« 中曽根康弘元首相のこと | トップページ | 令和最初のひとり旅【本線2】ゆいレール延伸区間 »

2019/12/16

令和最初のひとり旅【本線1】おおさか東線

 これまでにも何度も触れたとおり、今年に入って各地で新線の開業や路線延長が相次いでいる。鉄道の乗りつぶしをきわめた人になると、こうした路線の開業日には必ずはせ参じ、いわゆる「完乗タイトル」を保持し続ける強者もいる。だが今年のように、新規の路線がバラバラの場所でバラバラの時期に開業するとなれば、北海道住みの私など、いちいち対応していると破産に追い込まれる。開業のニュースはそれぞれにニュースやインターネット等で報道されており、私はそれを横目に見ながら、いそいそと持ち帰った仕事をしていたりするのであった。


 そういうわけでこのところ私の鉄道熱も何となく下がり気味ではあったのだが、自身の鉄道完乗から1年余り、年の終わりに憂いを残したまま新年を迎えるのは本意ではない。さまざまな理由でこのところ溜まっているガス抜きもしたいところである。働き方改革とやらで有給休暇も消化しなければならない。経済的な事情はあまり芳しくないが、買い物や支払いでセコセコと溜めたマイルだけは残っている。


 そういう複合的な理由が絡み合って、というかそれを口実にして、ようやく私の重かった腰は上がることになった。12月7日土曜日、早朝5時過ぎに家を出て、新千歳空港から7時35分発の大阪・伊丹行きJAL2000便に乗った。日程は3泊4日である。
 ターミナル前からリムジンバスに乗り、大阪メトロ御堂筋線と並走しながら新大阪駅へ。まず目指すのはJR西日本・おおさか東線である。


Dscn1806 Photo_20191216020101   
 もともと関西本線の平野と東海道本線の吹田を結ぶ、片町線貨物支線(通称「城東貨物線」)だった路線を旅客化したおおさか東線は、2008年にまず放出-久宝寺9.2kmが開業。この区間はもちろん私は2010年に乗車済みである。
 そして今年3月16日、新大阪-放出11.0kmが開業。ここが未乗区間となって残っている。今回の旅の最初の目的である。


Dscn1807 Dscn1811   
 新大阪発10時48分発の久宝寺行き普通電車に乗る。色は違えど、東京の中央線快速ではすでに引退した201系電車が頑張っている。発車するとしばらく東海道本線と並走し、東淀川駅の先で神崎川を渡ると東海道本線をオーバークロスして大きく右に曲がる。南吹田駅を出て、もう一度神崎川を渡ったところで、吹田からの貨物線が左手から合流。既存の貨物線を複線電化した区間に入るが、バラストやレールは真新しく、まっさらの新線のように見える。


Dscn1814 Dscn1817   
 JR淡路城北公園通間で、貨物線時代は単線の鉄道線に歩道が併設されていたという淀川橋梁を越え、住宅街の中をまっすぐ進んでいく。JR野江を出て京阪本線を跨ぐと、ほどなく右手から片町線(学研都市線)の複線が寄り添ってきて鴫野。ホームはおおさか東線・片町線で別々になっている。鴫野を出ると片町線の上り線(木津方面)がこちらの上を跨いで左側に渡り、片町線がおおさか東線を挟む形になって放出に到着。片町線の木津方面行きとおおさか東線の久宝寺方面行きが同じホームで乗り換えできるようになっている。ホームの先では、片町線の下り線がおおさか東線の線路を跨いでいるのが見えた。


Dscn1824 Dscn1827   
 新大阪から16分。これでおおさか東線は完乗となり、私は片町線・JR東西線直通の西明石行き普通電車に乗り換え、今度は逆におおさか東線が右手へ分かれていくのを眺めながら北新地へ向かい、梅田駅近くのビジネスホテルに荷物を預けた。これで私の大阪での用事は一応終わった。頑張って早起きをして札幌を出てきて、まだ昼にもなっていない



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチッとな。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道コム

|

« 中曽根康弘元首相のこと | トップページ | 令和最初のひとり旅【本線2】ゆいレール延伸区間 »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

いいですね!
まだ乗っていない路線、よくわかりました^.^/

投稿: キハ58 | 2019/12/19 22:06

 キハ58さん、いつもありがとうございます。
 いつもネタバレのような感じになってしまい申し訳ないと思いつつも、書かずにはいられないあたり、私も未熟だなあと感じています(笑)

投稿: いかさま | 2019/12/23 01:10

 おおさか東線、ご苦労さまでした。地元周辺の当方としては、新幹線へのアクセスが様変わりして、喜んでいます。
 ご承知の通り、もとの城東貨物線(吹田貨物駅~百済貨物駅)を複線/旅客化する話しは、80年来の懸案でしたが、大鉄局は全く乗り気でなく、赤川鉄橋の片側を“赤川仮橋(木製歩道)”に提供していたものです。鉄橋って長持ちするんですね。

 11月から12月の土休に、新大阪~奈良への特急「まほろば」が土休に1往復設定され、奈良駅に入る特急が復活しました。もちろん、おおさか東線経由ですが、途中はノンストップです。JR奈良線は脆弱ですので、新幹線から奈良へのアプローチは、こちらが主流になるかも知れません。

投稿: 南太郎 | 2019/12/23 13:51

 南太郎さん、ありがとうございます。
 お返事が遅くなって申し訳ありません。

 「まほろば」は私が訪れた当日も運転されていたのですが、残念ながら間に合いませんでした。もし間に合っていたら物珍しさで飛び乗っていたかもしれません。
 これまで新大阪から奈良へのアクセスはいまひとつよくなかったのですが、おおさか東線経由の快速もあって、特に西の方からのアクセスが改善されたように思います。まだまだ伸びしろがありそうですね。

投稿: いかさま | 2019/12/30 01:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中曽根康弘元首相のこと | トップページ | 令和最初のひとり旅【本線2】ゆいレール延伸区間 »