« 昭和のミスタードラゴンズ、高木守道さん逝く | トップページ | 令和最初のひとり旅【支線2】京都鉄道博物館へ その2 »

2020/01/26

魔女の一撃

 全国的に暖冬、雪不足の話題が広がっているが、札幌の1月25日現在の積雪は34cm。平年値は60cmだから6割弱である。これでも先週前半の降雪で増えた方で、1月19日まではわずか積雪10cmであった。これは平年の2割に満たない。最低気温はそれなりに下がっているが、日照時間が長いため日中の気温が高く、3月頃を思わせるような空と道路の状況が続いている。


 これはかなり異常な状況で、多い年ならばこの時期には1度目のカーポート・物置の雪下ろしが必要になる。ところが今年は、雪下ろしどころか除雪すらさほど必要がない。例年運動不足で体がなまるこの時期、除雪をしないと体を動かす機会は半減する。肉体面の負担は軽くなるが、運動不足は時に体に深刻な影響を及ぼす。


 これが関係しているかどうかはわからないが、木曜日、「魔女の一撃」~ぎっくり腰に見舞われた。
 私とぎっくり腰の付き合いは長い。27歳の冬、自動車を運転中に、ブレーキを踏んだはずみで助手席から転がり落ちたかばんを拾おうとした瞬間、最初の一撃を食らった。以来20年、それほど頻発するわけではないが、4度ほどやられている。だが今回のそれは、これまでを遥かに超える強烈な痛みを伴うことになった。


 発生場所は日中の会社、それも役員室である。その日、たまたま報告事項があって、私は某副会長の部屋へその説明に伺った。気さくな副会長は、「おう、まあ座れ」と私にソファを勧めてくれた。いつものようにサッと座ろうとした瞬間、激烈な腰の痛みに襲われた。額から脂汗が浮かぶ。


 「今日は何の報告よ?」と笑顔で尋ねる副会長に、私は「すみません、腰をやられました。3分ほど待ってもらえますか」と弱弱しく回答するのが精いっぱいである。忙しい役員のところに時間をもらって報告に上がって3分待ってくださいとは失礼きわまりないが、机に置いた資料すら手に取れないのだから仕方がない。
 「車椅子持ってこさせるか?」→「恥ずかしいからいいです
 「救急車呼ぶか?」→「もっと恥ずかしいからいいです
 「辛かったらここで横になったらいい」→「そんな伝説を作るのはいやです
 役員室のソファで一介の社員が寝っ転がったら間違いなく伝説である。心配してくださる副会長には申し訳ないが、激痛に耐えながら礼を失したやりとりが続く。


 ようやく痛みが治まり、報告事項の説明だけは終わらせたものの、今度は立ち上がれない。立ち上がろうとするたびに、打撲痕をハイヒールで踏みつけられたような猛烈な痛みが走る。いっそこの場で伝説を作ろうかとも思ったが、実はもう1件、常務に決裁をいただきたい案件がある。立ち上がらないわけにはいかない。あれやこれやと少しずつ体勢を変えて、5分ほどかけてようやく立ち上がり、心配した秘書に付き添ってもらって常務室へ。約束の時間は過ぎており、お辞儀もできない非礼をお詫びして、「早く家に帰りなさい」の言葉とともに決裁を受けた私は、結局、たまる仕事をさばききれず、終業時間まで事務所で立ったまま仕事をした。


 翌日、痛みはさらにひどくなり、少し動き方を間違えただけで呻き声が出るほどの痛みに襲われ、立つことも座ることも命がけ、という状態になった。会議と打ち合わせの予定がいくつも入っているがそれどころではない。会社に休む旨の連絡を入れ、1日ソファに横になって過ごした。働き方改革とやらでとらねばならない最後の有給休暇を火曜日に取得したばかりで、こんなことなら火曜日に無理して休む必要などなかったのだが、想定外の結果論である。


 いくらか状況が良くなった土曜日に病院を受診し、安静と称してぐうたらな週末を送ったおかげで、今現在、椅子に座ってパソコンを打てる程度にはなっている。だがこれとて、立ち上がり方を少し間違えるとまだ激痛が走る。ハイヒールからローファーくらいにはなったのではないかと思うが、失敗するたびに2~3秒歯を食いしばって呻く羽目になる。当分、慎重に動かざるを得ない。じっとしていられない性分の私にとってはなかなかつらい日々になる。



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチッとな。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道コム

|

« 昭和のミスタードラゴンズ、高木守道さん逝く | トップページ | 令和最初のひとり旅【支線2】京都鉄道博物館へ その2 »

日常の旅人」カテゴリの記事

コメント

いかさまおはようございます。
😣あちゃー!それは大変!無理をせずしっかり治してくださいね。
働き方改革!自分が一番大事ですよ。

投稿: mitakeya | 2020/01/27 06:46

それは大変ですね。
私はこんな時期に庭に出て、枯葉を採ろうと・・・
中腰になった途端、
ギク!!!
余り痛くもなかったのですが横になった途端、
立ち上がれも寝返りも出来ず、トイレに行くにも起き上がれずはいはい状態でトイレに。
幸いお世話になっている中国式整形外科に毎日通い
1週間で正常になりました。

横浜に居たら名医を紹介できますものを!!!
お大事に!!!。

投稿: マーチャン | 2020/01/27 10:07

 自分も9年前の夏休みに、体育の研修で足を伸ばして座っているときに後ろから押されて一撃をくらいました。
 不思議と車の運転はできて、整形外科まで行きましたが、シップを貼るくらいしか対処できず、トイレに行くのも大変でした。
 結局民間の整体に1週間通って何とか戻りましたが、それ以来毎月整体に通う日々です。
 動けるなら動いて筋力をつけた方がいいようですね。

投稿: かわうそくん | 2020/01/27 18:58

くれぐれもお大事になさってください。
こういうの場所は関係ないですよね・・・状況お察しします><

投稿: キハ58 | 2020/01/27 22:36

 mitakeyaさん、ありがとうございます。
 働き方改革と言いながら、しわ寄せは確実に管理職のところに来ているのはひしひしと感じるわけですが、体を壊してまで働かなきゃならないいわれはないですものね。養生します。

投稿: いかさま | 2020/02/02 13:34

 マーチャンさん、ありがとうございます。
 1週間たってほぼ普通に生活できるようにはなったのですが、まだ立ったり座ったり、あるいは長時間の着席は腰に痛みが来ます。なぜこんなタイミングで?と思う時に発生するのがギックリ腰ですよね。
 これが2か月前でしたら、迷わず横浜でマーチャンさんに助けを求めたのですが(笑)

投稿: いかさま | 2020/02/02 13:35

 かわうそくんさん、ありがとうございます。
 整形外科は基本診断と、炎症と痛みを抑える投薬で終わりですよね。合う合わないはあるようですが、整体などに行った方が症状の緩和は早そうです。
 まあ、おっしゃるとおり、まずは運動をして筋力をつけろ、と何処へ行っても言われるのですが(笑)

投稿: いかさま | 2020/02/02 13:37

 キハ58さん、ありがとうございます。
 出物腫物と同じで場所は関係ないとは言いながら、話題の駆け巡るのは早いもので、車いすも救急車も呼ばず、役員室で横にもならなかったのですが、早くも社内で有名になっています。

投稿: いかさま | 2020/02/02 13:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昭和のミスタードラゴンズ、高木守道さん逝く | トップページ | 令和最初のひとり旅【支線2】京都鉄道博物館へ その2 »