« 新型コロナウィルス対応に思うこと~ずれている(3) | トップページ | 令和最初のひとり旅【支線6】那覇駅の転車台と牧志公設市場 »

2020/03/16

近況報告~北海道・3度目の外出自粛の週末

 北海道知事が新型コロナウィルスに係る緊急事態宣言を出してから3度目の週末である。この2週間で道内の感染者数はほぼ倍になり、3月15日現在で148名となった。
 元来どちらかというと鉄道に乗っているとき以外は引きこもりに近い私の場合、外出するな、と言われてもさほどのストレスではなかったのだが、会社ではマスク常時着用、感染リスク防止のために席替えもして離れ小島のような席に座って日々仕事、飲み会も自粛となると、じわじわと締め付けられるようにフラストレーションが溜まってくる。飲み会など、基本酒の飲めない体質の私にはどうでもいいことのように思えるが、酒は飲めなくともガス抜きは時に必要である。


 そんな中、先週の月曜日、遅くに自宅へ帰り風呂に入った時、追い焚きをしようと思ったら冷たい水しか出てこない。電気温水器を確認すると、漏電スイッチが落ちており、入れようとしても入らない。ネットで色々調べたところ、どうやらヒーターが漏電しているらしく、修理業者を呼ぶしかないという結論になった。この電気温水器は今年の正月にも混合弁の故障で湯が出なくなっており、2度目の緊急事態である。築11年を経過して我が家もいろいろな所にトラブルが発生するようになっている。


 翌朝サービスセンターに電話を入れると、修理業者が来るのは午後になるとのこと。嫁は仕事に出掛けており、私は会社に電話を入れて1日休暇をもらった。1日丸々休めるほど暇でもないのだが仕方がない。降ってわいた休みの日、修理業者が来るまでの間に税務署へ出掛けて確定申告の手続をしたり、家計の整理をしたりと、このところの多忙でできなかったことをまとめて処理した。午後には業者がやって来て修理。幸いヒーターの交換だけで済んだが、交換費に2万円。正月の混合弁と合わせて6万円の出費は痛いが、これでしばらくは無事に動いてくれそうでほっとする。


 会社に電話した際、「ボイラーの故障で」とはっきり伝えたつもりだったのだが、職場メンバーの一部にはそれが伝わっておらず、いかさま発熱説がささやかれていたりしたらしい。このくそ忙しい状況で半月も休むわけにはいかない。仕事の共有がうまくいっていないこと自体はマネージャーたる私の責任でもある。これについては多少言いたいこともあるのだが、たぶんそれを始めると旅行記を超える長期連載になりかねないのでやめておく。ともかく、止められない仕事が重なっていることもあり、健康と感染防止にはかつてないほど気を遣っている日常である。


 目に見えて観光客、特に外国人の姿が激減した札幌市内。日頃は昼夜問わず行列ができる人気のラーメン屋やスープカレー屋も、待ち時間なしで入れるほど空いている。大通地区の百貨店は、店員のコロナウィルス感染が発覚したとかで15日の日曜日は消毒作業のため臨時休業となった。感染者数は札幌市を中心に着実に増加しているが、検査が着実に行われている証でもあるのだろう。検査人数に対して陽性確認は約1割。148人の感染者のうちおよそ3割はすでに陰性が確認されている。恐れられているような「爆発的な感染」という状況ではないように感じる。


 こうした中で小中学校・高校の休校は続いており、今週には分散登校も開始されるが、引き続き子供たちは自宅にいる時間が長くなる。こちらもそれなりのフラストレーションを抱えて現在に至っている。塾が開校していて行き場のある上の坊主はまだよいが、塾もスイミングスクールも休校の下の坊主は相当のものと推察する。一応、塾で出された宿題を毎日定量ずつ解かせて、帰宅後に確認するようにしてはいるが、それ以外の時間はテレビ・ゲーム・スマホのローテーションである。


 しかも、通っているプールは先日まで自主練習OKで、下の坊主も時間帯を見計らって泳ぎに出かけていたようだが、「学校が休みなのにこの状況下でプールに通ってくるとは何事か」と一部の大人からクレームがあったらしく、先週半ばから高校生以下は入館禁止となった。大人がOKで子供はNGとはあまりに気の毒で、それならばいっそ全館休館にしてほしいと思う。昨今問題視されている「自称元気」の高齢者に対してはノーガードの状態で、どうにも解せない。


