« 令和最初のひとり旅【脱線1】沖縄本島の北端へ | トップページ | 令和最初のひとり旅【終点】例によって総括。 »

2020/04/29

令和最初のひとり旅【脱線2】遥かニライカナイ

 これまでの経過はこちら。

 【本線1】【本線2】【本線3】【本線4】
【支線1】【支線2】【支線3】【支線4】【支線5】【支線6】【支線7】【支線8】
【脱線1】

Dscn2141 Dscn2142   
 辺戸岬を後に私は、本島北部の東側を回る沖縄県道70号線を南へ向かった。険しい山中を走る県道70号線は非常にくねくねしており、こういう道路ではマニュアル車が威力を発揮する。シフトダウンとアップを繰り返しながら、軽快に右へ左へと車を振るのは楽しい。時折現れる「飛び出し注意」の看板は、北海道ならば鹿が定番だが、この辺りではヤンバルクイナになる。
 途中、奥という集落で簡易郵便局をみつけて立ち寄る。この奥簡易郵便局が本物の沖縄本島最北の郵便局である。


 さらに車を南に走らせ、宜野座インターから再び沖縄自動車道に乗り、南風原北インターで降りて県道86号線を左折、東へ向かう。距離にして約20km、いくつかの集落を抜けながら徐々に丘の上へと上がっていく。右手にちらちらと海が見え始め、ほどなく道路の両側に陸上自衛隊の知念分屯地が広がり、左右の敷地をつなぐ道路をトンネルでくぐる
と、県道86号線は大きなヘアピンカーブを描きながら、海へ向かって駆け下りていく。このカーブに架かる橋がニライカナイ橋である。


Img_3965 Dscn2146   
 ニライカナイ橋は厳密にはヘアピンカーブを挟んで上部のニライ橋と下部のカナイ橋に分かれている。この橋を眺めるにはトンネル上の道路からが一番なのだが、県道から分かれる側道に車を乗り入れることはできず、その手前に車を停めて200mほど側道を歩く。看板もなく、柵がめぐらされただけの展望台に立つと、緑濃い木々の中を越えるニライ橋と、ヘアピンカーブの先からふもとへ向かって流れるように下るカナイ橋の全貌、その先に広がる海と岬、自然と人工物の織り成す美を一望できる。「ニライカナイ」とは海の向こうにある理想郷を指す言葉とのことだが、最北の大地からやって来た私にとってはまさに海の向こうの理想郷を思わせる風景が広がる。


Dscn2149 Dscn2151  
 再び車を走らせて、ニライカナイ橋をゆっくりと下り、国道331号線を左折、1kmほど走って右に入り、知念岬公園の駐車場に車を停める。駐車場に隣接して立派な体育館が建っており、岬の公園とは思えないのだが、駐車場から階段を降りて橋を渡ると丸い小さな展望広場に達する。島に渡ったような感覚になるが、実際には地続きで、木々に囲まれた小山のてっぺんだけが禿げたような印象である。そのたたずまいと、小さな四阿とオブジェ程度しかない控えめな感じがまたよい。


Dscn2153 Dscn2150   
 知念岬展望台からの眺めは、ほぼ300度海に向かって開けている。海に向かって左手は津堅島、正面に久高島を望み、右手は湾になっていて知念漁港まで狭い砂浜が続く。その内側にはビニールハウスがたくさん並ぶ農地が広がっている。のちに調べると南城市の農業生産額は沖縄本島ではトップ、なかでも知念地区はニガウリ・インゲンの主産地だという。
 その畑の向こうに、先ほど通って来たニライカナイ橋が見えた。おおらかなカーブを描いているはずの橋は、下から見ると直線的に折り返しているように見えて面白い。


Okinawadrive  近くにある知念郵便局で記念の貯金をして、私は知念岬を後にした。
 この後のドライブは、以前に書いた沖縄県営鉄道与那原駅跡地への立ち寄りを経て那覇空港近くのレンタカー営業所まで戻ることになる。およそ8時間足らずのドライブでの移動距離は約330kmに達した。
 レンタカー営業所近くのガソリンスタンドで満タン給油すると15Lほど。燃費20km/L超えは、スポーツタイプと言ってもさすがは軽自動車だと感心する。6速マニュアル車であることをすっかり失念してMAX5速までしか使っていなかったとしても、である。



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチッとな。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道コム

|

« 令和最初のひとり旅【脱線1】沖縄本島の北端へ | トップページ | 令和最初のひとり旅【終点】例によって総括。 »

日本の旅人」カテゴリの記事

コメント

ヤンバルクイナといえば、辺戸岬のあたりにヤンバルクイナ展望台があって、異様な雰囲気を醸し出してますので、次回があればまた立ち寄ってみてください。
ニライカナイ橋は最高ですね。ブラタモリでも紹介された斎場御嶽とか久高島もお勧めですよ。

投稿: かわうそくん | 2020/04/29 22:04

こんばんは!
良い時に行かれましたねぇ・・・。
私は今年、石垣島へ行けるかどうか・・・。
はぁ~ため息しか出ませんよ。

投稿: FUJIKAZE | 2020/04/30 22:03

 かわうそくんさん、ありがとうございます。
 今回は駆け足のドライブになってしまいましたが、北は安須森御嶽やヤンバルクイナ展望台、南にも斎場御嶽など、沖縄らしいスポットがたくさんありそうですね。今度はもう少しゆっくりと走れたらいいなあと思います。離島にも足を延ばしてみたいですね。

投稿: いかさま | 2020/05/04 22:47

 FUJIKAZEさん、ありがとうございます。
 前回が3月、今回が12月と、北海道からすれば明らかなオフシーズンに沖縄を訪れていますが、どちらも目的を考えると非常にいい時期だったんだなあ、と思います。
 行動派で海を愛するFUJIKAZEさんにはしんどい状況が続いているものとお察ししますが、こればかりはいかんともしがたいですね。自分たちでできる節度ある生活を保ちながら、収束を待つしかないのだろうと思います。

投稿: いかさま | 2020/05/04 22:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 令和最初のひとり旅【脱線1】沖縄本島の北端へ | トップページ | 令和最初のひとり旅【終点】例によって総括。 »