しみに背中追わせていただきます(^_-)~☆
呉リベンジになりそうな??路線(区間)もありちょっと楽しみです(*^ー゚)b

投稿: ゆきぱんだ | 2018/03/04 05:21

駅数まで記録されているなんて素晴らしい!
JRで北海道と東日本を残されているというのに、何となく共感を覚えます。私も本州最後は鶴見線でした^.^;;
JR残り、北海道と九州です。

投稿: キハ58 | 2018/03/04 18:07

 ゆきぱんださん、いつもありがとうございます。
 率直に言うと残り4~5%くらいで次はどうしようか、とワクワクしているくらいが一番楽しかったような気もするのですが、ここまで来た以上はどこかで区切りを付けに行きたいと思います。
 達成の暁にはちゃんと事前に公表しますから、お祝いに駆けつけてくださいよ(笑)

投稿: いかさま | 2018/03/09 19:39

 キハ58さん、いつもありがとうございます。
 「近くだからいつでも行ける」と思っているとそこが最後まで残る、というのは仕事においても私がしばしば陥る罠ですが(笑)、北海道から行きやすいところが見事に残りました。
 キハ58さんは逆に遠いところが残っているようですね。じっくり、楽しみながら料理したいものです。

投稿: いかさま | 2018/03/09 19:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【総括】:

« 2017年秋 北陸・東海乗り歩き【番外その3】可部線の「復活」新線 | トップページ | 【新幹線札幌駅考】その3 「大東案」で決着へ »