« 令和最初のひとり旅【支線4】ゆいレール各駅停車 その1 | トップページ | 新型コロナウィルス対応に思うこと~ずれている(3) »

2020/02/25

令和最初のひとり旅【支線5】ゆいレール各駅停車 その2

 これまでの経過はこちら。

 【本線1】 【本線2】 【本線3】 【本線4】 【支線1】 【支線2】 【支線3】 【支線4】


Dscn2055 Dscn2067   
 首里城公園から再び8系統のバスに乗り、興南高校前で下車。通りを進むと、モノレールの高架が上空を行く国道330号線に出た。右に200mほど進むと古島駅である。国道330号の上にぽっかりと浮かぶ島のような古島からてだこ浦西行きのモノレールに乗り、市立病院前で下車。その名のとおり高架の駅と那覇市立病院が直結している。


Dscn2071 Dscn2070   
 那覇空港行きに乗って古島を通り過ぎ、おもろまちへ。那覇新都心に立地するおもろまち駅周辺は、これまでの駅とはうってかわって大きなビルやマンションが目立ち、賑やか。ペデストリアンデッキで大型免税店のTギャラリアと直結している。試しに中を覗いてみると、化粧品の匂いに包まれたゆったりしたフロアに、聴き馴染みのあるブランドの店がずらりと並んでいる。もとよりそのためのお金を用意してきているわけではないので単なる冷やかしだが、ちょうどよいサイズ・雰囲気のバッグを見つけてつい心が動いたりする。


Dscn2072 Dscn2076   
 Tギャラリアを出て、モノレールの高架下を国道沿いに歩き、安里駅へ。おもろまちからたった1駅だが、小ぶりな雑居ビルが目立つようになる。駅の形自体は何処も似たり寄ったりで変化にかけるが、駅周辺の雰囲気はひと駅ごとに独特のものがあって面白い。ここから中間の駅を一気に飛ばして、那覇空港のひとつ手前、赤嶺で下車する。


Dscn2075 Dscn2079   
 赤嶺は前回も利用しているが、レンタカーを返した帰りの乗車で、周辺は真っ暗だった。今回、あらためて明るい場所でしっかり確認したいと思ったのは、ここが日本国内で最南端に位置する駅だからである。
 駅前には小ぶりながらロータリーが整備されており、その片隅に、日本最南端の駅を示す石碑が立っていた。ここから日本最北端の駅、稚内までは、直線距離でも約2,500kmある。遠い。ちなみに日本最西端の駅は赤嶺の隣、那覇空港駅である。


Dscn2082 Dscn2086   
 赤嶺からモノレールの高架が伸びる県道221号線に沿って歩く。交通量は多く、スーパーや外食チェーンの店が目立つ賑やかな通りである。1km弱歩いて、駅の横に大きなイオンがそびえる小禄駅からモノレールでひと駅、奥武山公園駅で下車する。駅の北側に公園が広がっており、「セルラースタジアム」と大書きされた立派な野球場も見える。ゆいレールは奥武山公園の先、国場川を渡ったところで北に方向を変える。奥武山公園はモノレールと国場川を2辺とする一帯に広がっており、公園の中を抜けて歩けば次の壷川駅まで行けそうである。


Dscn2090 Dscn2089  
 奥武山公園は野球場、テニスコート、陸上競技場、弓道場などを有する総合運動公園だが、園内には護国神社も祀られている。広い芝生の広場もあって、家族連れやグループの若者が思い思いの時を過ごしていた。小さな子供向けの遊具がある広場もあり、那覇市民のオアシスのようである。こうした公園の存在もさることながら、札幌では雪がうっすらと街を覆う12月初旬、この陽気の下で公園でのんびりできる沖縄を羨ましく思う。稚内までの距離の話と言い、日本は長い


続く。


ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチッとな。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道コム

|

« 令和最初のひとり旅【支線4】ゆいレール各駅停車 その1 | トップページ | 新型コロナウィルス対応に思うこと~ずれている(3) »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 令和最初のひとり旅【支線4】ゆいレール各駅停車 その1 | トップページ | 新型コロナウィルス対応に思うこと~ずれている(3) »