« 2018年夏 東北乗り歩きの旅【6】大船渡線BRT・列車の来ない線路敷 | トップページ | 2018年夏 東北乗り歩きの旅【8】大船渡線と女川のカラフルホテル »

2018/08/01

2018年夏 東北乗り歩きの旅【7】 奇跡の一本松から気仙沼へ

 前回の続き


Dscn0366 Dscn0369  
 陸前高田はバスしか来ない「駅」だが、不定期営業ながらみどりの窓口もある新しい駅舎である。駅前広場の整備に向けて工事中だった。駅の山側には大きなショッピングモールがあり、周辺には真新しい商店が並ぶ。
 一方、旧駅舎もあった海岸にかけての一帯はまだ更地のまま、重機が忙しく働いている。猛烈な勢いで襲う津波は、一帯のほぼすべての建物と多くの人々の命を呑み込んだ。更地化された中に1棟だけ残る遺構の屋上に取り付けられた津波到達高さの看板が、津波の壮絶さを伝えている。


Dscn0368  陸前高田駅の少し奥にある、震災の被害状況を伝える小さな資料館と追悼施設でしばし頭を下げ、「奇跡の一本松」を目指して歩いてみた。
 高田松原にあった7万本の松のうち、津波に耐えて1本だけ残った奇跡の一本松は、その後の調査で根が枯死していることがわかり、防腐処理などを施され、樹脂製の心棒などで補強されて立っている。すでに植物ではなく人工物に近い状況だが、震災遺構のひとつであり、陸前高田の復興のシンボルになることは間違いない。一本松から採取した種子を育てて植林し、砂浜と松原を復活させるプロジェクトもあるという。


Dscn0373 Dscn0376  
 陸前高田駅から奇跡の一本松へは直線で結べば1kmあまりだが、工事が続くこの一帯はまだ道路の整備も進んでおらず、海岸沿いにある一本松へは大きくバス通りを迂回して歩く。
 15分ほど歩くとBRTの奇跡の一本松停留所に着いた。重機のアームの向こうに奇跡の一本松が見えているが、ここからでもまだ1km以上歩かねばならない。次の気仙沼行バスまでに行って帰ってくるのは厳しそうである。バスを一本落とせば、この先の行程に支障が出る。


Dscn0382 Dscn0386  

 17時01分発のBRTで気仙沼を目指す。バスの窓越しにもう一度一本松を眺めて、国道45号線を南へ向かう。
 市街地の外れで進行方向左手に、旧気仙中学校が見えた。3階建ての建物は骨格はしっかりしているが、3階まですべての窓が津波で打ち抜かれている。津波の高さはもちろんだが、街のすべてを押し流していった計り知れない水の力を感じずにはいられない。


Oofunato  バスは鉄道のルートを外れて国道45号線を走る。乗客は10人ほどで、岩手県最後の停留所、長部で3人ほどが下車し、県境を越えて宮城県に入る。
 気仙沼市街が近づくと、道路交通量は少しずつ増えていき、八幡大橋の手前で渋滞が始まった。交差点が詰まっているようで、なかなか車列が前に進まない。八幡大橋停留所では10分あまりの遅れとなる。このままの状況が続くと、気仙沼での大船渡線乗り継ぎが厳しくなる。時刻表どおりなら乗り継ぎ時間は23分である。


Dscn0389 Dscn0390
 幸い、国道を外れて気仙沼市街地方面への道に入ると渋滞は解消し、鹿折唐桑から再び専用道に入るとあとは快調。10分の遅れそのままで、盛同様、鉄道のホームにBRT乗り場が設置された気仙沼に到着した。
 時刻表にも「BRTと列車は接続しない」旨の記載があるとおり、一部区間で一般道も通るBRTの弱みのひとつが定時性である。専用道区間が増えれば定時性は増すのだろうが、一方で鉄道のルートを忠実に辿るのが利便性の面から必ずしも正解とも思えず、難しいところである。



 続く。

ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチッとな。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道コム

|

« 2018年夏 東北乗り歩きの旅【6】大船渡線BRT・列車の来ない線路敷 | トップページ | 2018年夏 東北乗り歩きの旅【8】大船渡線と女川のカラフルホテル »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

車で帰省の時はいつも、高田松原の道の駅に寄っていました。
本当に綺麗な、松林の海岸線でした。

投稿: 姉さん | 2018/08/02 06:38

 姉さんさん、いつもありがとうございます。
 7万本の松というのは正直想像がつきませんが、海岸をかたどる松林の姿を想像すると、きっと絶景だったのだろうと思います(27年前に見ているはずなのですが[汗])。
 美しい風景も自然の脅威の前にははかないものなのですね…。

投稿: いかさま | 2018/08/05 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年夏 東北乗り歩きの旅【7】 奇跡の一本松から気仙沼へ:

« 2018年夏 東北乗り歩きの旅【6】大船渡線BRT・列車の来ない線路敷 | トップページ | 2018年夏 東北乗り歩きの旅【8】大船渡線と女川のカラフルホテル »