 3月14日、JRの全国ダイヤ改正がおこなわれ、JR北海道でも快速「エアポート」の増発を軸とする新ダイヤがスタートした。しかし、増発の主たる理由となった外国人観光客は見事に姿を消し、出張自粛も重なって、早くも来週からは特急列車の間引き運転と減車が始まる。コロナウィルスの影響により、主要区間の特急列車利用実績は3月に入って前年比3割と惨憺たる様相になっており、これでは致し方ない。減収は1月から3月までで47億円に達するとみられている。ただでさえ土台が揺らいでいるJR北海道が気がかりではあるが、そのことばかりを心配しているわけにはいかない。まずは自分自身と家族の心配の方が先である。



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチッとな。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道コム

|

« 新型コロナウィルス対応に思うこと~ずれている(3) | トップページ | 令和最初のひとり旅【支線6】那覇駅の転車台と牧志公設市場 »

日常の旅人」カテゴリの記事

コメント

元々観光客のいない三河地方は普段とあまり変わらない日常で、ラーメン屋もいつも通りの入りでした。子供たちは外で遊んでいるし、電車もやや空いている程度ですね。まあ車社会ですし。サラリーマンという人は少なく工場勤務が多い地方ですので何でそんなに大騒ぎしているのかという感じでしょうかね。

投稿: かわうそくん | 2020/03/16 22:03

お疲れ様です。
都内勤務なのですが、出勤時往復マスク着用、仕事中はマスク基本無しなのでそこは窮屈でないのですが・・・歓送迎会の時期なのに呑み会無し、出張自粛は窮屈ですね。
時差出勤者多いようで、朝7時前半の山手線も今までより混んでいる感じです。ランチタイムも時差が進んでいるせいかゆっくりできるのはいいのですが、中食多くなっているためテイクアウトできないラーメン屋さんなどはご苦労されているようです。19日予定の公式見解が今後をはかる一つの節目と思います。こちらから少々雰囲気を記しました。

投稿: キハ58 | 2020/03/17 21:27

いかさまこんばんは。コロナのひずみ、いたるところに影響を与えてますね。
今日子ども会の会長さんがきて、子どもがストレスで、遊んでやるために仕事を半日休みました。
今ほとんどの家庭が共稼ぎで、行き場のない子供のストレスはいかばかりか、計り切れないと思います。
罹患するのは恐し、かといって家にこもっているばかりが良いことではないし、悩ましいですね。
それにスイミングでの大人と子供の差別、ひどいですね。大人を制限して子供に開放すべき対応が必要だと思いますよ。
この時期、一番大事なのは子供対応です。
皆で守りながらこの危機状態を克服するのが大事ですよね。
いかさま頑張って!

投稿: mitakeya | 2020/03/18 21:15

かわうそくんさん、ありがとうございます。
 三河といえば蒲郡で騒ぎになった感染者の方は亡くなられたそうですね。ひょっとすると私たちが気付かぬままにスルーしているコロナウィルスも、やはり人によっては致命的なリスクになりうるということです。北海道に迫る勢いの愛知県の感染者数ですが、かわうそくんさんも気を付けてお過ごしくださいね。

投稿: いかさま | 2020/03/22 00:19

 キハ58さん、ありがとうございます。
 北海道はこの週末に緊急事態宣言が解除になりました。結局、今週末も私は引きこもり生活になりそうなのですが、街中はいくらか人通りが戻ったようです。特に個人経営の飲食店は厳しい状況がいましばらく続きそうですが、これまでの様子から、小さなお店で混雑に遭遇するのはやはり少し怖い気もします。早く安心できる日が来てほしいものですね。

投稿: いかさま | 2020/03/22 00:22

 mitakeyaさん、ありがとうございます。
 子供たちの学校は今週から分散登校が始まりました。とはいっても昼少し前に登校してホームルーム、健康状態の確認などをして給食を食べて昼過ぎには下校、といった感じです。
 幸いこのところ気候が良いので、少し外遊びをするようにすすめてはいるのですが、中学生にもなるとなかなか家の外には出ませんね。なんとかしてやりたいのはやまやまなのですが、私自身も忙しくてそれどころではないのが実情です。
 早く落ち着いてほしいものです。

投稿: いかさま | 2020/03/22 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新型コロナウィルス対応に思うこと~ずれている(3) | トップページ | 令和最初のひとり旅【支線6】那覇駅の転車台と牧志公設市場 »