« 1990年春・九州一周の旅【2】ブルートレインで九州へ(2) | トップページ | 1990年春・九州一周の旅【4】北九州くるっと乗りつぶし »

2020/05/24

1990年春 九州一周の旅【3】急行「えびの」で大畑ループ越え

 前回の続き


 熊本からは10時57分発の急行「えびの3号」に乗車。博多と宮崎を結んだ急行で、1993年に熊本―宮崎間に短縮され、2000年に廃止となった。国鉄型キハ58・65形3両編成は塗装も変えられ、車内はリクライニングシートに取り替えられて快適である。八代から肥薩線に入り、球磨川に沿ってゆっくりと走る。座席がほぼ埋まる状態だった列車は人吉でぐっと空き、座席を回転させて4人分をひとり占めできるようになる。大きく右へカーブして山中へ分け入り、やがてトンネルを抜けて大畑(おこば)に到着する。


Photo_20200523005201  この付近は高低差が大きいため、肥薩線はぐるりと一周しながら登っていくループ線になっているが、その途中にある大畑駅は地形の関係で行き止まり式のスイッチバック駅になっている。列車は大畑駅から逆方向へいったん戻った後、再度方向を変えてさらに山を越えていく。ぐいぐいと左に曲がる感覚がある。途中で先ほど走って来た線路と交差するのだが、トンネルの上を越えているためはっきりしない。矢岳を過ぎて次の真幸(まさき)もスイッチバック式。山岳路線の醍醐味を存分に楽しめる路線である。


 吉松から吉都線に入り、えびの高原ののどかな風景の中を淡々と走っていく。14時26分着の都城で下車し、近くの都城営業所から1時間ほどの待ち時間で日南線の志布志駅へ向かう鹿児島交通のバスに乗り継いだ。西都城と志布志の間には国鉄志布志線が走っていたが、1987年に廃止となり、このバスはその代替輸送機関である。途中の大岩田というバス停付近で廃線跡をくぐり、以降は近づいたり離れたりしながら志布志線跡と並走する。レールは撤去されているが草生した線路跡に、時折枕木の埋まっていた跡が見え隠れする。ちなみに今現在、この路線のバスは4往復まで減少しており、都城発は13時50分が最終になっている。


 1時間20分ほどで到着した志布志駅は、新しい小ぶりな駅舎の周辺に広がる空き地が、日南線・志布志線に加え、鹿屋方面へ向かう大隅線との一大ジャンクションだったことを窺わせる。ここから17時08分発の日南線宮崎行きの普通列車に乗る。2両編成のディーゼルカーに乗客は10人ほど。発車してすぐに線路の近くまで寄って来た海岸線がすぐに離れ、ひとつトンネルを抜けるとまた近寄ってくる繰り返しで、単調だが見飽きない景色が続く。串間の手前あたりから内陸に入ると車窓が退屈になり、つい居眠りが出る。


Kyuushuu1  気が付くと列車は青島付近を走っており、乗客もいくらか増えている。志布志から約2時間半、19時41分に宮崎着。今日はここから夜行急行「日南」に乗って博多方面へ向かう予定である。2日連続の夜行泊まり、しかも今夜は座席車である。まずは何をおいても風呂に入りたい。駅員に銭湯の所在を聞き、まだ建て替え前の古い駅舎を出て駅裏へ回り、徒歩15分ほどの銭湯でじっくり汗を流す。それから駅前へ戻り、開いていた食堂で夕食をとると、時刻は21時半。「日南」の発車までまだ1時間半ある。


 春休みのさなかで「日南」の自由席は混んでいるかもしれないと考えた私は、22時11分発の普通列車でいったん鹿児島方面に向かった。時刻表を眺めると、この列車と「日南」がすれ違うのは田野駅と推測された。そこで私は、田野のひとつ宮崎寄り、日向沓掛駅で下車して、「日南」を待ち受けることにした。


 駅のホームに降り立ったのは私だけ。列車が走り去ると、殺風景なホームにぼんやりと薄暗い電灯が数本ともるだけとなった。右手も森、左手も森で、闇の向こうには明かりも見えない。どこか遠くから車の排気音と水の流れる音だけが聞こえてくる。とんでもないところに降りてしまった、と悔やんでみても、「日南」が到着するまで10分、ベンチもないホームでひたすら耐える以外に道はなかった。


 続く。



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチッとな。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 鉄道コム

|

« 1990年春・九州一周の旅【2】ブルートレインで九州へ(2) | トップページ | 1990年春・九州一周の旅【4】北九州くるっと乗りつぶし »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

以前18きっぷで吉松8:46発の人吉行き普通列車に乗りましたが、途中で徐行運転し観光案内してくれました。スイッチバックはいくつになってもワクワクするものですね。

投稿: かわうそくん | 2020/05/25 08:38

肥薩線、大好きな路線です!
日本山岳鉄道の最高峰と思います。
ホテル日南ですか。周遊券、使いでありましたね^^

投稿: キハ58 | 2020/05/25 22:05

失礼しました、九州は周遊券記載なかったですね^.^;;

投稿: キハ58 | 2020/05/25 22:08

 かわうそくんさん、ありがとうございます。
 吉松~人吉間もすっかり列車の本数が減り、普段使いの急行列車もなくなって久しいですが、列車は減っても自然の中の車窓は不変ですね。実はこの5年ほどのちに、この区間をもう一度じっくりと眺める機会に恵まれました。そこからでもすでに25年が過ぎています。

投稿: いかさま | 2020/05/29 00:10

 キハ58さん、ありがとうございます。
 書き忘れていましたが、ばっちり九州ワイド周遊券を利用しています。さもなければ「ホテル日南」「ホテルかいもん」の連続技は経済的にも厳しいですよね(笑)

投稿: いかさま | 2020/05/29 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1990年春・九州一周の旅【2】ブルートレインで九州へ(2) | トップページ | 1990年春・九州一周の旅【4】北九州くるっと乗りつぶし »