« 令和最初のひとり旅【本線1】おおさか東線 | トップページ | 令和最初のひとり旅【本線3】相模鉄道新横浜線 »

2019/12/23

令和最初のひとり旅【本線2】ゆいレール延伸区間

 おおさか東線の電車に乗った翌日の12月8日、日曜日。私は大阪・伊丹空港から再び飛行機に乗った。JAL2081便、行先は沖縄・那覇空港である。


 沖縄は3年9か月ぶり2度目の訪問である。前回は3月に家族全員で訪れた。美ら海水族館や真栄田岬でのシュノーケリングなど、家族サービスにいそしむ傍ら、ちゃっかり沖縄唯一の鉄道である沖縄都市モノレール、通称「ゆいレールにも乗車した。那覇空港と首里の間を結んでいたゆいレールが、てだこ浦西まで4.1km延伸されたのは今年10月1日である。
 「モノレールも鉄道に含まれるんですか?」とはよく聞かれる質問だが、「跨座式鉄道」と呼ばれるれっきとした鉄道の仲間であり、来年へ憂いを残さないためには、この延長区間をしっかり乗っておく必要がある。


Dscn1974 Dscn1981   
 前回ドライブした古宇利島を見下ろしながら、沖縄本島を縦断し、大きく右に旋回して南側から那覇空港に入る。航空イベントが開催されているらしく、たくさんの観覧客が居並ぶ戦闘機や旅客機を囲んでいる。その様子を右手に見ながら着陸したのは、ほぼ定刻の11時15分。


Img_3954 Img_3955   
 ターミナル2階から連絡通路を渡り、「日本最西端の駅」の看板が待つゆいレール那覇空港駅へ。ここで800円の1日乗車券を買う。一般的な鉄道の1日乗車券と違い、ここは購入時から24時間、すなわち明日の昼前まで使用できる。観光客には大変ありがたいシステムになっている。


Dscn1986 Dscn1987   
 めあての最前列の席にはすでに先客があったので、そのすぐ後ろに立つ。那覇空港を出発すると、2両編成の小さな車両は右手に車両基地を見ながら南東から南方向へ向かう。国道331号と別れて左へ大きくカーブすると赤嶺。ここが日本最南端の駅である。ここから交通量が多く、大規模店舗が並ぶ県道221号の上を走り、国場川を渡ると左に折れて、川を左手に見ながら走る。


Dscn1993 Dscn1994   
 河口付近で右に曲がった線路は、久茂地川に沿って北東方向へ向かう。右岸から左岸へ渡った先の県庁前で下車。高架下の道路を歩き、美栄橋駅近くのビジネスホテルに荷物を預け、再び電車に乗り込む。


Photo_20191223004301 Dscn1998   
 牧志の先で大きく左に曲がって国道330号線に合流し、北東へ進む。古島の先で今度は右に曲がって南西方面へ。このあたり、かなりまわりくどいルートをとっているが、需要の多いところを結んだ結果だろう。儀保を出ると、右手遠くに首里城が見える。3年前は遠目にも朱塗りの美しい建物群が見て取れたが、今回は灰色にくすんで形も崩れた屋根の姿が見える。あまりにも痛ましい姿である。


Dscn2001 Dscn2002   
 首里で乗客の半分以上が下車。ここから初乗り区間になる。出発するとすぐに大きく左へ曲がり、北方向へ向かっていく。3年前にはぷっつりと途切れていた高架は、真新しい色のコンクリートが、大きく上下にうねりながらまっすぐに伸びている。このあたりからやや住宅がまばらになった印象を受ける。


Dscn2007 Dscn2008   
 石嶺を過ぎ、経塚からは浦添市に入る。周辺に目立って緑が増える。大きく右へ曲がり、浦添前田を過ぎると、少しずつ地上が迫ってきて、やがてトンネルに入る。トンネルを抜けたところが、終点、てだこ浦西である。ここまで乗車したのは10名ほど。全線17kmの所要時間は37分で、平均時速は30kmにも満たないのんびり運転である。これでも渋滞につかまると車よりも早いらしい。


Dscn2015 Dscn2018   
 新たな終点となったてだこ浦西駅の外へ出てみると、見事に何もない。遠くに住宅街が見えるが、駅周辺はまだ開発途上である。駅のすぐ裏を沖縄自動車道が走っており、近い将来スマートICが設けられ、パークアンドライドの結節点となるようだが、今は工事中のロータリーに、タクシーが3台、完全に手持ち無沙汰の雰囲気で停まっている。


Dscn2017 Dscn2019  
 大半が開発途上の感のある駅周辺で、唯一駅左手の大きな駐車場だけがすっかり整備されていた。日中1時間100円、1日最大400円というお安い設定だが、土曜の昼下がりと言うのに空きが目立つ。駐車場の建物内にある「モノレール乗場」の看板に従って外に出てみると、「工事中」の看板に行く手を遮られた。てだこ浦西。「太陽の子」の意味を持つこの駅の真価が発揮されるまでには、まだしばらく時間がかかりそうである。



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチッとな。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道コム

|

« 令和最初のひとり旅【本線1】おおさか東線 | トップページ | 令和最初のひとり旅【本線3】相模鉄道新横浜線 »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

那覇市内はレンタカーやバイクで走ると分かりますけど、坂道はあるしバスレーンはあるし時間帯車線変更があるし、朝夕の県庁付近はカオス状態です。外国人も近頃レンタカーに乗ってますので運転に自信のない人はモノレール&バスで観光するのがいいかもしれませんね。

投稿: かわうそくん | 2019/12/23 21:45

わたしの故郷、沖縄へいらっしゃっていたんですねぇ!
まだまだ発展途上だけどゆいレールは3両編成を目指して改良を進めるそうです。自動車以外の交通機関が沖縄に根ずくと祈すばかりです。

投稿: 朝比奈ひなた | 2019/12/25 22:40

 かわうそくんさん、ありがとうございます。
 今回は時間帯的にあまり感じられませんでしたが、3年前に夕刻市街地を走った時は相当渋滞していた記憶があります。
 小さな島の中に那覇以外にも素敵な観光地が点在していますから、やはりレンタカーがメインになってしまうのではないでしょうか。首里城も首里駅からやや距離がありますし、バスとの結節はまだまだ課題が多いように感じました。

投稿: いかさま | 2019/12/30 01:53

 朝比奈ひなたさん、ありがとうございます。
 沖縄のご出身だったのですね。
 後日記事にしますが、今回はモノレールであちこち乗り降りしたり、朝比奈さんの記事に触発されて沖縄県営鉄道の遺跡に触れたりしてきました。
 モノレールの延伸や、普通鉄道の建設も将来的には検討されていると聞きました。この先が楽しみですね。

投稿: いかさま | 2019/12/30 01:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 令和最初のひとり旅【本線1】おおさか東線 | トップページ | 令和最初のひとり旅【本線3】相模鉄道新横浜線 »